今年1月に入手した“某ベース”があるのですが、入手して直ぐにショップにネック調整に出しています。その際にはショップから「前例に照らすと、このネック調整には半年~1年掛かります」と言われて、これを了承し調整依頼をしています。

 2ヵ月前に「ネック矯正が終って、これからフレット交換に取り掛かります」との連絡があったので、そろそろ出来上がるのかな?と思っているのですが、旧いベースなので「何十年も経過して狂ったネックは直ぐには治らない」と自分に言い聞かせて、ひたすら“その日”を待っています(汗)



 という事で、ネック調整に何か月も掛かっているベースの事は横に置いて、2時間のPLEK調整でネックが最良の状態になったVestax BV-5のネタが続きます(笑)

 フレットを摺り合わせして、これまで気になっていたビビリやバズ音が減少して嫌味なハイが聞こえなくなり、その結果として中低域の円やかさがアップしたBV-Ⅴです。ベース全体のコンディションが良くなったので、以前行って好結果とならなかったモディファイに再チャレンジしました。

 それは軽量ペグへの交換です。元々は重たいボディーの重量軽減の為の軽量ペグ交換だったのですが、その時点では出音に嫌味なハイ成分があったので、軽量ペグ交換後には更に明るさが加わり出音が軽くなったので、途中で元のペグに戻していたのでした。

IMG_1422.jpg こちらが元のペグで、現在は製造されていないGOTHO GB-7です。これはこれで、出音にコンプ感を感じて気に入っていました。


IMG_1423.jpg GB-7よりもペグ全体で119g軽量のGOTHO GB-540に交換しました。アンプからの出音チェックでは、低音弦のコンプ感は幾分か減少しているのですが、その反面ベース自体のレスポンスがアップして立ち上がりが軽やかになっていました。以前はこの軽やかさが“薄っぺらさ”を感じさせていたのですが、フレット調整後の現在は“キレ”を感じるようになっています。


 4弦ベースを軽量ペグ化した際はE、A弦のコンプ感が希薄になり、好みの音とはならなかった経験があるのですが、今回の5弦ベースの場合はB弦5フレット以下のポジションでフレーズがクッキリと浮上してきました。“コンプ感”と“キレ”のどちらを選ぶか?となるのですが、5弦ベースのこのBV-5では軽量ペグ交換での“キレ”を選ぶ事にしました。

 今回のフレット調整の後にはベース全体のポテンシャルがアップした感があります。(所用のついでではあったのですが)TUNEに持ち込んで、大正解の結果となっています。もっと早くやるべきでしたね(汗)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム