久しぶりにThunderbird以外のベースのエントリーです。山口県宇部市にあるギターメーカーのプロビジョンギターに64Thunderbird reversをフレット打ち替えの為に持ち込んだ際に、それ以前にフレット磨り合せ依頼に出していたFender 61JBが仕上がっていたので持ち帰りました。

IMG_2678.jpg


 この61JBは十数年前に入手した時に別のショップで指板矯正とフレット打ち替えを行っていました。その後、それ程使用頻度は高くはなかったのですが、ローポジのフレットの減りが早くて、特に2弦3フレット(F)辺りを弾くとバズ音が気になってきたのでした。

IMG_2680.jpg 所有ベースの中でフレットの減りが気になるものは他に無くて、この61JBだけなのですが、やはり“本妻”のベースですのでここはちゃんとフレット調整をしておきたかったのです。


IMG_2684.jpg リペア前の画像は無いのですが、フレット磨り合せ後にはやはりプロの仕事ですね、かなり減っていたローポジのフレットは綺麗な山形に整形されていて、アンプに繋いでの出音チェックでは不快なバズ音は無くなり、心地良いジャズベの音が聞こえてきます。これまではバズ音が気になって強く弦を弾く事ができなかったのですが、リペア後は思いのままにベースラインにダイナミクスを付けられます。


 使用頻度が低いのにフレットの減りが早いという事は、フレットの材質が柔らかいという事です。感覚で述べると手持ちのベースで最もフレットが柔らかく感じます。以前の打ち替え時にはショップから「Fender純正のヴィンテージシリーズ用のフレットを使う」と聞いていました。この柔らかめで細身のフレットと厚いスラブ指板とが相まって、このベースの“ハイがきつくなく、ローが膨らんでいる”音色のネックの側の要因となっている感がします。

IMG_2688.jpg ネックといえば、このネック裏の“トラ目”が密かな自慢だったりもします(笑) “トラ目”は木材の部分密度の違いによってそう見えるので、強度的には不利と言われています。実際にこの61JBも十数年前の入手時に指板矯正(ハイポジ起き矯正)を行っていますが、その後のネックは安定しています。今回フレット摺合せを行ったので、今後しばらくはメンテナンスフリーとなる事でしょう。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム