6月14日(日)、ラテンジャズバンドの熱狂楽団TAPASCONが、バンドのメンバー数名の出身高校の同窓会の懇親会で“余興”の演奏を行いました。

04 September/セプテンバー(2)


 懇親会が始まって1時間後のステージとあってお酒の入った方が多く、メンバーも予想外の大盛り上がりのステージでした。

 最前列のテーブルにいらっしゃった市長さんに落ちた楽譜を拾っていただいたり、MCの際に汗だくのメンバーの為に県議会議員さんがハンカチを差し出されたり、(たぶん生け花から抜き取られた)ひまわりをプレゼントされたり、おひねりを頂戴したりと、和気あいあいの雰囲気の中でのステージでした。



 動画を撮っていたのでYouTubeにアップしています。この日は手持ちのPA機材を持ち込んだのですが、セッティングは短時間、PAオペレーター無しで、PA調整は私がベースを弾きながらでした(汗)



 PAで拾ったのはサックス4本とピアノで、PA調整はスタジオでの練習のままでした。ビデオカメラをパーカッション前にセットしたので、パーカッションが大き目の音で録れているのですが、ステージ前のセンターでは各楽器の音量バランスは悪くはなかったと思います。

 大所帯のメンバーですので、練習ではいつも出音のバランスを気にかけているのですが、やはりこれは必要な事だなと再認識しました。私のベースアンプもいつもの音量でEQはフラットでした。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム