入手した60年代のThunderbird用ブリッジをこのままストックするのも勿体ないので、手持ちのESP Thunderbirdに取り付けました。

IMG_3653.jpg これまでは、入手時に取り付いていたテールピースと、その後に取り付けたレスポールギタータイプのブリッジとの組合せで使っていました。そのテールピースは金メッキを剥がした仕上げで、またブリッジは機能としてはしっかりとしているのですがクロームメッキ仕上げを含むルックスに違和感があり、ブリッジ全体として物足りなさがあったのです。


IMG_3706.jpg この度は、入手したヴィンテージ・ブリッジと共に、これまでストックしていたリプレースメントのテールピース(オリジナルのデッドコピー品でニッケルメッキ)を取り付けたので、ピックアップ、ピックアップリング、ブリッジ、テールピースの金属パーツが全てニッケルメッキで揃い、ルックスはほぼ完璧になっています。


 ほぼ完璧としたのは、前のエントリーで説明したオクターブ調整ビスを止める袋ナットが大きい事と、スタッドボルトが現行品なのでボルト頭がブリッジバーから3mmほど突出している事の2点があるからです。

 ブリッジの取り付けの際は、アンカー位置を3mmほどネック寄りに修正しています。サドルの可動範囲の狭いThunderbirdのブリッジは取り付け位置に高い精度が求められます。先のブリッジ取り付けの際には、位置決めにかなりの神経を使ったのですが、結果が付いてこなかったのです(汗)。

 このESP Thunderbirdは、長期(もうそろそろ通算2年)入院しているGibson 64Thunderbirdの代用として入手しているのですが、各所に手を入れてきたのでかなりの仕上がりとなってきました。取り付けられている本物のヴィンテージのピックガードが醸し出す雰囲気はやはり最高で、先の2つの難点はあるものの、この画像を一目で見てこれがESP製だと分る方はいないのでは?と思います。

IMG_3720.jpg


 このThunderbirdのネックの強度はあまり高くなくて、弦を緩めると指板に弦が張り付く程なので、弦高やネックの反り調整に時間が掛かったのですが、調整後は弦を弾く塩梅に応じてネックが柔軟に揺れて、アンプからの出音はハンバッキングピックアップとの相乗効果で、ドライブ感に溢れたものとなっています。これがカチカチの固いネックだったらこの出音にはなっていないと思います。

IMG_3716.jpg


 お安く入手したベースを自分好みに仕上げていくって、ベースいじりの醍醐味の一つでもありますね。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム