当初は2~3週間での納品という予定がずれ込んで2カ月後に戻ってきたThunderbirdのリアPUです。

IMG_4948_2017061413350738c.jpg 裏面を見ると、①コイルからのリード線2本が熱収縮チューブで延長されている。②PUカバーと裏蓋とが6カ所の半田付けで止められていたのが中ほどの2カ所のみになっている。


IMG_4952.jpg 側面では③裏蓋がPUカバーから1~2mm浮き上がっている。


 等が外部から見える元からの相違点となっていました。又、画像には無いのですがテスターでの直流抵抗値の測定では9.08kΩで、元の9.45kΩから幾分抵抗が減少していました。

 ショップにPUへの作業内容を確認すると、「コイルをポッティングして巻き線の固定、2個のコイル固定、カバーとコイルの固定接着」との事で、徹底した打音対策がなされたみたいです。

IMG_4956.jpg PUカバーと裏蓋の隙間や裏蓋の開口穴から覗いてみると、(画像からは分かりませんが)カバーとコイルの間に白のシール剤が挟まれているのが分かりました。このシール材の厚みで裏蓋が浮き上がっていたのです。(以前に私も同様にシール材での打音対策を行ったのですが、その際はシール材を薄く塗布したのであまり効果が得られなかったものと思われます。)


IMG_5005b.jpg 上記の相違点に何か手を加えたい気持ちもあったのですが、先ずはPUへのピックの打音がどうなったのかをチェックしたかったので、対策済のリアPUをESP Thunderbird Ⅳに取り付けしてシールドでアンプに接続しました。


 そして先ずは無対策のフロントPUのメタルカバーをピックで叩くとカバーとコイルの間に隙間があるのが手応えとして感じられて「コンッ」と聞こえるのですが、次に対策済のリアPUカバーを叩くとデッドな反応でした。さすがにアンプの音量を上げると小さく「コン」となるのですが、その時は弦の出音が大きくなっているのでマスキングされて気にはなりません。

 この度の対策は大正解でした。コイルを蝋でポッティングすると出音が変わってしまったという報告例があります。確かに緩く巻かれていたコイルが固まるとなると出音が変わる要因となるでしょうし、先に記したように直流抵抗値が対策後に若干減少しているのはポッティングの影響かもしれませんが、私としては打音対策前後で大きな出音(音量・音質)の変化は感じられなかったです。

 打音対策後のPUの音色変化を気にする以上に、ピンチヒッターでリアに取り付けていた別ブランドのPUよりも(当然ですが)ヴィンテージPU同士のミックス具合は良くて、ローからハイまでとても心地よい音色となっています。この音色はリプレースメントPUでは絶対に得られないものだと思います。

 そして以下が最も望んでいた効果なのですが、エフェクター嫌いな私はドライブした出音を強いピッキングで得ていたのをこれからはリアPU上でピックがPUカバーに当たるのを気にせずにガンガンとプレイできるようになっています!
スポンサーサイト
コメント
shinmei_tさん

PUの打音対策を依頼したショップは外注に出したので、経費がプラスされたのか1諭吉でした。
自社で加工できるショップならばもう少しお安かったのかもしれませんね。
自分でポッティングをやろうかとも考えたのですが、材料・道具費・ノウハウ等を考えるとショップに依頼するのが賢明と思い、そうしました。
ちなみにポッティングって幾らぐらいするんですか?結構高いのかしら?
shinmei_tさん

ポッティング後にスタジオで大音量で出音をチェックしたら、幾分音がタイトになっていた感がなきにしもあらずなのですが、ショップに2カ月預けていて、その間に別PUをリアに取り付けていたので、厳密な判別はできなかったです(汗)

それ以上に、これまでは「打楽器か!?」と思うほどにピックでの打音がカチカチとしていたのが無くなり、全くもってプレイ時にストレスフリーになったのが大きなメリットでした。
良い結果がでたようで良かったですね!ポッティングをオーダーしたことがないので、参考になりました!
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム