Baby bassのブリッジモディファイは先のエントリーで終わりと思ったのですが、もう一つのモディファイネタがありました。

 多くのBaby bassプレイヤーはデフォルトの金属製ブリッジを木製ブリッジに交換しているのですが、その木製ブリッジをネットでチェックしていたら、私のBaby bassに付いている木製ブリッジと厚みが異なるのが分かりました。下がネット上で拾った画像です。

IMG_5145.jpg         IMG_5146.jpg


IMG_5339_201709061332304f5.jpg 私のブリッジがこちらで、足元部が上画像のブリッジよりも厚いのが分かります。スケールで測ると22mmの厚さがありました。


IMG_5345_20170906133232381.jpg この厚みをもっと薄くしたら、木製ブリッジでの揺れが加わり、よりウッディーな鳴りが得られるのではと考えて、ブリッジをサンドペーパーで削ってみました。前回取り付けしたボルト頭ギリギリまで5mm程削って、厚みは17mmとなっています。


IMG_5347.jpg このブリッジをBaby bassに戻すと、アンプに繋ぐ前の生音が大きくなったのが実感でき、アンプからの出音をチェックすると、予想通りに柔らか味が増しているのがわかりました。


IMG_5358.jpg 今回の一連の木製ブリッジへのモディファイでは、足元への鉄パーツの取り付けで立ち上がりの良さ、そしてブリッジを薄くする事でウッディーな柔らかさの加味と、二つの異なる成分が加わって、更に私の好みの出音へと近づいています。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム