シャーラーのペグに交換して、ルックスは私のイメージした通りになったBaby bassですが、アンプからの出音を聞くと「あれれ?」となりました。これまでの一旦沈み込んだ後に “ポコン!”と弾んで出てくる音が、軽い“ポワ~ン”という音に変化していたのです。

 この感覚は以前経験したことがあります。ジャズベースのペグを軽量ペグへと交換した際に感じた変化と同様です。ペグ4個の重量を事前に計測していて、GB-1が351g、シャーラーが294gで、シャーラーが57g軽かったのですが、その重量差が影響しているものと考えました。ペグが軽いと、コンプ感が希薄になり、明るく軽めの出音となるのが経験上分っていますので。

IMG_1128_2015072018281967f.jpg          IMG_1126.jpg


IMG_1187_201507201828589c4.jpg その対応ですが、せっかく交換したペグを元には戻せないので、ヘッド部を重たくしようと考えて、鉛の薄板をカットした4枚の“重し”をスロッテッドヘッド内側に貼り付けしました。鉛板の重さは合計約70gで、ペグの重量差よりも大きいです。この状態でヘッドに触れながら弦を弾くと、ヘッドの揺れ具合は明らかに減少していていたのですが、アンプからの出音は変わらず“ポワ~ン”という音でした。


 そこで他の要因があるのでは?と考えて、ダイアフラム・ピックアップの振動板を交換したり、

IMG_1207.jpg          IMG_1209.jpg


IMG_1212.jpg 駒の揺れを阻害しないようにと、ウイングの隙間に差し込んだピエゾ・ピックアップを少し引き抜いたりしたのですが、出音は改善されなかったです。


 これは困りました(泣)最終的にはペグを元に戻すしかないのかな?と考えながらも元から何が変わったのかを今一度検証してみる事にして、ペグ交換の自分の記事を読み返していたら、ペグのポストの直径が変わっていた事に気付きました。

 これまで付いていたGotoh GB-1のペグポストの直径は12mm、交換したシャーラーは約9.5mmです。直径が小さい=外周が短いという事になるので、細いポストにこれまでのものをカットせずに張り戻した弦が多く巻かれていました。上の鉛薄板を取付けた際の画像で、特に3・4弦はポストに多く(5周程度)巻かれているのが分ります。そして、その3・4弦が目立ってクッキリとしない出音でした。

 これが原因では?と考え、各弦を4~5cmカットして、ポストに3周程度巻き付けました。これよりも巻きが少ないとポストとの摩擦が減って弦が緩む恐れがあります。

IMG_1214.jpg          IMG_1225.jpg


 この状態でアンプからの出音をチェックしたところ、一旦沈んでからの“ポコン!”音が復活し、アタック感は増し、音量も大きくなっていました。目から鱗が落ちるというか、耳から耳○○が取れて鼓膜に直に伝わるようなクッキリとしたベース音です!

 やはり、この巻き過ぎた弦が悪影響を及ぼしていたのですね。弦の振動がポストを揺らす際に余剰巻の部分で揺れの遊びが生じて、ペグやネックに弦振動がダイレクトに伝わらなかったものと思われます。

 Baby basのプラスティック製ボディー内部にはハウリング防止の為の発砲ウレタンが充填してあるので箱鳴りは一切しなくて、他のアコースティックベースのようにボディーの鳴りが出音に直結しません。それ故にボディーに取り付けられているパーツの振動具合が出音に大きく影響する事が実感できた今回のペグ交換でした。
スポンサーサイト
コメント
すわべさん

コメントの内容、全てに同感です(笑)

Vestaxの5弦のペグを軽量に替えていたのですが、やはりコンプ感が乏しかったので元に戻しました(汗)

>と思い悩んでいるうちに変わってしまった音が当たり前になってしまいました(笑)
そうですよね。好みの音は変わるので、自分の中での対応も大変です。終わりの無い対応となりそうですが・・・(汗)

ポストに巻く量もその都度変わっているのですが、多けりゃ良いというのが間違いなのがやっと分ってきた次第です(笑)
微妙なバランスの差が大きな変化に繋がる事は良くありますよね。
ペグの軽量化は確かに変わります。
私所有の65'PBのペグをGOTOHに交換した際は、まさに「コンプ感が希薄になり、明るく軽めの出音」となり、無意識にタッチが変わってしまいン十年ぶりに右手指先に豆を作ってしまいました(笑)

FATFINGERを試したりもしたのですが、期待したほどの効果は無く、かと言って重くし過ぎるとまたバランスが狂うし・・・
と思い悩んでいるうちに変わってしまった音が当たり前になってしまいました(笑)

ポストに巻く量を多くしてナット~ポスト間の角度を稼ぐのは、Fenderタイプの場合3弦でこの間が鳴らない程度でOKだと感じます。
(あまり浅いと解放弦を鳴らした時に鳴ってしまうので)
以前は確実に3巻き以上巻いていましたが、今では2巻き~2巻き半程度で充分かな?としています。
オアシス地球さん

記事は1回なのですが、実際はあれこれと対処しながら二十日間くらい悩みました。
その間、何度ペグを戻そうと考えたことか・・・(汗)
でも色んな対処策を考えた事で、セッティングの引き出しが増えたのも事実です。
ペグ交換一つで、十分に楽しむことができました(笑)


まんじクン

ウッドベースでは緩み防止の為に一周巻いた弦を跨いで巻き付けるので、少な目の巻き数ではあまり綺麗に見えません。多目に巻く方が見た目には綺麗ですね。
しかし、音を優先するなら少な目の巻き方を試してみてください。私の場合にはダイレクト感が明らかに増したので・・・。

あっ、それとウッド使いのまんじクンにアドバイスです。
記事にはしていないのですが、テールピース裏に鉛板を貼ったら音がタイトになりました。
出音がファット過ぎると感じるケースがあれば、やってみてはいかがでしょうか?


宮さん

エレベでは、私はこれまでペグポストに弦を多目に巻き、ナットからヘッドにかけて角度を付けて、テンション感アップを図っていたのですが、こちらも多ければ良いというものではないと思うようになりました。
エレベでも巻き数を見直ししてみます。
サスガです。 私なら、泣く泣くペグを元に戻して、無かったことにするでしょう(笑)
ほっほー!!!
そりゃ早速巻き数の実験をしてみんといけませんね♪

なんと無くキレイに何回も巻いてあるとキチンとしとる感があって気持ち良いですが♪
うーん、いつもながら、お見事です。
参考になります!(^^)
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム