FC2ブログ
2007_1014Shelter690024.jpg AguilarのスピーカーキャビネットGS115が期待外れの出音で、う~ん、これは困ったなぁと思っていた私が次に(もちろん中古で)入手したのが、画像の上段のスピーカーキャビネットGS210です。
 
2007_1001Peavey0003.jpg 10インチ2発+ツィーターのこのGS210のサウンドチェックを行いました。GS115よりベースラインは分かりよいです。が、なにか今ひとつ歯切れが悪いような・・・。そうです、ここまでコメントしたらお分かりの様に、先日のPeavey 410TXと同様にツィーターが死んでいました(泣)。
 
2007_1014Shelter690007.jpg 2007_1014Shelter690003.jpg 2007_1014Shelter690009.jpg

 ツィーターを取外してみると、右側のPeavey 410TXのものと形状が極似しています。PeaveyFostex製に対して、AguilarP.AUDIO SYSTEMというブランドの物です。分解してみるとダイアフラムも互換性がある同規格品でした。調べてみるとFostexはOEM生産物と判明したのですが、P.AUDIO SYSTEMの方がオリジナルかどうかは分かりません。取り合えず、交換用ダイアフラムをオーダーしておきました。そのダイアフラムが入荷するまでは仕方が無いので、GS115のツィーターをGS210に移植して鳴らしてみました。

2007_1014Shelter690050.jpg 実はこちらのGS210の10インチスピーカーユニットもエミネンス製でご覧のように、アルミダイキャストのしっかりとしたフレームを持つもので、昨日のGS115の15インチウーファーと同シリーズの製品と思われます。そのせいかローの出方こそ異なっていますが、全体の音色は両スピーカーとも似ています。どちらかというと、タイトな出音をイメージして作られているのではと思われます。私としてはもっとローミッドに深みと柔らかみのある音が好みなのですが、こればかりはそのメーカーのその製品シリーズの音があるので、良い悪いではなくて、好きか嫌いかの話になります。
 
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム