IMG_6093.jpg 出来上がったフロントグリルをアンプに取り付ける前に、冷却ファンのAC100Vの電源を引っ張る作業がありました。その電源はアンプの電源スイッチの直後から取り、シャーシ下側にケーブルを取り出しています。


 冷却ファンは参考にしたSVT-ClassicのものがAC100V仕様で、それと同仕様のものを入手しているので、電源の確保は容易でした。そして冷却ファンと電源とは端子による接続なので、フロントグリルはアンプから分離する事ができます。

IMG_6097.jpg V4BHにフロントグリルを取り付けしました。納まり具合は良好です。


 SVT-212AVの上に乗せた状況のビフォーアフターです。どうですか、このルックスの良さは!ヴィンテージ感がグッと増しています。アンプのコントロールパネルが銀でなくて黒塗装なのが気になるといえばそうなのですが、そこを差し引いてもマッチングは良いと思います。

IMG_6054.jpg              IMG_6099.jpg


IMG_6429.jpg ファンによる冷却状況ですが、前面から吸い込まれた空気は真空管の熱を良好に奪って背面の開口部から放出されています。これで長時間のライブも真空管の熱ダレや熱暴走とは無縁になりそうです。


 冷却ファンの動作音(モーター音・風切り音)についてです。ファンは静音タイプを選択していて、グリルクロスを張る前のチェックでは気にならなかったものの、クロスを張った後は、アンプが無音の状態では、ファンからではなく、空気がクロスのメッシュを通り抜ける際のシューといった風切り音が気になりました。元の黒のクロスよりも新規のシルバーブルーの方がメッシュの織り糸が太くて空気の通り抜け具合が悪そうです。

IMG_6430a.jpg この対応としてファンを小さな風量のものに交換する事も考えたのですが、そうすると冷却能力を落とす事になり、何の為のファン取り付け?となってしまうので、リアパネルに冷却ファンのオン・オフスイッチを取り付けました。パネルの上端に取り付けたので、アンプの天板から手を回してブラインドタッチでのスイッチングが可能です。


 自宅での小音量での使用時にはファンをオフに、大音量で真空管が熱くなるスタジオやライブではオンにして熱対策をコントロールしながら使っていく事にします。この「アナログ機器を手動でコントロールしている」っていう感覚が私の好みです(笑)。
スポンサーサイト
コメント
すわべさん

裏側に取り付けしたので、目立つ赤の必要はなかったのですが、納まるサイズと値段の安さで選択しています(笑)。

冷却ファンの動作音はプレイ中はともかく、無音状態ではやはり気になりますね。
温度センサーに加えて、音量センサーでのオン・オフコントロールも必要では?(笑)
これは玄人の手並みですね!赤いロッカースイッチがカッコイイ!(笑)

冷却ファンと言えば、以前SWRのSM400Sを使用していたのですが、代理店へ点検に出した際に冷却ファンが常時動作にされて戻って来ました(後継のSM500がそうなっているそうで)
このファンの動作音は大きかったですねぇ(汗)
実際にはラックケースの中に入れていたので多少は聴こえにくくなっていましたが、かなり耳に付く音でした。

今使っているFender BASSMAN 100Tだと、アンプ内部の空気が循環するような位置にファンが付いているようです。
アンプ外の空気とは自然に入れ替わるようになっているみたいです。
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム