FC2ブログ
 Peavey 410TXのツィーターレベル調整用のアッテネーターのツマミを0から上げていくと、それまで無音だったのがある一点を境にポンとツィーターから音が出て来ます。そこから先はフルまでレベル調整が可能な状態です。このポンと音が出てくる箇所よりツィーターのレベルを絞りたいので、アッテネーターをバラしてチェックしてみました。

2007_1001Peavey0048.jpg      2007_1001Peavey0046.jpg

 アッテネーターを基板から外して、振ってみると中からカラカラという異音が・・・。カバーを外してみると、画像中央に写っている2mm程の球体が2つ・・・。これは何?、ボールベアリング?。良くチェックしてみると、右側のアッテネーターのベースに取付けられた抵抗(ニクロム線?)に焦げた跡が・・・。何と過大入力の際に抵抗が解けて球状になったものでした(汗)。その解けた箇所ではアッテネーターが効かなくて音が出なかったという訳です。とりあえずは何も見なかったことにして、内部を洗浄した後に蓋をした私です(笑)。

2007_1001Peavey0040.jpg

 過大な負荷が掛けられた原因により、ツィーターとアッテネーターが駄目になっていたのでした(泣)。やっぱりジャンク品でしたね・・・。とはいえ、ウーハーの出音やキャビネット部には満足しているので、今後、壊れた部品を交換しつつPeavey 410TXを使っていきたいと考えています。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム