honoo Ⅷa 12月23日クリスマス・イヴ・イブは私の本年最後の音楽活動となる“炎~生きろ Ⅻ コンサート”への出演でした。ピアノ講師の3人の“おねぇーさま”のユニット“炎~生きろの会”のバックサポートとしての参加でした。


IMG_9176.jpg この“おねぇーさま”方とはかれこれ15年くらいのお付き合いで、コンサートも12回目となります。会場となった県芸術文化センター【グラントワ】の多目的ホールは100人ほどのお客さんで満席状態となっています。いつもの事ですが、この“おねぇーさま”方の集客能力には脱帽します。


 キーボード3人の第1部の後は、バックサポートを加えた“炎~生きろのバンド”の第2部のスタートです。

IMG_9273.jpg


IMG_9284.jpg


 聴き馴染んだTVドラマのテーマソングやポップスを和やかなムードの中で演奏し、幅広い年代のお客さんに喜んでいただけた様子でした。

IMG_9235.jpg




IMG_9074.jpg 今回の私の使用機材です。Wのギタースタンドに立てているのはGodinのエレアコA4フレットレスです。先日のセットアップでディープな中にも歯切れがある出音となり、フレットレスでの音程感もクリアーとなっています。

 ベースアンプはMarkbassのコンボMini CMD121Pです。実は前日のリハには12インチ×2発のキャビを持って行ったのですが、チェックの結果低域が回り過ぎたので、当日に12インチ×1発のMini CMD121Pに取り替えしています。アンプは台の上に載せて会場への低域の廻りを抑えています。


IMG_9071.jpg もう1本のベースは61JBです。全くもってストレスフリーで弾けるベースなので、事前の練習ではFullertoneを使っていたのですが、いざ本番となるとどうしてもこれを持ち出してしまいます。


IMG_9075.jpg 足元は2本のベースの切替とチューナーの機能を併せ持つKORGのPitchblack+です。


 2本のベースの音量は、アクティヴ回路を持つGodin A4のボリュームをJB61に合わせる事でバランス取りを行っています。Godin A4の3バンドEQはセンターですが、JB61はトーンを絞り込んで耳に痛いハイを抑えています。Mini CMD121Pのトーンコントロールは全てセンターで、会場への出音は馴染みのPA屋さんに任せています。基本はいつものノンエフェクト、アンプはフルフラットです。自分の指で音色を決めるべきと思い込んでいる古~いタイプの人間ですので・・・(笑)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム