IMG_8584.jpg ボディーはマホガニーに見えるのですが、調べてみるとウォルナットでした。


IMG_8589.jpg ボディー裏を良く見ると、2ピースのウォルナットがセンターで継がれているのが分ります。良質な材と感じているのですが、特に5弦側は大きな材が必要となるので、このBV-Vの製造時(80年代終わり?)はともかく、現在では入手し難い材なのでは?と思います。


 ピックアップ回路がアクティヴなので、ボディー&ネック材の出音への影響は分り難いところですが、中低域がしっかりと出ているのですが決してモコっておらずキレとパンチが感じられる出音です。


 ボディー裏の半艶消し塗装は衣服との擦れで、ところどころ艶が出ていますが、打痕などは少なくて綺麗な状態です。


IMG_8630.jpg ボディーデザインは個人的には好みです。アイ・キャッチャーになっている5弦側ホーンの“コブ”や1弦側ホーンの“逆反り”は恰好良いと感じます。


 ストラップピンは、5弦ホーン部裏側と、ボディーエンド部は中心から少し離れたところに位置しています。どちらもストラップが外れ易いので、ストラップのロックは必需です。

IMG_8635.jpg          IMG_8640.jpg


IMG_8658.jpg ボディー総重量は体重計の計測で4.9kgでした。その重量故に幅広のComfort strapを使用しています。ボディーがどっしりと重たく、小振りなヘッド、軽量ペグなので、ベースを吊った際のバランスは良好です。久しぶりに5kgに近いベースを吊ったので、左肩が凝りますが・・・(汗)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム