私がこれまで入手したThunderbirdの77建国記念や68ノンリヴァースと同じ難点をこの64リヴァースも持っていました。それはネックです。ネックの状態については自分でも常々神経質過ぎると感じていて、旧いベースに対しては評価の基準を下げなければと思いつつも、このベースのネックの状態は気になるものでした。ざっくり言うとネックがS字に反っているのです。1~4フレットが順反り、5~10フレット間が逆反りの状態でした。

IMG_2342.jpg


 入手前の楽器屋での試奏の際にこの反りの事は分っており、ネックリペアすることを前提に購入していたので、入手の1週間後には山口県宇部市のプロビジョン・ギターに入院させていたのでした。

 入院した後のショップからの診断結果と治療方法の報告は「ヒーティングによる塗装ダメージを避ける為にS字に曲がったネックを専用の矯正器具に固定して時間を掛けて矯正していく。これまでの経験でいうと半年から1年間は掛かる」との事でした。50年以上の経年で狂ったネックが一朝一夕で元に戻る筈がないのは理解できるので、この治療方法に納得して長期入院となった次第です。

 ほぼ一年が経過した頃にショップから連絡があり、「ネックは完璧とまではいかないが、元よりは状態が良くなった。完璧を求めるのなら、フレット打替えと指板矯正を行う必要があるが、とりあえずフレット磨り合せで対応してみる。」との事でした。指板矯正は不可逆的作業となるので、フレット磨り合せでの対応をお願いした私です。

IMG_2352_20160525183806424.jpg それから少し経過して「仕上がりました。」との連絡があり引き取った後、しばらくの間は自宅にてネックの状況をチェックしていました。入院前よりはS字の反り具合が収まり、弦を張りっぱなしにしていても反りの変化は無いようです。


IMG_2350.jpg 肝心の弾き心地ですが、好みの弦高(4弦12Fで2.5mm)ではやはり5F辺りでバズが出ていて、弦の振動を阻害している感がありました。バンドの中では気にならないが、自宅で弾くと気になるというレベルではあるのですが・・・。


 私がこのヴィンテージのThunderbirdを好きな要因のトップは、ホンジェラス・マホガニー材のボディー&ネックの“鳴り”具合なのです。あたかもアコースティックギターを弾いているように弦&ボディーが揺れて、とてもダイナミクスを付け易くて、弾いていて心地良いのです。この感覚は76年の建国記念モデルを含めて他のThunderbirdでは味わえないものです。

 そのようにダイナミクスを付けようと弦を強く弾くと、この64 Thunderbirdではバズが出る状態でした。いずれはフレット打替えと指板矯正が必要と思われるのですが、しばらくはこのままで様子を見る事にします。これからの暑い夏でネックがどう変化するのかもチェックしたいので・・・。
スポンサーサイト
コメント
minimiさん

コメントをありがとうございます。

1ピックアップのThunderbirdは、独自のルックスと男気溢れる出音となりますね。

Gibsonのヴンテージ以外となると、同じくGibsonの再生産モデルで1PUがあるのですが生産本数が極小で滅多に出てきませんし、出たとしても高価になります。

狙い目としたら、Grecoの1PUモデルがたまにヤフオクに出品されているのでチェックされたら如何でしょうか?

他のメーカーのトーカイやフェルナンデスもTBモデルを生産していたのですが、1PUモデルがあるのかは知識が無くて分りません。

もしくは、ギターメーカーにオーダーするのも一手かもしれません。山口県宇部市のプロビジョン・ギターはTBモデルの製造に対応してくれるはずです。

以上、はっきりとした返答にならずに申し訳ありません。又のコメントをお願いします。
1ピックアップのサンダーバード
初めて書き込みさせて頂きます。
1ピックアップタイプのTBの全体的スタイルが大好きで、聴いてるバンドのベーシストが所有してると言う事で、以前から欲しいな〜と考えてました。

本来ならGibsonのTBが欲しいのですが、レプリカで、1ピックアップタイプのサンダーバードっていうのは存在するのでしょうか?

色々調べてたのですが調べてもイマイチわかりません…
ならば、サンダーバードを愛してる方なら知っておられるかと思い重わ書き込みさせて頂きました。
宜しければ教えてくださいます様お願い致します。
けんごさん

そうですか、スペクターもスルーネックなので、一旦狂いが出ると調整し辛いですね。
私の場合はこれまでのヴィンテージThunderbirdが2本共同じ症状でしたので、当然の如くにリペアに出しています。
症状は軽くなっても本質的に全快とはならないので、近い将来にもっと踏み込んだ治療が必要になると思います。

Markbassのヘッドはベースアンプ然とした出音で私は気に入っています。
けんごさんは歪みっぽいサウンドが好みのようですが、気に入った出音となればよいですね。
同じ症状です
私の1997年製チェコ産スペクターも、S字反り発生してしまっております。リペアに出したところ、同内容の提案をいただきました。
当座はトラスロッド調整とフレット磨り合せでしのぐことにしました。
ネックにグラファイトバーも入っているモデルなのですが、万能ではなかったのですね〜。日本の気候のせいもあるかもしれませんね。

…それはそれとして、Little Mark Rocker 500 も入手してしまいました! 250 + Tube Marker と較べてどちらか残す心算ですw
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム