最近のバンド練習では5弦のVestax BV-Ⅴを弾く事が多いのですが、先日の大阪でのOB会では久し振りに4弦のFullertoneを持ち出して弾いてみました。するとそのFullertoneがとても弾き易く感じたのでした。

 大阪から帰宅して他の4弦ベースと比較試奏した結果、Fullertoneが特別に弾き易かったのではなくて、Vestax BV-Ⅴの弦の張り感(所謂テンション感)が強くて弾き辛く感じていたのでした。

 Vestax BV-Ⅴは独自のポリシーを持って設計されたベースで、裏通し対応のブリッジやアングルが付けられたヘッドにより、同じチューニング(=同じ張力)でも指に感じる弦の張り具合は強いものになっています。そして5弦ベース用の太いネックかつスルーネックという構造上の理由により、ネック&ボディーがブルブル震える感はしなくて、とてもタイトな出音となるベースだとの印象があります。

IMG_5015.jpg このVestax BV-Ⅴの弾き心地を私の好みのFender系の4弦ベースに近付ける事はできないものかと考えてみました。その結果は左画像です。何も変わっていないように見えますね?


IMG_5016.jpg こちらのアングルの画像で分かるのですが、1~4弦を通常とは逆で、巻き終わりが上になるようにペグポストに巻き付けています。この巻き付け状態で弦を弾くと、弦の指への当たり具合が幾分優しくなっていました。


 肝心のアンプからの出音ですが、これは驚くほどに変わりました。これまでは高域の立ち上がりの早いタイトな出音だったのが、低域が肉付けされて深みのあるものへと変わっていました。1弦をプルするとこれまでの“ペキッ”という出音が“ペンッ”となっていて、この“ンッ”という成分が加味された為か音量も増加していました。

 そして、弦を弾いた後に弦振動が即収束していたこれまでよりも、弦振動に余韻を覚える(サスティーンがある)状態になっていました。

 1~4弦はナットからペグポストの間の垂直方向の折れ曲がりが殆んど無くなっているのですが、一番上の画像で分かるように3~4弦は水平方向に折れており、又ブリッジ部ではサドルからエンドにかけて全弦に強い折れ角度が付いているので、テンション感がユルユルになっている訳ではなくて、Fender系の4弦ベースよりもまだ強めの弦の弾き心地です。

IMG_5018.jpg         IMG_5021.jpg


 5弦に関しては、巻き付け方を逆にしたり、ブリッジ部での裏通しを通常に変えたりしたのですが、これまでのセッティング(ノーマルの弦の巻き方+裏通し)の方が弦の弾き心地が良かったです。

 又、弦高のセッティングにも変化がありました。これまでは≪弦の揺れる感が少ない→強めに弦を弾く→フレットでバズる→弦高を上げる→更にテンション感が強まる≫となっていたのですが、弦の巻き方変更後は≪弦がよく揺れる→優しいタッチで弦が弾ける→フレットでバズらない→弦高を低くできる→更にテンション感が弱まって弾き易くなる≫となりました。

 更に奏法的にも効果がありました。ブリッジ部で掌ミュートして親指で弦を弾いてもこれまではあまり低域成分が無くてミュート弾きを行う意味が無かったのですが、弦の巻き方変更後は出音に低域成分が増えたのでミュート弾きが楽しくなっています。

 色々と良い事だらけの結果となっていますね。「王道のセッティング」というのは確かにあるのですが、自分にとって出音や弾き心地が良好に感じるならば、この度のような「邪道のセッティング」も“あり”だと思います。
スポンサーサイト
コメント
abaさん

ブリッジ部の駒からエンドまでに角度が付いていても、ヘッドのナット部での弦の当たりが緩いベースもあるのですね。
ベースそれぞれにマッチしたセッティングが必要と言う事ですね。

私のVestaxはこの弦の張り方がハマってしまって、これまで固めの出音の解消にPUやプリアンプを交換しようと検討していたのが不要になりました。
お返事ありがとうございます。

はい、SBは4弦です所有しているYAMAHAのBB-5000よりわずかに厚みのあるネックですが強度は少し劣っているように感じます。
弦のナットにかかる圧が無い為ポストからナットの間で共振してるのではないかと思い、無理やりナットに対して角度が付くように張りなおしたら解消されました。

>1・2弦はヘッド横方向への“折れ”が無かったので
おっしゃる通り元の強めのテンション間とネックの強度が関係していそうですね。
abaさん

コメントをありがとうございます。

Aria SBは弾いた事が無くて比較説明ができないのですが、このVestaxはデフォルトの状態でかなりテンション感が強めなので、弦を逆巻き付けにする事によりテンション感が和らいで弾き易くなっています。

Aria SB は4弦でしょうか?このVestaxは5弦の太くて強固なネックが弦振動のパワーよりも勝っている感じがあり、今回テンション感が減じても影響が無かったのかもしれません。ネックが弱かったら弦とネックが共に揺れてベロンベロンの弾き心地になってしまったと思います。

又、1・2弦はヘッド横方向への“折れ”が無かったので、当初は弦がナットやポストから外れてしまわないかと心配したのですが、全く問題無しでした。

このVestaxには(そして私にも)今回の弦の巻き付け方が“ハマった”という事でしょうね。
いつも拝見しております
はじめまして、とても興味深い記事でしたのでコメントさせていただきました。
偶然ですが私も4弦のナットからポストまでの角度が、ポストへの巻き数がほとんどなかった為に、上記画像の3~4弦に近くなったベースを弾いたことがあります。ですがほぼ音になりませんでした。
物はAriaのSBでVestaxと同じように角度付きヘッド、エンドからコマまで角度の強いブリッジでしたので不思議です。ネックの仕込み角の違いかもしれませんが。
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム