FC2ブログ
IMG_5642.jpg 気に入って使っているFullertone JAY-BEE ですが、ペグ廻りで気になる箇所がありました。


 チューニングを行う際にネックヘッドを眺めたら、2弦と4弦のペグポストをヘッド表面で受けるブッシュに浮きがあるのが分かったのです。

IMG_5632.jpg         IMG_5631.jpg


IMG_5634.jpg これはFenderのペグではよくある事なのですが、上画像をよく見るとポストも指板方向に傾いていて、左画像ではブッシュ付近に塗装クラックが発生しているのが見えます。デフォルトのエイジド処理でクラックが入れられているのですが、本当のクラックとなるとやはり気になりますね(汗)。


IMG_5647.jpg 先ずはブッシュの浮きを修整しました。ペグを取り外して、シャコ万でブッシュを押さえ込み・・・、


IMG_5649.jpg ヘッド裏側から、ヘッドのポスト穴とブッシュとの隙間に瞬間接着剤を少量流し込みました。




 次にはペグ交換を行ったのですが、その理由は以下です。

 このFullertone JAY-BEE 60にはデフォルトで、Gotohの軽量ペグGB640が取り付けられていて明るめの鳴りとなっていたのですが、私は立ち上がりにもっとコンプの掛かった出音が好みなので、今は廃番となっているGB9に取り換えていました。

 左のGB9のペグ単体の重量は108g、右の60年代のヴィンテージペグは106gと、同様の重量なので、ネックの振動具合は私好みとなっているGB9でした。

IMG_5658.jpg         IMG_5676.jpg


IMG_5659.jpg ただし今回ペグを取り外してチェックしたら、ペグプレートとペグポストの取り付け具合に“遊び”があり、ポストがカクカクと少しの角度で動くのが確認できました。この“遊び”がある為に、弦の張力に負けてペグポストが傾き、ブッシュも浮いていたのと思われます。(4個のペグ共にこの状態だったので、これがGB9の仕様なのでしょうね。)


 出音は気にいっているのですが、このままGB9を使うと再び今回のブッシュ浮きやポストの傾きが懸念されたので、ペグを交換しようとなったのです。

IMG_5656.jpg 交換したペグは以前からストックしていたものです。メーカー・品番は不明なのですが、ルックスはかなりヴィンテージ・クルーソンペグに似通っているもので、順巻きなのと重量が97gと少し軽いのがヴィンテージ・クルーソンペグとの相違点です。


IMG_5666.jpg ペグプレートの裏面にはペグシャフトを受ける2個のU字金具の爪が4箇所あるのですが、ここもヴィンテージペグ同様にプレート面から飛び出ています。ヘッド裏面には以前ヴィンテージペグを取り付けした際に爪の逃げ穴を掘っています。


IMG_5667.jpg ペグを交換しました。上記の爪の逃げ穴が有効に作用して、ペグプレートはフラットのままでネックヘッド裏に固定されました。




IMG_5674.jpg ペグの交換後にアンプからの出音をチェックしました。ペグ4個で44gの軽量となったのは、やはり弾き心地や出音に変化をもたらしていました。これまでは弦を弾いた瞬間に“ゴンッ”というコンプ感を覚えていたのが、これが薄まり、かつ少し明るめの成分が出音に加わっていました。

 この出音の変化は「これはこれで良し!」と感じられるものなので、今後も変わらずこのFullertone JAY-BEEを弾き続けていこうと考えています。ペグ交換により、ブッシュ浮きの不安からも解放されたと思われるので・・・。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム