以下の画像は64Thunderbird Ⅱを1年前に入手した際のものです。

IMG_9821.jpg


IMG_9824.jpg パーツは全てオリジナルで、ピックアップ&ブリッジフェンスも付属していたのは嬉しい点です。このフェンス類を新たに探すのは大変ですから・・・。ピックガードに掛けがあるのはヴィンテージである証しです。


IMG_9844.jpg ボディー表のピックアップ付近やネックエンド部の指板は長年親指を固定していた為に爪で木材がえぐれてエクボになっています。前オーナーは指弾きだったのですね。ボディートップに波打つウェザークラックが見えます。


IMG_9837.jpg ボディー裏には1箇所に集中してバックル傷が付いています。一人のオーナーが長く弾き続けてきた事の証しです。


IMG_9840a.jpg ペグの動作はスムースで、トラスロッド・ナットもきつくなくスムースに左右に回せます。60年代の全てのThunderbirdのペグのウォームギア固定ビス頭はマイナスドライバー対応となっています。


IMG_9846.jpg サーキットもオリジナルで、ポットの刻印から64年の生産と分り、ヘッド裏にあるシリアル・ナンバーから読み取れる製造年とマッチングしています。ポット、ジャックにガリ等は無くて、今後もこのままで問題無しに使用できそうです。


 ここまでのチェックでは、年式相応にワン・オーナーが弾き込んでこられて、当時のホンジェラス・マホガニー材でしか得られないであろうボディー&ネック鳴りが心地良い反応を示す好ベースといった評価になるのですが、この64Thunderbird Ⅱには唯一の難点がありました。それについては次回に・・・。
スポンサーサイト
コメント
shinmei_tさん

無事(?)にⅣ化できたらshinmei_tさんもお持ちのノンリバとの音の違いのレポをしようと思います。


サイハテさん

ウチの子は、写真写りは良いのですが、ネックの病持ちでした(汗)。
かなりのコダワリを持ってボチボチとやっていきますので、ゆっくりとお付き合いください。
いい姿です。これからの展開が楽しみです!
状態良いですねぇ。
僕のリバースはボロボロですから(汗)
今後の展開が気になります。
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム