ESP Thunderbirdにサムレストを装着して弾き心地が向上したのを受けて、今手元にあるもう1本の68 Thunderbird ノンリバースにも装着しました。

IMG_3998.jpg ESP Thunderbirdは両ピックアップリングの下に厚いシムを挟んでいるので、サムレストはボディー表面に両面テープで貼り付けたのですが、68ノンリバではフロント側はピックガードに、リア側はシムの無いリングの縁に乗るようにサイズ決めしています。両面テープの重ね具合を調整して弦とサムレストの離れを均一にしているのは前回と共通です。


 68ノンリバにサムレスト装着後はESP Thunderbirdと同様に演奏性が向上しています。特に68ノンリバのピックアップのピックでの打音は大きくて、これまではピックアップ表面に打音減少の為のクッションとしてクリアーフィルムを貼っていたのですが、そのフィルムは不要になりました。せっかく貼っているので、フィルムが痛むまではピックアップのメッキ保護の為にそのままにしておきますが・・・。

 ピックアップ部の改良が終わったので、視線をブリッジに向けると次の気になる点が見えてきました。ブリッジをボディーに固定しているスタッドボルトの頭のクロームメッキが一部剥げて赤錆が発生していたのです。

 このままでは錆がどんどん進行するので、対応として錆をサンドペーパーで落とした後に空気に触れないようにクリアーラッカーを塗布しておきました。

IMG_4003.jpg         IMG_4005.jpg


IMG_4006.jpg さて、これでメンテが終わりきや、視線をテールピースに向けると、「むむっ、これは!?」ぱっと見では分らないのですが、テールピースがブリッジ方向に傾いているようなので、取り付けビスを緩めるとかなり斜めに刺さっていました。そうなのです。長年使用してきた間にテールピースが弦の張力に引っ張られて傾いているのです。


IMG_4013.jpg テールピースを取り外してビスを戻すと3本のビスが共に斜めになっていて、テールピースがボディーに接していた部分のブリッジ寄りの塗装被膜が、テールピースに押されて浮き上がり剥離している箇所もある状態でした。


IMG_4015.jpg 長円形になっているビス穴を詳しくチェックすると、穴のボディー表面部がブリッジ側に広がっているばかりではなく、穴の底はビス足でボディーエンド側に向かって広がっていました。


IMG_4018.jpg 実はこの状況にあるのは以前から把握していて、その際はテールピース取り付けビスを少し太いものに取替えして様子を見ていたのでした。画像の左が太くて長い対応用ビスで、右が細くて短いオリジナルのビスです。


 他の手持ちのThunderbirdではこのようにはなっていので、この68TBノンリバースのボディー材のマホガニーが特別に柔らかいのかな?と疑問を覚えながらも対処法を考えてみました。

IMG_4020.jpg このままどんどん太くて長い取り付けビスに交換していく事はできないので、ボディーの穴周りを補強する事にして、先ずは長円形のビス穴を4.5mm径の木工ドリルで丸穴にしました。


 これから木の棒で穴埋めを行います。いつもはこの様な穴埋めの際にはホームセンターに売っているラミンの丸棒を使っているのですが、そのラミンの丸棒は柔らかくて加工性には優れていても今回のように強度を求める時には不向きな材です。

IMG_4030.jpg 何か適材はないかな?と部品箱を探したらローズウッドの端材があったので、5mm角にノコギリでカットしたものを電動ドリルのチャックに咥えて回転させながらヤスリで削り、4.2mm径の鉛筆状の打ち込み栓を3本作りました。


IMG_4032.jpg ローズウッドの栓をボディーに打ち込んだ後は、その際に併用した木工用ボンドの乾きを待ちます。


IMG_4095.jpg 一晩置いてボンドが乾いたら、飛び出た栓の頭をカットして、2.2mm径の下穴をボディーに対して垂直に開けました。その際には、ビス穴の底のボディーエンド側に固いローズウッド材が残るようにビス穴のセンターを僅かにブリッジ側に寄せています。


IMG_4101.jpg 前述の細めのオリジナルのビスでテールピースを固定して、弦を張った状況です。これがメーカー出荷時の状況です。


 メンテ前(左画像)とメンテ後(右画像)を比べると、テールピース取り付けビスの頭の見え方が変わっているのが分ります。ほんの僅かな変化なのですが、心の中は大満足の結果となっています(笑)。

IMG_4102_20170129150031197.jpg         IMG_4103.jpg


 ビス穴廻りを補強したとはいえ、Fenderのブリッジのようにフラットなブリッジプレートを5本の長いビスで取り付けている程の強度にはなっていないので、今後は弦の張りっ放しは控えるようにしなければなりません。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム