IMG_2489.jpg 組み終ったサーキットを厚紙から外し、Thunderbird Ⅱのコントロールキャビティー内に取付けて、2つのピックアップからのシールド線とブリッジアンカーからのアース線を繋ぎました。Thunderbird Ⅱのコントロールキャビティーのザグリ形状はⅣと同様なので、増設したポット軸の穴開けとリアピックアップからの配線用穴開けの2箇所以外は無加工で、全てのサーキットが収まっています。


 コントロールキャビティー内のシルバーの塗装はテスターで調べると導電塗料でした。ただしあまり厚い塗装ではないので、箇所によっては導通不良もありました。新設のリアヴォリュームポットの端子下には、他のポットと同様に黒のビニールテープを絶縁の為に貼り付けています。

IMG_2494.jpg 今一度、サーキットのパーツを確認します。フロントヴォリュームポットの刻印は137 64??(137=CTS社 64年第??週製造)。抵抗値500kΩ。


IMG_2500.jpg 増設のリアヴォリュームポットは137 6428(CTS社 64年第28週製造)。抵抗値500kΩ。


IMG_2502.jpg トーンポットは??4 6426(??4≒304=スタックポール社 64年第26週製造)でリアヴォリュームポットと2週の製造週違い。抵抗値250kΩ。


 となり、3つのポットの製造時期は見事にマッチングしています。このサーキットを一瞥しただけでⅣのものではないと判断できる人はいないと断言します!(笑)

 ハンダはポットに残ったものを極力そのまま使用して、足らずをKester44で補っています。今回のハンダ付け用に120W(板金用)のハンダ鏝を新たに購入して使用しました。これまでの手持ちの40Wや60Wの鏝だとポットハウジングのハンダ付けの際に、熱量がハウジングに吸収されてハンダが冷えてベタッとしたハンダ盛りにしかならなかったので、高熱量のハンダ鏝で一気にハンダ付けを行ってヴィンテージ風のモコっとした山盛りハンダとしたかったのです。

 ただし端子へのハンダ付けにはこれまでの40Wの鏝を使い、熱による配線材の劣化を防止しています。ハンダ付け後にはハンダと新品のスズメッキ線にワイヤーブラシを掛けてキラキラの艶を抑えています。

IMG_2503.jpg コンデンサーはⅡのオリジナルのセラミックをそのまま使用しています。0.02μFが2個並列に取付いています。他のThunderbirdでは0.047μFが1個の使用が多いようです。表記通りの0.02μFが2個の並列では容量計が計算値で0.04μFになるのですが、テスターで測定するとコンデンサーの個体差により、容量計が0.048μFでした。結果オーライというやつです(笑)。


IMG_2560.jpg ボディートップの画像です。増設したリアヴォリュームツマミはその⑤で述べたように、フロントヴォリュームとトーンツマミのセンターから少しトーンツマミ寄りに位置しています。そのリアヴォリュームツマミはこれもe-Bayで入手した60年代前期のものです。増設した64年製のポットにはツマミの位置を示すポインターが付属していたので、ツマミ廻りもすべて“当時の物”です。


 フロントと増設したリアヴォリュームのポットは同じCTS社製で製造年も同年という事でツマミを回した際のザラッとした抵抗感は同じです。これと比べるとメーカー違い(スタックポール社)のトーンポットのツマミはもっとツルッと回る感じです。ブラインドテストで各ツマミを触ってもⅣだと言えますね(笑)
スポンサーサイト
コメント
原田さん

リバースとノンリバの記事が混在していますので、分かり難いですね(汗)
又のコメントをお待ちしています。
あー!すいません!
完全にノンリバだと思って読み進めてました・・・

申し訳ないです。
原田さん

そうですか。原田さんのお持ちのⅣのリア・ヴォリュームはフロント寄りなのですね。
私が数多くストックしているヴィンテージのリバースⅣの画像では、全てリア寄りでした。
コピーモデルのESPもそうです。
個体差があるのでしょうか?
ノンリバはフロント寄りですけど・・・。

ともあれ、私の記事の内容はどこかのコピペではなくて、全て自分なりに調べた知識なので、気になった点は遠慮無くご指摘ください。

blogでお付き合いのあるサイハテさんがblogを再開されました。
こちらにも濃いThunderbirdのエントリーがあります。
ご覧ください。

http://saihate69.blog.fc2.com/
コメントへの返信、ありがとうございます!


Thunderbirdの記事はなかなか見つからないので、全て楽しく拝見させて頂いてます。


1つ気になってしまったのですが・・・

言うべきか迷いましたが、リアボリュームのツマミの位置に関してです。

実は、トーン寄りではなく、フロントツマミ寄りなのです。

そうすると、そのスペースにシールドが通り、ツマミが邪魔にならない意図があるそうです。

自分のⅣも同じくで、後から気づきました。

とは言っても、ほんの僅かな差なので、あまり変わりませんが(笑)
すわべさん

完成度、高いでしょ?(笑)

銀ベースの導電塗料ですか?
さすが、Gibson、お高いのを使ってらっしゃる。

Kester44、私も作業性の良さからこればかり使っています。

100W級のハンダコテはポットハウジングへのハンダ付けの際はとても重宝します。
一瞬でハンダ付けが終了するので、熱害も少ないと思います。
写真で見る限り、Ⅳ以外には見えませんね(喜)

>キャビティー内のシルバーの塗装

銀ベースの導電塗料でしょうか?
導電塗料では最高級ですが、値段も最高級なんですよね(汗)
昔のアレンビック(今はどうか知らない)のキャビティ内が銀ベースの導電塗料でした。

>Kester44

私も愛用しております。
もっとも、音がどうとか言う理由では無く「使いやすいから」と言う理由でして。
今の鉛フリーはんだは溶融温度が高いので微妙に使いにくい気がするのです。

100W級のハンダゴテは1本あると良いですね!
熱に弱い電子部品用に15~20Wも用意していましたが、大抵は30W一本でやってしまっています。
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム