長期のリペア入院から戻ってきた64Thunderbird Ⅱ reversですが、ここからは私がゆっくりと時間を掛けて好みのベース(=Thunderbird Ⅳ)に仕上げていきます。

IMG_2357.jpg 新規パーツの入手に時間が掛かっているので、先ずはヘッド廻りに手を加えました。オリジナルのペグを軽量ペグへと交換したのです。Thunderbirdと言えば弾き辛いというイメージがあるのですが、それは重たいヘッドが演奏中に下がってくる事(ヘッド落ち)が大きな要因になっています。これを防ぐにはやはりペグの軽量化しかありません。


 手持ちでGotohの軽量ペグGBR640がありました。すこしエイジド加工されているもので、この64Thunderbirdにルックス的にもマッチングしそうでしたが、取付け前に少しの追加加工が必要でした。GBR640はヴィンテージFenderに使われているクルーソンペグの軽量ヴァージョンなのですが、以前のblogでエントリーしたように64年頃にペグのベースプレートの仕様が変更となり、取付けビス4本の内のボディー側2本のピッチが広くなっています。そして63年に生産開始されたThunderbirdは当初よりこの仕様変更後のペグが使われているのです。

IMG_2361a.jpg オリジナルのペグをGBR640に交換しようとすると、2本のペグ取付けビスを斜めにネジ込む、ヘッド裏のビス穴を埋め木して新たな穴を開ける等の対応が必要となるのですが、ヴィンテージのThunderbirdに加工を行うのは避けたかったので(ボディーにピックアップザグリを行っていますが・・・笑)、GBR640のペグプレートのビス穴を長穴に加工しました。


IMG_2366_201605301833379b3.jpg GBR640を取付けしました。


IMG_2523.jpg 1mm程の長穴加工だったので、穴はビス頭の膨らみに隠れて表面には出ていません。


 リヴァース~ノン・リヴァース期のオリジナルのペグのウォームギア固定ビス頭はマイナスドライバー用なのですが、GBR640のビス頭はプラスドライバー用です。これについてはミリ規格のマイナス頭のリプレースメントビスが無いのでこのままとなります。

 軽量するとおよそペグ1個分の95gが軽くなっていて、ヘッド落ち具合はかなり減少しています。軽量ヘッドに交換すると、出音が明るく広がりを持ったものに変わる傾向があり、このThunderbirdでもそのようになったのですが、ハムバッキング・ピックアップという事もあって、音が軽薄になったようには感じられなかったです。

IMG_2367.jpg ペグの交換の際はヘッド廻りの塗装にコンパウンド掛けをして艶を出しています。トラスロッド・ナットを一旦取り外して、ナットや固定プレートの塗料カスや汚れを落としているので、ナットの回転はとてもスムースです。


 以上で演奏性は随分と向上しました。次回からはボディー廻りに手を加えていきます。
スポンサーサイト
コメント
すわべさん

ブッシュまでGotohに換える気はなかったので、オリジナルです。
Thunderbirdのオリジナルのブッシュの縁の径はFenderタイプよりも小さいので、ヘッド表面の見てくれが変わるのも避けたかったので・・・。

他のベースのペグに付いていたマイナス頭のビスを持っているのですが、これはユニクロメッキなので使えなかったです(汗)。

Gotohに私からの追加リクエストです。ポストの頭を丸めたらクロームメッキを施していただきたい。更にプレートのビス穴2箇所を長穴にしていただけたらパーフェクトですね(笑)。
これは綺麗に収まっていますね!
もしかしてブッシュはオリジナルの物ですか?

>ミリ規格のマイナス頭のリプレースメントビスが無い

インチサイズならモントルー辺りからリプレイス用が出ていたと記憶していますが、メートルサイズだと無いんですよねぇ、ニーズは有ると思うのですが(笑)
GOTOHさんには是非マイナスネジ仕様のオプションも検討して欲しいと思っています。
同時にポスト軸先端の角を丸めて欲しい!そしたら改めて買い直します(笑)
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム