IMG_4707_20170502190518756.jpg 前のエントリーに「Vestax BV-Ⅴにはヘッド部にアングルが付けられていて、アングルの角度は分度器のアバウトな測定で5.5°でした」と記しています。今回のエントリーではこの約5.5°という数値はどのようにして決定されたか?を考察してみました。5°とか8°とかの整数ならば何も疑問を覚えなかったのですが、小数点以下の数値があるのが気になったもので・・・。


IMG_4708_201705021905170c9.jpg 私の仕事上では傾きの扱いは角度ではなくて、勾配というものになります。例えば水平に10進んで、1上昇すると勾配は1/10となります。その1/10の勾配を角度に換算すると5.711°になり、先ほどの約5.5°と同様になるので、ギターやベースの開発設計時にはヘッドアングルを勾配という捉え方で数値決めがなされるのでは?と推測しました。一番分かり易い勾配は10/10です。二等辺三角形をイメージしたら角度は45°となるのが分かると思います。


IMG_4709.jpg ちなみに50年代のGibson系ギターのヘッドアングルは17°で、64~65年頃に14°に変更されたと言うのが通説なのですが、これを勾配に換算すると左図下で3/10勾配が16.699°、左図上で2.5/10勾配が14.036°となるので、私の推測もあながち間違いではない、いやいや正解だと思います。Gibson社がより良いギターの弾き心地を模索して、60年代中期にヘッドアングルを0.5勾配ほど減じたのでしょうか?実は私の仕事で扱う勾配も通常での最小単位は0.5です。


 ギターの設計図面を描く際や製作の際に、角度は分度器を使用しないと設定や測定ができないのですが、勾配はスケール(物差し)で対応できるので、勾配での数値設定が便利で分かり易いです。

 デタッチャブルネックのネックアングル調整も“ネックポケットの奥行○○ミリで○○ミリほどスロープに削ると、ネックポケットから○○mm離れたブリッジではサドルの高さが○○mm変化する”というように勾配の比例式で数値を定めることができます。
スポンサーサイト
コメント
富さん

各メーカー、それぞれの考えでアングルを決めているようです。

BB Ltdやプレべはデタッチャブルネックなので、コストを考慮する木取りとなると、薄い木材で作れるアングル無しとなるのですが、アングル付のプレべもあるのですね。
Vestaxのベースを設計された松下さんは、全てにこだわる方なんですけど、ヘッド角もやはりかなり数値を追い込まれています。
YamahaBBLimitedも松下さん設計なんですが、そちらはワーモス供給の関係か採用されていませんけど。

松下さんハンドメイドのプレベがメインなんですが、やはり角度がついていて(図っていませんが結構浅め)、ストリングガイドはないです。
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム