GodinのエレアコベースA4をクリスマス・イヴ・イヴのライブサポートで使おうと考えて、久々にケースから取り出しました。

IMG_8469.jpg


 そして以前から張っていたトマスティックの弦が劣化して硬くなっていたので取り換えようとした際に、前から気になっていた部分に手を加えました。

IMG_8447.jpg それはネックヘッドトップなのですが、ご覧のようにトップに吹かれたクリアラッカーが経年劣化で軟化していて、仕上げがまだらになっています。指紋が付着し、爪でもキズが付く柔らかさです。このまま放置しておくと状態は悪い方にドンドン進んでしまうので、この度、劣化の進行を止める為に手を加える事にしました。


IMG_8455.jpg 軟化したラッカートップを少し削り取れば良いので、ペグ等のパーツを外し、極細の耐水ペーパーを掛け、コンパウンドで磨きました。照明がクッキリと映り込み、ロゴマークがハッキリと見えるようになりました。塗装表面も硬くなっています。


 ヘッドトップを綺麗にした後に弦を張り替えました。これまではテンションの緩いトマスティックだったのですが、今回張ったのはテンションがきつ目のケンスミスのコンプレッサーです。案の定、ネックがかなりの順反りとなりました。トラスロッドを締め込み、ネックを極ストレートに持っていったのですが、まだ弦高は高い状態でした。

 このA4のブリッジサドルはエレアコで一般的な樹脂製のバーで、弦高を下げるにはサドルの下部を削る必要があります。実はこれまでのトマスティック弦の際もサドルを削って好みの弦高に調整していたので、更なる削り込みは避けたく思いました。

 そうすると、ネックジョイント部でのネック仕込み角度の調整となるのですが、先日61JBに施したネックポケット底部の削り込みは、次にテンションの緩い弦に換えたくなった際に不都合となるので、この方法は除外しました。

IMG_8893.jpg となると、残されたのはボディーとネックの間にスペーサーを挟む方法です。ネックを外して木製スペーサーを咬ませました。一度目ではスペーサーが厚くて弦高が低過ぎたので、スペーサーをサンドペーパーで薄くしての二度目でOKとなりました。


 私は他の所有ベースには一切ネックスペーサーを入れていません。異物が挟まる事で振動への悪影響があると考えるからです。これまで何度もチェックを行って確かめた結果での考えです。果たして、このA4においては鳴りへの影響はどうだったのでしょうか?

 アンプからの出音をチェックすると、サスティーンの減少は感じられなかったです。元々大きな箱鳴りを持っているので、薄いネックスペーサーによる悪影響は微々たるものだったという事なのでしょう。

 そしてもう1箇所、サムレストの位置を変更しました。アクリルクリアー板で自作したサムレストをこれまでは指板エンド部に取り付けていたのですが、もっと歯切れのある音となるようにボディー中央部に移動しました。ジャズベースの2つのピックアップと同様の位置です。

IMG_9007.jpg          IMG_9011.jpg


 今回のメンテにより、これまでのトマスティック弦でのモコリ気味の出音から、張りと歯切れを感じる出音となったGodin A4です。ライブサポートでは、エレベと違和感の無いキャラの使い分けが出来ると考えています。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム