正月休みの間に、手持ちのベースの気になっていた箇所のメンテを行いました。



IMG_3572.jpg 先ずは61JBです。これと言って悪い箇所は無いのですが、ちょこっといじりました。ピックアップ下のクッションの交換です。作業ベンチに寝かして・・・、


IMG_3576.jpg これまででピックアップの高さのセッティングが決まっているので、ピックアップを取り外す前に、マスキングテープを貼ってマーキングしておきます。


IMG_3581.jpg ピックアップを取り出して、これまで付いていたクッション(左側)を外しました。このクッションは中に3本のスプリングが内蔵されていて、クッションがヘタる事が無い優れものなのですが、近年に生産されたパーツをヴィンテージベースに取り付けているのは如何なものか?と考えるようになったのです。


 しかしながら、ヴィンテージベースに使われているウレタンスポンジと同様のものは国内で見かけることが無くて、ずっと探していたのですが、何年も前に入手していたSeymour DuncanのAntiquityのJB用ピックアップの化粧箱の中に雰囲気の良いウレタンスポンジが入っているのを見つけました。右側がそれです。

 いずれはこのウレタンスポンジもヘタってくるのでしょうが、今は雰囲気優先でこれをチョイスして、ピックアップ下に敷きました。思い起こせば、この61JBを入手以来数度目のクッション交換となります。国内で入手できるウレタンスポンジは柔らか過ぎて直ぐにヘタるのですが、今回のアメリカン製のウレタンスポンジは、ガッツリとした硬目の作りなので、長寿命を期待しています。



IMG_3591.jpg コントロールプレートの取付ビスを外して、内部のチェックを行いました。ハンダの乗りの悪い箇所を見つけて補修して、ポット類は内部をクリーニングして接点復活剤を少量吹きました。この61JBのサーキットは全てオリジナルのパーツです。(ハンダ付けはやり替えています)




IMG_3596_201701041601178d6.jpg 弦を張り戻す前に、もう一点雰囲気を変える為にピックガードを交換しました。これまでしばらくは62JB用として入手していたピックガードだったのですが、60~61JB用の淡い色合いのピックガードに換えたのです。


IMG_3597.jpg 一番上の画像と比べると色味の違いが分かるのですが、こうやって重ねると更に違いがハッキリとします。外しているのが62JB用です。保存していた数年の間にピックガードの縮みは若干進んでいるようですが、取付に問題は無かったです。


 多くのヴィンテージのピックガードは1弦側ホーンの先端が欠けているのですが、この2枚のピックガードは共にトラスロッドの調整口部分のカットはあるものの、その他の欠けは無い、状態の良いものです。現在はこのセルロイドの風味を再現できているピックガードは皆無なので、大事に保存していこうと思っています。

 ベース全体の画像を見ると、よりヴィンテージ感が深まった感がします。今後しばらくは、こちらの淡い色味のピックガードが醸し出す雰囲気を味わっていきます。

IMG_3726.jpg
 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム