これまでで、フロント用とリア用のピックアップのセットを入手して、ESPのThunderbirdにインストールした事を記事にしていたのですが、その後に弾いていると気になる箇所が浮上してきて、またイジってしまいました。

IMG_4222.jpg これが ・・・、


IMG_4223.jpg こうなったのですが、どこをイジったのか分りますか?分かり難いですよね?実はピックアップを前後取替えしてみました。


 私はThunderbirdをピックメインで弾いていて、それもリア・ピックアップ上でピック弾きした出音を気に入っているのですが、その際にリア・ピックアップのメタルカバーにピックが当たると“カツッ”という打音がアンプから聞こえるのです。

 しかもこのヴィンテージのリア・ピックアップは、所有するThunderbirdに取り付いているピックアップの中で最も大きく打音が聞こえるものでした。そして、そのリア・ピックアップと比べると、同時に取り付けたフロント・ピックアップは最も打音が小さいピックアップなのでした。

 そうならば、気になる打音を解消する為にフロントとリアのピックアップの位置を交換してみたのです。その際は、ピックアップの特性を考えてセッティングをおこないました。元のリア・ピックアップはフロント用と比べてコイルの巻き数が多くて出力が大きかったので、それをフロントに取り付けた際にはボディーに沈め気味に、そしてリアに取り付けたピックアップは弦に近づけて、元と出音の差を感じられないように配慮しました。

 ピックアップを前後交換し、以上のセッティングを施した後にアンプからの出音を確認しました。交換したリア・ピックアップの上でのピック弾きは打音がしなくてストレスが無くなったのですが、音質的にはやはりフロント・ピックアップの太さが強調されて、リア・ピックアップのゴリゴリ感が薄れています。

 このESP Thunderbirdにヴィンテージのピックアップを取り付けした当初の出音があまりにも良かったので、ピックアップ交換後の出音には満足できない結果となりました。

 さて、どうするか?となるのですが、以前に68ノンリバースのピックアップを分解して打音対策を試みた際に良い結果とならなかったので、今回はプロのショップに対策を依頼する事にしてピックアップを送りだしました。好結果の対策が得られれば嬉しいのですが・・・。

IMG_4333_20170228201751976.jpg リア・ピックアップを外したままにはできないので、手持ちの(モントルーと同じと思しき)ピックアップを取り付けしました。アンプからの出音をチェックすると、フロント・ピックアップとの混ざり加減に違和感がありました。やはりヴィンテージのThunderbirdの出音はヴィンテージのピックアップが作りあげていることを今更ですが認識する結果となっています。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム