IMG_4050_20170129202541120.jpg 入手した2個のヴィンテージThunderbird用ピックアップを詳しくチェックしてみました。




IMG_4052.jpg まずはフロント用です。いい感じにニッケルメッキがくすんでいます。直流抵抗値は7.84kΩと控えめな数値です。現行のUSA Thunderbirdは9.6kΩ程度なので、一般的にヴィンテージのThunderbird用ピックアップの出力は現行よりも小さくて、ブーミーな出音とはならないのが数値でも分ります。


IMG_4053.jpg 裏面です。網シールド線はオリジナルではなくて交換されています。


IMG_4058.jpg リア用の網シールド線はオリジナルだったので比較しました。よく見れば分るように、下側のリア用のオリジナルの網線は2本の極細線で編んであるのですが、上側の交換されているフロント用の網線は3本編みです。そしてフロント用の網線の直径はリア用よりも細いのも分ります。


IMG_4061.jpg 網シールド線に交換の際に、熱量の低い半田鏝を使ったからと思われるのですが、半田鏝の熱が鉄製の裏蓋に吸収されて半田全体が完全に溶けきっていない盛り方になっています。そしてその際に半田鏝が触れたのか、コイルからの黒ビニール被覆線の被覆が溶けて芯線が見えています。


IMG_4062.jpg アース側の線なので短絡の恐れは無いものの、このまま見過ごす事はできないので、黒ラッカーを刷毛で少量塗って被膜代わりとしました。




IMG_4064.jpg “お宝”のリアピックアップです。メッキカバーのクスミ具合は先のフロント用と同様なので、セットとして使用しても違和感はなさそうです。e-Bayに出品されていた際には直流抵抗値が9.18kΩとの記載があったのですが、私の所有するテースターでの測定では9kΩを少し切った8.86kΩとなりました。


IMG_4065.jpg 裏面です。こちらの裏蓋の亜鉛メッキは劣化が進んで粉を吹いています。先に網線シールドはオリジナルとしたのですが、シールドの芯線とピックアップからのリード線の半田付け部に巻いてあるというか2つ折りで貼ってある薄茶の紙テープが気になるところです。同年代のピックアップの多くは黒のコイル保護用のテープが絶縁用として貼ってある事が多いのですが、調べてみると薄茶の紙テープの仕様もありました。


IMG_4069.jpg ピックアップに近付いてよく見ると、コイルからの黒ビニール被覆線の被覆が裏蓋の穴の縁に触れた為か剥げています。


IMG_4070.jpg こちらはホット側の線になるので、短絡を防ぐ為にクリアーのシールを極少量打ちました。




IMG_4071.jpg 2個のピックアップの裏面を並べてみると、取付けビス穴の径が異なっているのが分りました。この違いは製造年の違いによるものか、仕様によるものか、今後の調査・研究課題となります。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム