IMG_1122.jpg 1年以上探し求めていて、やっと入手できたシャーラーのヴィンテージペグをBaby bassに取付ける事にしました。


IMG_1053.jpg 先ずはネック取付け部にあるアルミのピンに丸棒をあてがってハンマーで叩き、ピンを抜き取ってボディーからネックを外して、これまで取付いていたGotohのペグGB-1を外しました。


IMG_1123a.jpg GB-1と、オリジナルのスタイルに戻そうとしているシャーラーのペグと、大きさを比較しました。シャーラーはかなり小振りとなります。


IMG_1057.jpg これまでのGB-1のペグポスト(直径12mm ミリ規格)はシャーラーのポスト(直径約9.5mm インチ規格)よりも太く、ポストを差し込む穴が拡大されていたので、12mmφの丸棒をカットして、


IMG_1094.jpg 埋め木しました。スロッテッドヘッドのセンターの部分にあるポスト穴も同様に埋め木しています。ペグプレートの取付けビス穴も爪楊枝で埋めています。


IMG_1101.jpg シャーラーのペグプレートの裏側にはペグシャフト受けの爪が飛び出していて、これを逃げる穴が彫り込まれているのですが、穴の位置が元々ずれていたので彫刻刀で彫り直ししています。


IMG_1118_2015071319462261b.jpg 新たに取付けるシャーラーのペグのポストの穴を開けました。本来はインチ規格のドリルを使うべきなのでしょうが、現物合わせで9mmの木工ドリルで穴を開けた後に丸棒にサンドペーパーを巻き付けて少し穴を拡大しました。10mmドリルでの開口は大き過ぎました・・・。


IMG_1119_20150713194650e08.jpg ペグを取付けるビス穴を開けた後に、白木が見える箇所はラッカーで着色しました。


 さて、これでネック側のペグ交換の準備は整ったのですが、ペグ側に加工が必要でした。続く・・・。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム