前回でブリッジとテールピースを交換して、ルックスは最高となったESP Thunderbirdですが、今回は演奏性の向上を図りました。

 このThunderbirdはバンドで演奏する曲に合わせてピックで弾く事が多いのですが、いくつかの曲で指弾きをする際には、右手親指の固定先に苦慮していました。メタルのピックアップカバーの縁は丸みを帯びていて親指が滑ってしまうし、ピックアップリングの縁に親指を置くとG弦が遠くなってしまうのです。

IMG_4084.jpg そこで、5mm厚のアクリルクリアー板をカットしてサムレストを作製して、両ピックアップ間に装着しました。


IMG_4085.jpg 装着には1mm厚の透明両面テープを使ったのですが、リアピックアップ側は両面テープを2枚重ねにして、弦とサムレスト表面が平行になるようにしています。


 これで試奏したのですが、親指がガッチリと固定できるのでとても指弾きがし易くなっていました。又、親指を一点に固定するだけではなく、サムレスト上を滑らす事によって弦が美味しく鳴るポイント(スイート・スポット)を探ることもできます。

 そしてこの度の親指の固定の為のサムレスト装着では想定外のメリットもありました。ピック弾きの際にも塩梅が良くなっていたのです。

 私はどちらかと言うとピック弾きの際も弦をガッツリと弾くタイプで、弦を弾く直前にピックをリアピックアップのカバーに軽く当てて位置決めしていました。そこから弦を弾く事によってピックを弦に当てる加減をコントロールしていたのです。

 ただし、この奏法ではピックがピックアップのメタルカバーに当たった際に、“カツッ”と打音がアンプから聞こえてしまいます。現行のGibson Thunderbirdのピックアップは樹脂でモールドされていて、この問題をクリアーしています。(ルックスは好みでは無いです・・・)

 この度は4弦部分にサムレストを装着して、4弦を弾く際にはこのサムレストにピックを当てて弦への当たりをコントロールできるようになったのですが、4弦への弾き方が決まると右手の位置も決まるので、サムレストの無い他の弦への弾き具合も安定しました。当然の事でピックアップの打音は無く、ピック弾き全般に対してメリットがあったのは嬉しかったです。

IMG_4093.jpg 今回のサムレストの装着はほんのちょっとの工夫なのですが、効果は絶大でした(笑)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム