BV-Ⅴ 2号機ですが、やはり肝心なのはその出音です。基本的には歯切れの良い明るい音なのですが、入手時のピックアップ(以下PU)のセッティングでは、B弦の出音が極端に大きくて、かつ何故かB弦の振動がスムースでは無かったです。購入したショップの説明では「各弦の出力バランスは良い」との事だったのですが・・・?

 B弦の出音が大きくて振動が不整脈っぽいのはPUのB弦側が弦に近過ぎるのだろう?と考えて、低音弦側のPU取付けビスを締め込もうとしたのですが、これ以上ビスを回す事ができない状態でした。



IMG_1783.jpg そこで、PUをボディーから一旦取り外してチェックを行いました。まずはフロントPUです。ピックアップカバーは無くて、ボビンとコイルが剥き出しになっています。かろうじてコイルには保護テープが巻かれているのですが、ドライバー等の先端でコイルを傷付けないように丁寧な扱いが必要です。下側ボビンには丸い耳があって、ここにピックアップの固定用ビスを取付けします。旧いシェクターのPUに見られた取付け方法です。


IMG_1781.jpg フロントPUの裏面にはN(Neck)のシールが貼ってありました。PUキャビティー内部にはシールド処理はなされていないのですが、PU裏面のポールピースには導電塗料が塗られていて、ポールピース表面でのタッチノイズ軽減が図ってあります。


IMG_1782.jpg PUの配線はホット、コールド、アースの3本です。出力端子の足元が黄色に塗られているのがホット端子となっています。コールドとアース線はプリアンプ側で短絡してあります。1号機の入手時には2つのPUが何故か逆位相接続されていて、PUバランサーがセンターでフェイズトーンとなっていたのですが、この2号機はそうにはなっていません。




IMG_1784.jpg リアPUは入手時のチェックで低音弦側のポールピース表面でのタッチノイズが確認できたので取り外して裏面を見ると、案の定、導電塗料が薄くてムラになっている箇所があったので、導電塗料を再塗布しました。塗料の乾燥後にタッチノイズが消えたのを確認して、作業前に剥がしておいたB(Bridge)のシールを貼り戻しました。


IMG_1787.jpg          IMG_1788_20160207161901461.jpg




 この後に、両PUの低音弦側をボディーに深く沈める為に、ウレタンスポンジの低音弦側を斜めに削ぎ落して薄くし、PU取付けビス穴をドリルで深くし、更にビスを締め付け過ぎてボディー裏面に貫通しないようにと、これまでよりも5mm短いビスを用意して、PUを取付けしました。

 フロント、リアPU共に求める位置まで低音弦側をボディーに沈めた効果は明らかでした。大き過ぎたB弦の出音が小さくなって、高域弦側とのバランスが良くなっています。そしてこれまではポールピースの磁力に引っ張られてウォ~ン・ウォ~ンと不整脈的に揺れていたB弦の振れ具合はタイトでスムースなものになっています。

 ポールピースを見ると通常のJBタイプよりも太くて、ダンカンでいうとSJB-2位の太さだったので、ポールピースにドライバーを近づけて磁力の強さのチェックを行うと、通常のJBタイプのPUよりも明らかに強い磁力を感じました。1号機のフレットをTUNE にてPlek調整した際にも、リペアーマンから「このPUは低くセッティングしたほうが良い」とアドバイスをいただいています。2号機のPUのポールピースも強い磁力の仕様なのですね。

 そしてこの調整後にはリアPUの特に高音弦の音色が耳に痛くなくなり、フロントPUとの混ざり具合が良好になっています。私はPUバランサーでの音量ミックスが嫌いなので、いつもこのようにPUの高さ調整でミックス具合を決めています。PUバランサーならセンターポジション、2ヴォリュームならフルアップ状態で使うのが好みです。

IMG_1723_2016020716242508f.jpg


 以上のセッティングを行ってやっと各弦がバランス良い出力で、かつ弦振動がスムースになりました。という事は、これまでのオーナーはこの良好な出音を味わっていなかったという事にもなります。この2号機の入手時には少ない使用感で程度良好だったのですが、メーカー出荷時のセッティングでは満足できる出音とならなかった為に、これまでのオーナーがあまり積極的に弾き込まれてこなかったのでは?と推測します。
スポンサーサイト
コメント
マチャさん

フツーのFenderならば、最終フレットを押えて、弦下まで3mm程度の高さにするのですが、このピックアップは磁力が強かったので5mmまで離しました。

これまでに身に付いたセッティングでは上手くいかない事もありますね(汗)
PUと弦の間隔は何mm・・・とか基準をあちらこちらで拝見しますが磁力によってそれぞれだな~と改めて思いますね。
最近は全くPUの高さなんて気にしてなかったけど(^_^;)
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム