スラップは多用しない私ですが、参加するバンドでスラッププレイする曲があります。その際にはピックガード無しのボディーと1弦の隙間が大きい為に指が入り込み過ぎて具合が悪いです。以下、赤ばかりの画像で見辛くて申し訳ありません(汗)。

IMG_1797.jpg そこで、3mm厚のアクリルクリアー板を加工してピックガードを自作しました。1号機でも作っているので要領を得てはいたのですが、電動ルーターやトリマーは持っておらず、完全手加工なので休日の丸一日加工に費やしました(汗)。


IMG_1808.jpg 指板エンドはスロープになっているので、ピックガード裏側をスロープに合わせて削っています。この箇所は手加工で現物合わせをしないと対応できない形状です。


IMG_1810.jpg ボディーへの新たな穴開けは避けたかったので、既存のピックアップ取付けビスの内の2本を利用してボディーに固定しています。ピッチの近い2点止めなのでピックガードのズレが気になるところですが、スラップ時はピックガードに対して垂直方向に指が当たるので、ズレは起こりません。


IMG_1812.jpg 以前に作成したBV-Ⅴ 1号機用のピックガードを2号機の指板エンド部に揃えて重ねてみました。フロントピックアップの位置がピックアップ巾の半分程異なっていて、1号機のピックアップがより低域成分を拾う位置にあるのが分ります。


2号機では弦ピッチが広くなり指板巾(=ネック巾)も変わったので、1弦ホーン部のデザインが異なります。そしてコントロールノブの位置も変更されているので、全体の大きさも変わっています。



IMG_1799.jpg こちらは5mm厚のアクリルクリアー板を加工した低音弦側のサムレストです。ピッキングポイントが増えてとても有意義なパーツです。


 サムレストの巾はピックアップ端からB弦中心線下までとしています。この巾が狭くてサムレストとB弦の間に隙間があると、親指が落ち込むのでよろしくないです。私がサムレストを作製する際は、全てこの形状です。両ピックアップ間を埋めるフィンガーランプを装着するプレイヤーがいらっしゃいますが、ガッツリ弾くタイプの私にはランプは邪魔になります。

IMG_1806.jpg 1mm厚のクリアーの両面テープを使ってサムレストをボディーに貼り付けしたのですが、リアピックアップ側ではテープを2枚重ねにして、ピックアップの高さとサムレストの天端をほぼ揃えているので、親指を移動する際に引っ掛かりが無くてスムースです。




IMG_1796.jpg ピックガード、サムレスト共にアクリルクリアー板を使っているので、“近付いてよく見ると何だか後付けパーツが付いている”状態です。私の好みの状態ですね。


 今回のピックガードとサムレストの作製原価は、ホームセンターでのアクリル板購入の数百円のみです。丸一日費やした私の加工代は、加工中の楽しさからみるとゼロとするのが申し訳ないくらいです(笑)。
スポンサーサイト
コメント
けんごさん

いらっしゃいませ。コメントをありがとうございます。

私はLittle Markのヘッドを何台も入手して比較してきましたが、古い製品が何故か真空管ぽくて太い音がしています。
今、手元に残しているのは、最初期のLMKと新しめのLittle Mark Ⅲですが、LMKの方を気に入っています。

Little Mark 250を入手されたようですね。
私の持っているのは500W(4Ω)タイプで、マスターヴォリュームツマミを2.5位にしか上げられずに、音量の微調整がやり辛いです。
爆音で鳴らさない限り250W(4Ω)で充分だと思います。

Markbassのネオジウムスピーカーはローが出辛いので、ヘッドアンプの方でローを増やしているという話があります。
そのアンプ自体の太目の音が私の好みではあるのですが、以前に使っていた15インチスピーカーとの組み合わせではローがモコリ過ぎでした。
12インチスピーカーが私の好みです。ご参考程度に・・・。

又のコメントをお待ちしています。
Markbass 買いました
東京在住(松江市にも親戚あり)の40代ベーシストです。いつも楽しくブログ拝読しています。
今回のサムレスト製作も楽しそうでうらやましいですw

さて念願かなって先日、8年落ちの Little Mark 250 をついに購入できました。機種選定にあたっては、貴ブログのポストを大変参考にさせていただきました。ありがとうございます。
新しめの III の中古とも弾き比べて見たのですが、たしかに 250 のほうが太い音のように思えました。ヤレてくれているのでしょうかw
大きいキャビネットにつないだときにモコモコになりすぎないように気をつけなければw
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム