FC2ブログ
 プリ部、パワー部の7本全ての真空管を交換したAmpeg V4BHですが、最後にやるべき事がありました。それはパワー管を交換した後の“バイアス調整”です。 “バイアス調整”とは真空管に流れる電流の量を調整するのですが、何によって調整するのかというと真空管に加わるバイアス電圧の大きさを変える事によってです。

IMG_6036.jpg Ampeg V4BH メンテナンス⑤の記事のコメントに、すわべさんから「あれ?V4BHってバイアス調整どうなってたっけ?」との質問があった際には、アンプの外部には所有するSVT-VRと同様のバイアス調整ツマミが無いので「アンプにバイアス調整機能は無くて“固定バイアス方式(電圧固定型)”と思われます。」と返答したのですが、アンプの電源部の回路図を精査すると赤囲いの箇所が目に留まりました。


IMG_6037.jpg 拡大すると、ここがバイアス調整回路と分かりました。左の電源回路から送られた-58Vの電圧が可変抵抗器によってコントロールされて-45Vのバイアス電圧で真空管に送られているのです。


IMG_6038.jpg この回路をアンプの基板内で探すと、ありました。画像中央の青い小さな可変抵抗器がそれです。25kΩの抵抗値と周辺の固定抵抗の値も回路図と同様なので間違いありません。


IMG_6041.jpg 早速、回路図から判断したバイアス電圧調整後のポイントで、現状でのバイアス電圧をテスターで測定すると-48.8Vという結果でした。


 回路図では-45Vという値なので、テスターを見ながらマイナスドライバーで可変抵抗器を調整して-45Vに設定しました。

IMG_6047.jpg         IMG_6048.jpg


 厳密には同時にバイアス電流を測定し、オシロスコープで波形のチェックも行わなければなければならないのですが、それは手持ちの機材では不可能なので、「これで自分なりのバイアス調整終了」とし、この状態でスピーカーからの出音をチェックすると、元よりも大きな音量でかつ歪んだものとなっていました。

 100Wの出力のアンプなので、バンド内で程良い音量を出すにはベースアンプから大きな音量が必要となり、この音質ではちょっと使えないです。そこで次にはバイアス電圧を-52Vに変化させると、これも同様に歪んだ出音でした。

 自分のベースアンプなので自分の気にいった出音になればそれで良いという事で、テスターによるバイアス電圧の値には拘らずに、スピーカーからの出音を聴きながら可変抵抗器を調整しました。ほんの少しドライバーを回すと音質が変化するので、微調整を繰り返してこれがベストだというピンポイントでのバイアス電圧を測定すると初期値の-48.8Vでした。

IMG_6007.jpg 今回のバイアス調整では出音をより良くする事はできなかったのですが、現状がベストな出音だというのが確認できたので結果OKとします。昨年末からの一連のメンテナンスで、トラブルフリーとなり、出音もベストな状態となったV4BHです。既に生産終了となって久しいのですが、真空管も交換した事ですし、まだまだ使っていこうと考えています。
スポンサーサイト
コメント
すわべさん

アンプ内部のメンテナンス時に「このトリマーは何かな?」とは思っていたのですが、すわべさんのコメントの“おかげで”その用途が分かりました。

>Fender BASSMAN100Tは自動バイアスなのですが、ボタン操作で調整して音色の傾向を変える事が出来て…

今回、私がトリマーで調整したのと同じなのでしょうかね?

>LEDの点灯で真空管のコンディションもモニター出来る

SVT-VRにも同様の機能があるのですが、私もアナログ人間なので、テスターを見ながらあれこれやるのが性に合っていますね(笑)
私の思い付きレベルのコメントが発端になったようで・・・(汗)

V4BHのバイアス調整は基板上のトリマーで行うんですね、なるほど!

バイアス調整と言えば、現行のFender BASSMAN100Tは自動バイアスなのですが、ボタン操作で調整して音色の傾向を変える事が出来て、LEDの点灯で真空管のコンディションもモニター出来ると言う機能が有ります。

凄いんだけど、何となく真空管アンプのイメージでは無い気もします(苦笑)
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム