FC2ブログ
IMG_5841.jpg これまでベースのメンテナンスをする際にはこのワークベンチを使っているのですが、天板の横幅は60cmでベースのボディーしか乗らずに、ネックはベンチ外にはみ出ていました。何かの時にはベース本体がベンチから落ちる事も懸念されたので、作業環境の改善を図りました。


IMG_5837.jpg と言っても、もう一台大きなテーブルを私の部屋内に据え置くのは避けたかったので、既存のワークベンチを活用しようと考え、厚手(18mm)のコンパネを1200mm×600mmにカットして、裏側には600mm×105mm×30mmの角材をビスで取り付けしました。


 この板をワークベンチに乗せて、裏の角材をベンチの天板に咥えさせて固定するとメンテナンス・テーブルとなります。テーブルを使わない時はベンチから外して立て掛けて保管できます。板に比べてワークベンチが小さく見えるのですが、ぐらつかずにしっかりと安定しています。

IMG_5835.jpg         IMG_5833.jpg




IMG_5829.jpg この上に新たに購入したHOSCOのワークマットH-LWM1を敷きました。このマットはなかなかの好製品です。ビニールレザーの表皮はベースを置いても滑りにくく安定します。コンパネに触れる裏面も滑りにくい材質なのでマットとテーブルの間にズレが発生しません。マット自体にはクッション性がありベースを優しくホールドしてくれます。


IMG_5824.jpg マットの前側には60mmの“前垂れ”があり、ベースがテーブルの前の角に当たって傷が付くのを防いでくれます。又、表皮がビニールレザーなので、汚れが染み込まずにウエスでサッと拭き取れます。そして黒色なので置いた小さなパーツが迷子になりにくく感じます。


 更にマット奥側の両サイドのクリップの形が白で印刷された箇所には内部にネオジウム磁石が仕込まれており、鉄製パーツがくっ付きます。私は小さな鉄皿を置いてそこにビス等を入れています。

IMG_5821.jpg         IMG_5823.jpg




IMG_5819.jpg そしてもう1アイテム、ネックサポート台を購入しました。これはJIM DUNLOP NC65 FORMULA 65 NEK CRADLEという長い名前の製品です。これも好製品と感じました。


 角度が自在のネックサポート部と大き目の土台の効果で、置いたネックがとても安定します。V型のサポートをひっくり返すとフラットな面となり、ベースの裏側のメンテにも対応できます。

IMG_5811.jpg         IMG_5813.jpg


IMG_5817.jpg 土台部周囲には立ち上がりがあり、ピック等の小物を置けます。


IMG_5814.jpg このネックサポート台はアコギの箱ボディーにも対応していて高さがあるのですが、その分ネックヘッドがテーブルよりも離れるので、ネックヘッドにアングルが付いたThunderbirdでも支障無しでペグワインダーが使用できます。




IMG_5807.jpg 以上でベースメンテの環境が出来上がりました。正月休みはこのテーブルの前にいる時間が長くなりそうです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム