ここからは、金属パーツのクリーニングを行いました。パーツクリーナー、コンパウンド、真鍮ワイヤーブラシ、ウエス等を使い、汚れを落として磨きをかけました。

 ペグはツマミ部のススや全体のサビ&汚れも落とし、コンパウンドで磨きました。

IMG_0966.jpg        IMG_0969.jpg


IMG_0977.jpg Fender、Klusonの刻印のあるペグカバーには小穴が開いていて、そこから内部にグリスが注入されているので、ペグの掃除にはグリスを溶かすパーツクリーナーは使用していません。


 ブリッジのサドル部は元から黒っぽくサビの被膜で覆われていたので、ピカピカとはならなかったです。(クリーニング時のブリッジの画像は撮り忘れたので、次回の仕上がりのエントリーにて公開します)

IMG_0983.jpg パーツ毎に分解して、スス落し&磨きを行ってきたのですが、全てが終ったので、ボディーへの組込みを開始しました。次回エントリーでは完全復活した63ストラトの姿をお見せします。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム