こちらと、こちらに続く、「雑誌に載った私のベース」シリーズ 第三弾です。そんなシリーズがあったの?という話ですが・・・(笑)



BON Babybass 1 古~いベース・マガジンをめくっていたら、1996年1月号に米米CLUBのベーシスト&リーダーの大久保“BON”謙作氏のベースコレクションの紹介記事がありました。その何本かのベースコレクションの最後に掲載されていたAmpeg Baby bassが、現在は私の手元にあるのです。

 私はこのBaby bassを2年半前に東京の某○○○センターで購入したのですが、その時の店長さんで今は独立されてギターショップBarchie’sのオーナーの千葉さんとやりとりをした際に「このベースは大久保氏の放出品」と聞いていました。


 掲載されていたもう一枚の画像がこちらです。

Bon Babybass 2


 これと下の私の持っているBaby Bassの画像とを見比べると、指板にオリジナルには無くて後加工で埋め込まれたポジション・マークが見えるので同一のベースだという事がわかります。

IMG_2209.jpg




 掲載されていたコメントはこちらです。

AMPEG
BABY BASS STUDIO BASSISTS

●ボディー:ユーヴェックス ●ネック:メイプル ●指板:エボニー ●ジョイント:デタッチャブル ●PU:ミステリー・ピックアップ ●コントロール:ヴォリューム、トーン

 初期型のベイビー・ベース。改造点は、アルミニウムの骨組みで構成されるブリッジの穴のうち、ふたつが埋められていること、指板上にポジション・マークが書き加えられたこと。これによって音ヌケが良く、ピッチがとりやすくなったそうだ。ポジション・マークからは、指板が26F相当の長さを持っていることがわかる。最近はほとんど弾くことがなくなり、インテリアになりつつあるため、買いたい人はベース・マガジンに手紙を!などと語っていた。



 コメントには初めて知った情報もあります。これまでBB-4と思っていた機種名が“BABY BASS STUDIO BASSISTS”となっています。合成樹脂のボディー材質名は“ユーヴェックス”というのですね。指板が“エボニー”というのは明らかにローズウッドの間違いです(汗)。“指板上にポジション・マークが書き加えられた”とあるのも、実際は円柱型の樹脂が指板に開けられた穴に埋め込まれています。

 デフォルトの金属ブリッジの空隙に鉛板をはめているのは、不必要な残響感を軽減する為の工夫のようです。私が入手時には木製のブリッジに交換されて、この金属ブリッジは付属品としてだったのですが鉛板は外されていました。

 私が入手した後のチェックでは、ペグ交換、ピックアップ以外のパッシブサーキットの交換、デタッチャブルネックの固定、ブリッジへのピエゾ・ピックアップの取付等々のモディファイがなされていたのが分っています。

 このように大久保氏の手元にある間は出音の向上を図られていたようですが、どうも良い結果とはならなかったみたいです。「最近はほとんど弾くことがなくなり、インテリアになりつつあるため、買いたい人はベース・マガジンに手紙を!」と記されているのですが、誰からも反応がなかったのか(?)、1996年以降も大久保氏が所有されてきて、2014年に某○○○センターに委託販売に出されたものを私が入手したという経緯となります。

 インテリアになっていた証拠(?)に私が入手した際はクリーニングもされておらず、リペア前提での商品でした。おかげでお安く入手できているのですが・・・(笑)。その後のリペア奮闘記はこのblog読者の方々はご存じの通りです。そのリペア奮闘記のおそらくは最終稿となるであろうと思われるモディファイを行ったので、次回にエントリーアップします。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム