前回はアンプからの音の出口のスピーカーケーブルの記事だったのですが、今回は音の入口のシールドケーブルについてです。

 バンドメンバーでPA屋さんのアキラさんに薦められて、昨年から使い始めたSommer CableのXXLというシールドケーブルです。音の立ち上がりとヌケがとても良くて、指で弦を弾いたタッチのままがアンプから出力される感がして、気に入って使っています。アキラさんの周辺では、ギタリスト、ベーシストに係わらずこのケーブルの使用者が多いです。

IMG_6594.jpg そのSommer XXLを3~5mの3本分の長さでアキラさんから切り売りで譲っていただき、プラグはAmphenolをチョイスして自分で取り付けていました。その際アンプで出音のチェックをすると、出音が下がり音色もこもっているという状態になったケーブルがありました。


 アキラさんに聞くと、アキラさんが作製したケーブルでも何本かで同様の不具合があったようで、メーカーに問い合わせしたとの事でした。しばらくしてからのメーカーの返事は「芯線保護の樹脂パイプが白と黒の2層になっている内で白は絶縁体だけど、その周りの黒は絶縁体ではなくて少しの導通がある伝導体です」というものでした。

IMG_5470.jpg なるほど、私は白黒2層の樹脂パイプは一体で絶縁体だと思っていたので、芯線を剥き出す際に白黒パイプを一緒にカットしていたのですが、カットや半田付けの具合により黒被覆がホット側に触れて、ホット信号がアースに落ちていたと言う事なのですね。


IMG_5473.jpg 実際に絶縁具合をテスターでチェックすると、芯線保護の黒被覆と網シールド線との間に幾らかの導通がありました。やはりここが不具合の原因でした。


IMG_5475.jpg 不具合の解消策として、黒被覆を多めに剥いてホット側と離しました。


IMG_5480.jpg 手持ちの他のSommer XXLにも同様の処置を施したので、これで安心して使えます。今回の一件で、初めての部材を使う際はその使い方をしっかりとリサーチする必要性を感じました。
スポンサーサイト
コメント
たぬきさん

コメントの最後のカナレのケーブルは私もかなり以前から使っていますが、癖の無いベーシックなイメージで好感が持てます。
カナレ、カスタム オーディオ ジャパン(CAJ)、モンスターケーブル(bass)、プロビデンス、、、、
最近はEX-PROのFAやFLに落ち着いているたぬきです。

モンスターケーブル(旧)はジャックとの相性が顕著に有って音が出ない事象が頻発して(購入や)使用を止めました。

CAJもスイッチクラフト製プラグは問題なかったのですがCAJオリジナルプラグに変わってからはアンプのジャックに何故か嵌まらない(硬くて入らない)事象が有ったりして最近はCAJオリジナルプラグモノは使用自粛しています。
プロビデンスもジャックとの相性問題が有って、、、

サウンドがクリアで太くふくよかなEX-PROはFAをメインとしていますが極太な線材が硬くて取り回し性は最低。
極太ケーブルだから丈夫かというと断線しやすいと言った欠点が?
断線したケーブルをばらして?みると芯線やらシールディング線等は意外や繊細で、、、これは断線しやすい訳だわ。と納得です。

その点、シールドケーブル界の原器のカナレは丈夫で音質的に中庸で不満もありますが良く出来ているのをあらためて認識する昨今です。
マチャさん

線のメッキにこだわるとは、さすがマチャさんです(笑)。

昨晩チェックしたシールドの寸評です。

中低域の太いBelden8412と比較すると、

XXL → スッキリとした音質となり、指による細かなニュアンスが表現できる。低域は痩せるので、音量が下がった感じがする。

COLONEL INCREDIBLE → XXLのスッキリさに低域が少し加わってベースラインらしくなる。アコギにも良さそう。

CLASSIQUE → XXLよりさらにスッキリとした感じ。ギター向きかも。

以上、ご参考にしてください。
私もCOLONEL INCREDIBLEを導入するかも?です。
調べるとXXLは錫メッキ、COLONEL INCREDIBLEは銀メッキなんですね。BELDENが錫メッキが多いので銀メッキのCOLONEL INCREDIBLEが気になる~♪
すわべさん

やはりすわべさんもシールドにこだわっておられますね。
カールコードというのもすわべさんらしいです(笑)。


プラグについてですが、私が今使っているSommer XXLにはアンフェノールを使っています。
これは軽量でルックスも良いのですが、ジャックとの噛み合わせが甘いのと、捩じって止めるカバーも噛みが甘くて緩んでしまうのが難点です。
その点では、スイッチクラフトが噛み合わせが強くて良いと思うのですが、噛みが強すぎてL型プラグはすぐにチップとリングがぐらついてしまうのが難点です。
なかなかベストなプラグは見つからない状況ですね(汗)。
この半導電体の層、安価なケーブルだと省略されている事が多いので、個人的には「高級なケーブルの証拠」だと思っています(笑)
これが有ると無いとでは、ケーブルを引きずった時のノイズの有無に出ると思います。
これが無いと、引きずった時にガサガサとノイズが乗るんですよね。

私が今良く使うのはカールコードでして(笑)VitalAudioやLAVA、BulletやYAMAHA(!!)など、気分によって使い分けています。
ストレートは定番のBelden9778にスイッチクラフトのプラグやGeorge L's。

他にはカナレのケーブルにアンフェノールのプラグと言う組み合わせなど色々試していますが「これ!」と言う決定版は無い気がします・・・
一時期はMONSTERが決定版だと思っていたのですが、何かひょんなキッカケで低域の迫力が作り物っぽく感じるようになってしまって(汗)
何よりもケーブルが太いので重くてかさばるのがイヤになってGeorge L'sに乗り換えたと言うポリシーの無さ(笑)
ですがそのGeorge L'sが今の基準になっているので、この選択はあながち間違いじゃなかったと自負しています。
マチャさん

たまたまですが、今日バンドメンバーのアキラさんから別のSommer Cableを借りたので、スタジオで試してきました。

『COLONEL INCREDIBLE』と『CLASSIQUE』の2種類なのですが、『COLONEL INCREDIBLE』がちょっと気になりました。
低域と高域の抜けてくる感じが『XXL』よりも好みでしたので・・・。
ご参考にしてください。

『日の出プラグ』は未チェックですね。こちらも調べてみます。
ちょこちょこといろんなケーブルは試してますが・・・(-_-;)Sommer XXLは知らなかったというか注目しませんでした。F-nieさんが使っているんじゃ試さない訳にはいきません(笑)
最近、お気に入りの日の出プラグで作ってみようかな♪
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム