入手して3ヶ月が過ぎ、なかなかの仕上がりとなってきた感がするBV-Ⅴ 2号機ですが、完全仕上がりとなる(おそらくは)最終のモディファイを行いました。モディファイと言ってもこの2号機にはオリジナリティーを損なう不可逆的な加工は一切行わないと入手時に決めているので、ちょっとした味付け程度のものなのですが・・・。

 1弦と5弦のアンプからの出音を同音量とすべくピックアップの高さ調整を行っているのですが、その調整後に細かくチェックすると2弦と4弦の出音が他の3弦のものよりも少し小さく聞こえました。弦毎の音量調整はピックアップの高さ調整では行なえないので、このような時に私が行う調整方で対応しました。

IMG_2030.jpg フロントピックアップの2弦と4弦に対応する各2個のポールピースの高音弦側のみに薄くスライスしたマグネット(スライス磁石)を貼り付けしました。何種類かの厚みでスライス磁石を作っているのですが、その内で最も薄い磁石(0.5mm厚程度)で各弦の出音量が揃っています。


 各弦の出音量が揃うとプレイ中のストレスが格段に減少します。これまでは弦を弾く際に意識しなくとも「この弦は強く、この弦は弱く弾く」と脳からの指令で指の力をコントロールしていたのですから。

IMG_2029.jpg スライス磁石はポールピースの高音弦側に貼り付けているので、指弾きの際に指先がスライス磁石に触れる事はありません。貼り付けは極少量の瞬間接着剤を使用していて、不要ならば取り外しも簡単です。又、リアピックアップへは不要と感じたので貼り付けしていません。




 そしてもう一点なのですが、このBV-Ⅴ 2号機は出音の立ち上がりがとても速くて、高音域が少し嫌味に感じる程でした。これまではEQのハイを絞って対応をしてきたのですが、何か他の策は無いかな?と考えた時に部品箱に眠っているアイテムを思い出しました。

 それはこちらSwing Chipです。メーカーの商品説明に「楽器の指定箇所に貼附するだけで、楽器の共鳴振動が適正化され楽器自体の演奏性能が向上し、音にパワーと方向性が与えられます。」とあるのですが、BV-Ⅴ 2号機とのマッチングは如何に?という事で、チャレンジしてみました。

IMG_2042.jpg メーカー指定の貼附箇所はベースの場合ブリッジ、ボディートップ、そしてネックヘッドとなっています。指で振動具合を確認するとこのBV-Ⅴ 2号機のブリッジやボディー部ではほとんど振動を感じなかったので、振動の大きいヘッド周辺が効果大と考えて、先ずは1弦ペグ付近への貼附を検討したのですが、最終的に最も揺れの大きかったヘッドトップ付近の裏側に貼附しました。


IMG_2039.jpg アンプからの出音をチェックすると、これまでの特に1弦をプルした際のキンキンとした音が少し減少し、低音弦は芯を残しつつも円やかになり、全体的に角張ったイメージの出音だったのが和らいだものに変わっています。


 以前に貼附してチェックした他のベースでは低域のブルブル感が収まりスッキリとした出音となっていたのですが、今回は逆の結果となっています。これがメーカーの言う「楽器の共鳴振動が適正化され・・・」という事なのでしょうか?結果は異なったのですがチェックした2本共に出音から嫌味な成分が減少したのは事実です。

 Swing Chipの効果を洗髪で例えるならば、髪の表面に保護膜を作ってすべりを良くするリンスと言うよりも、髪の内部に浸透して状態を整えるトリートメントとなるのですが(この違い、分かります?笑)、効能書きはともかく有ると無いとではやはり出音に差があったSwing Chipでした。



 うーん、これでBV-Ⅴ 2号機は完成ですかね?もうやるべき事が無くなりましたし・・・(笑)

IMG_1792.jpg
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム