PINK BONGOのライブを聴きに行った私はベーシストの高橋ゲタ夫さんの使用機材のチェックも怠らなかったです。開演前の暗い照明のステージ上に置かれた機材の画像なので、色味が悪いのですが内容は分かります。

IMG_0934.jpg 先ずはお馴染みの白のAmpeg Baby bassです。


IMG_0942.jpg エレキベースはこれもお馴染みのVestax BV-Vです。この度発売の新CDはJazzを追及したもので、Baby bassの使用頻度が多い為に今回のライブでは1曲のみでの使用でした。


IMG_0949.jpg アンプはNemesisの10インチ×2発のベースコンボNC210です。これが持込みなのかレンタルなのかは、PAオペが知り合いだったのですが聞き忘れました。アンプ上の長い箱はウッドベース用の弓のケースと思われます。今回は弓の使用は無かったです。

 2本のベースの切替え、かつBaby bassの2種類のピックアップのバランサーとしての機能を持つのはCrews Maniac Soundの3chミキサーDMA-3です。これも以前から使われています。


 床にはBaby bassの2つのピックアップからの色違いの2本のシールドが這っています。ここは私が行っている2芯シールド1本を使った方法を提案してあげたいところです(笑)



IMG_0948.jpg さて以下が、私がどうしても詳細を知りたかったBaby bassのピックアップ部の本邦初公開(?)のズームアップ画像です。デフォルトのダイアフラムピックアップに加えて駒にピエゾピックアップが取り付けられています。ピエゾピックアップからのアウトプットジャックはボディーに黒ガムテープでアバウトに貼りつけられています。


IMG_0941.jpg ダイアフラムのコントロールですが、ツマミの白マークから回し具合を判断すると、左のボリュームは右にフルアップの“10”、右のトーンは左に絞り込んで“0”となっています。これは私のセッティングと同様ですね。


IMG_0944.jpg どんなピエゾピックアップかが分らなかったので、異なるアングルで写真を撮りました。駒の上面に2つあるのは、センサーの形状から推定するとFishmanのBP-100です。センサーは駒に接着剤で貼りつけてあり、高音弦側は専用金具で押えてあります。BP-100は駒への取り付け方法如何で出音が変わります。専用金具で強く挟み込むと、よりダイレクトに弦振動がピックアップされます。高音弦側のセンサーのみの専用金具の装着は、そんな音質への追及の結果でしょうか?もしくは低音弦側の専用金具が外れて紛失しただけでしょうか?(おそらくは後者と思われます・・・笑)


 駒はデフォルトの金属製から木製に変更されてよりウッディーな出音となっています。私も木製ブリッジにしています。

 以上から、ダイアフラムピックアップでファットな成分をピエゾピックアップでハイの歯切れ成分を加えているものと思います。ミキサーでの両ピックアップのブレンド割合は分らないのですが、同様に2ピックアップを使っている私の推測では、ピエゾはあまり多くは混ざっていないと思われます。主体はやはりダイアフラムピックアップですね。

 以上の機材でのサウンドは正しくBaby bassで私が求めている物です。PAスピーカーとベースアンプからのポコン・ポコンという(妙な表現ですが)沈み込みながらも浮いてくるベース音を体で受け止めながら聴くのは、小さなCDプレイヤーからでは絶対に味わえない至福のひと時でした。
スポンサーサイト
コメント
たぬきさん

BP-100の詳細な情報をありがとうございます。

BP-100のようなピエゾピックアップの固定はやはり接着剤が一番良いですよね。
U字クリップでは挟み加減次第で音がコロッと変わりますし、両面テープではやはりダイレクト感が薄まってしまいます。

BP-100はウッドベースには良いと思いますが、私が弾くBaby bassはボディー鳴りが無いのでキンキン音しか出なくて、高域のサブとして同タイプのピエゾを計3種類試した後に今は駒のウイングの隙間に嵌めるタイプのピエゾにしています。
こちらはBP-100よりも中域に降りてきているので、Baby bassのマグネットピックアップとの混ざり具合が良いです。
ウッドベースのピックアップ、フィッシュマンBP-100に関して、
そのセンサー部分の構造から、極端な話、出力電線が出ているピエゾ素子部分が如何に駒と密着しているか?がサウンドの鍵で有ることを発見しました。
クリップ(これはこれで良く考えられてはいますが)では、この肝心のピエゾ素子部分が駒と完全には密着せず、駒の表面のカーブの関係から極僅かながら浮き上がった状態でややもすると不要な共振を起こす為に
音痩せやハウリング、十分なゲインが得られない原因となっているようです。
噂ではバービーシュワルツ氏辺りかららしいのですが、
BP-100を接着剤で貼りつける方法が裏ワザ的に伝播しています。
これにより、ピエゾ素子部分が確実に駒と機械的に合体する事となりBP-100のマイナス部分の大概は解消、改善され、
サウンドはレンジが広く太くナチュラルで、出力ゲインがアップして、全く別物に様変わり。
アンプのコントロール性やハウリングマージン等が改善されて楽になります。

取り付け場所の関係から弓はイマイチながらもも比較的大丈夫なレベルに収まります。

また、クリップはその僅かな重量がミュートに働く為レンジとゲイン関係にマイナス要因となっていますが、
考え方を変えると、ある種のフィルターですから使い方によっては有効なパーツとなります。

発体験がBP-100であれこれ格闘した末、他に長らく移行していましたが、
先日から又元のBP-100に回帰しました。
取り付けはもちろん接着剤で、特にピエゾ素子部分に留意してしっかり取り付けましたところ、素晴らしいサウンドと高い出力ゲインを得られています。
更にプリアンプは必須ですから、先日よりあわせてLRbagsのセッションアコースティックDI(サチュレーション付加機能)を咬ましてアンプに繋いでいます。
サチュレーションを適時付加すると本当に良い音に、、、
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
オアシス地球さん

Nemesisのアンプ、そうなのですね。
何度もゲタ夫さんのライブを観ましたが、これは初めてでした。
これまでは、ライブ会場で用意されていたのですね。

私もずっと以前NemesisのNC210を使っていました。
軽量なのは良いのですが、鳴らしていると、振動で勝手に移動してしまったのを思い出します(笑)

私も今夜は天童よしみさんをチェックしてから、除夜の鐘を突きに出かけます。良いお年を・・・。
Nemesisのアンプはゲタ夫さん所有の物で少なくとも18年くらいはお使いですね。

たしか昔、「必要に応じてレンタルすることもあるけど、SWRなんかだと飛ばしちゃう」と
おっしゃってました。
お店にべーアンがあると車から下ろさないことも多く、基本的にあんまり楽器にはこだわらない人ですよね。

今夜の天童よしみさん、楽しみですね。それでは良いお年を!!\(^o^)/
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム