FC2ブログ
 先日のメンテで完調となったはずのAmpeg V4BHですが、使っているとある日突然にバリバリという異音がスピーカーキャビから聞こえてきました。「未だ治っていないのかよ~」と困惑しながらも原因を追求するためにワクワクしながら(笑)、アンプヘッドからシャーシを取り出した私です。

IMG_5879.jpg チェックするとプリ基板とシャーシの接触は前回のメンテ処理で解決しているのに、基板をドライバーで軽く叩くと再びノイズが発生していました。ノイズの発生個所を絞っていくと、プリの初段の真空管が取り付けられているソケット周りに辿り着いたので、真空管を外して目視でチェックしたのですが、何ら問題は無さそうです。


IMG_5880.jpg そこでプリ基板を逆さにしてみました。画像センターの円形の半田付け箇所が真空管のソケットの裏側です。


IMG_5883.jpg パッと見には問題が無さそうだったのですがズームアップすると、「あれっ?」の3箇所でソケットの足と半田盛りとの間にクラックがあるように見えたので、裏側からソケットを押すと左下の箇所では半田盛りからソケット足がゴソゴソと動くのが確認できました。


 ここしばらくの間悩んでいたアンプのノイズの元凶はここだったのですね。過去に何回か真空管を抜き差しした事があるので、ソケットの動きの為に足の半田付け箇所が金属疲労して接触不良となっていたのですね。


IMG_5885.jpg その3箇所は再度の半田付けを行いました。半田のクラックは無くなっています。


IMG_5849.jpg この処理後にアンプの出音をチェックしたらノイズの発生は無くなっていました。これでやっとの事トラブル解決ですかね?


IMG_5895.jpg このまま何事も無く新年が迎えられたらなと思いながら何気なくアンプを裏側から眺めると、4本あるパワー管の内の1本にヒーターの明かりが灯っていないのが目に入ってきました。このアンプ、持ち主をどこまで楽しませてくれるんだ!年明けにやる事が決まりましたね(笑)。


 という事で皆さま良い年をお迎えください。
スポンサーサイト
コメント
すわべさん

これまでの経緯からすると、基板のゆがみでハンダ割れが発生してノイズが発生するようになり、原因調査の為に真空管を抜き差ししたのでハンダ割れが大きくなったと考えられます。
年末までにこの原因は分かったのですが、パワー管の玉切れが分かり、メンテは年を越えています(汗)。
blogネタにはなりますが・・・(笑)。
ああっ!ハンダ割れが起きていましたか。
前回の基板のゆがみと無関係ではないかも知れませんね。

でも見つかって良かったです。
shinmei_tさん

今年もお世話になりました。来年も引き続きよろしくお願いします。
今年も楽しませていただきました。良いお年を!&来年もよろしくお願いします!
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム