IMG_9713.jpg Phil Jones Bassのベース用ヘッドフォンアンプBIGHEADと同メーカーのヘッドフォンH850を入手しました。


 自宅での練習の際、さすがに深夜にベースアンプを鳴らす事は出来ません。そして音源から細かなベース音を拾おうとしたら耳元でしっかりとモニターする必要があります。これまで数種類のヘッドフォンアンプを使ってはいたのですが、どれも100%満足出来るものでは無かったのと、これまで使っていたSONYのヘッドフォンが壊れたので、機材を新たにしようと考えたのでした。

IMG_9712.jpg 先ずはパッケージから出しての第一印象は、「かなりコンパクト!」でした。(寸法等の詳細はメーカーサイトで・・・)艶消しシルバーのケースには高級感も覚えます。


 チェックすべきはその中身なのですが、先ずは機能的には必要十分の内容ですね。マスターボリュームに加えてベースの入力ゲイン、トレブル・ベースのEQがコントロールできます。AUX-inからの音源に合わせての練習ができます。そしてPCのUSB端子から充電する内蔵バッテリーは、連続8時間の使用が可能なのもありがたいです。

 さて肝心なその“音”ですが、基本的にはやはりベースアンプではなくてヘッドフォンアンプなので、EQツマミがセンターの位置ではクリアーで固めの音です。私の好みは真空管アンプからの音なので、EQのベースを少しブースト、トレブルはかなりカット、そして入力ゲインを上げ目にして太さを加えました。

 これで好みの音に近付けたのですが、更に太さを加えようとすると外部のエフェクターに依存する必要があり、コンパクトな練習機器のイメージから外れるのと、あまり太さを加えるとヘッドフォンの低域の再生能力を超えてしまいかえってベースラインが分り辛くなるので、これでセッティングは終えているのですが、BIGHEADのみでの音作りで、5弦ベースのB弦やBabybassのファットなベースラインも崩れることなく聴き取れています。

 これまで使っていたSONYのヘッドフォンは壊れたのは頭に装着するパーツで、スピーカーには問題が無いので、同時購入したPhil Jones BassのヘッドフォンH850と聴き比べてみました。聞こえる音量はBIGHEADのアウトプットが同音量でも効率が良いのかSONYの方が大きかったです。音質の方はH850が低域もクリアーに聴こえてベースラインがクッキリとしていました。音源からの細かな音取りにはH850が向いています。

 H850の特筆すべき点はその良好な装着感です。違和感なく頭・耳にフィットしてくれて長時間の練習が苦になりません。これまでのSONYだと重さと圧迫を覚える装着感の為に時々はヘッドフォンを外して休憩が必要でした・・・。

 さて、今回のPhil Jones Bass BIGHEADとH850は“買い”だったのか?という点ですが、真空管アンプのような図太い出音ではないので100%好みの音とはならなかったのですが、練習用としてのベースラインの聴き取り易さというポイントにおいてはこれまで使ってきた機器の中ではベストとなります。

 少しの難点は同軸2連×2ケのツマミの動きがとても渋くて、軽量な本体を片手で押さえつけていないとツマミが回し辛いってところでしょうか?不用意に触れてもツマミが動かないというメリットもあるのですが・・・。

IMG_9719.jpg 今後はこれで練習すべく、自室のベースのケースを収めたラックの角柱にマジックテープで貼り付けしました。AUX-inへはTASCOM GT-R1からの音源を入力しています。さて、練習・練習♪
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム