Vestax BV-Ⅴのアウトプット・ジャックを交換しました。ボディーサイドに取り付いているストレート・ジャックとシールドのプラグとの噛み合わせが甘くなり、何かの拍子にプラグがスルッと抜けてしまうという状態が発生したもので・・・。

IMG_4667.jpg このタイプのジャックは分解してプラグとの噛み合わせ具合を調整する事ができないので、新たなものを購入しました。これまでは国産SCUDブランドで扱われているジャックだったのですが、新規購入したのは信頼の置ける米国のブランド、スイッチクラフトのストレート・ジャックです。


IMG_4670.jpg 取り付けられているジャックは、外部からはボディーサイドに開けられた穴の奥にあるプラグの差し込み部のみが見えて、本体はボディー内に隠れているのですが、元と同じオール金メッキのジャックにしています。


IMG_4676.jpg ジャックのメーカーを替えたので取り付け穴の径が規格違いになるのでは?と危惧したのですが、問題無しに交換ができました。新たなジャックのコールド端子は長足でシールド線を掴むタイプだったのですが、コントロール・キャビティー内にスッキリと収める為に足を短くカットしています。


IMG_4678.jpg ジャック交換後にプラグの差し込み具合をチェックしました。同じブランドのスイッチクラフトのプラグ(上)とは(言わずもがな)ガッシリと噛み合っています。これまでは甘々の噛み具合だったアンフェノールのプラグ(下)とも良好な噛み具合となり、ジャック交換は大正解となっています。


IMG_4683.jpg コントロール・キャビティーの蓋を外したついでに、先般取り換えしたボリュームポットを再調整しました。音量がフルアップの8/10の大きさとなる箇所にクリックがあるポットに交換した後に8.5/10となるように調整していたのですが、しばらく使う間にもう少し音量差が少な目でも良いかなと感じてきたので、9/10となるように再調整しました。(数値はあくまで私のイメージです)


IMG_4684.jpg 9/10の状態でプレイしていて、いざソロとなったら10/10のフルアップにするのが塩梅良いです。ソロ後はサッと9/10に落としてクールにプレイするっていう(笑)。足元にエフェクターを置かない私としては、この様なアナログ操作が肌に合っています。
スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム