FC2ブログ
Archive
 blogへの投稿が途切れていました。新型コロナウイルスへの感染防止対策で、予定していたライブの中止・バンド練習の自粛や、そして例年恒例のゴールデン・ウィークの東京滞在も中止していて、blogネタが無かったのです。



IMG_3379.jpg この間マイスタジオでの個人練習は続けていたのですが、スタジオに据え置きしているMarkbassのヘッドアンプのLMKに不調が発生しました。


 その状況ですが、使用している際に突然音が出なくなったのです。そして数分後には何も無かったかのように復旧する事が何回か続いた後に、遂に復旧せずの状態になってしまいました。調べると電源フューズは切れていません。

 又、その際には電源パイロットランプが消えていて、冷却ファンも当然回転していないのですが、アンプの天板を触ると電源スイッチをオフにしない間はパワーアンプからの熱をずっと感じるという不安定な状態だったのです。

 これはもう自分ではどうにもならないので、近所の楽器屋経由で正規ディーラーのパール楽器に修理の為に送り出しました。パール楽器のテクニカルサポートでの検品後の連絡によると「電源部が故障しているのでパーツの交換が必要で、対応パーツの取り寄せは可能です。」との事だったので、内容を了解して修理を依頼しました。

 2週間後に修理があがったLMKを楽器屋に受け取りに行き、店頭で電源パイロットランプが点灯するのを確認した後に、修理代金を支払って持ち帰りました。



 その足でスタジオに直行して、気になる出音をチェックしたところ、不調以前と同様のパワフルな出音がキャビネットから聞こえてきて、一安心しました。音色をコントロールするプリアンプ部の交換では無かったので、音色の変化は感じられなかったです。

 ただ気になったのは、アンプを持って左右に振ると内部からカタカタとビスか何か小さな物が転がる音が聞こえた事です。そしてその際に「何だかアンプが軽くなったような?」とも感じていました。

IMG_3376.jpg アンプ内部で転がっているのがビスやワッシャー等の電導物だとしたらショート等への懸念があるので、これを調べようとアンプの天板を外したところ、「アッ!?」と驚いてしまいました。アンプ内部の右側1/3の空間に何も無くて、スカスカの状態だったのです。


 故障の修理の為に交換されていたのは、テクニカルサポートから聞いていた電源部のみではなくて同一基板に組み込まれているパワーアンプ部共で、しかもそのパーツはこのLMKが販売されていた2000年前期のストックパーツではなくて、現在のリプレースメントパーツだったのです。10数年を経て、同一機能のパーツがコンパクト化されて2/3の体積となっていたのでした。

IMG_3371.jpg 左は以前に写していた同個体のLMKの内部画像です。上の画像と見比べると、違いは明らかです。


IMG_3380.jpeg ネット検索すると、現行のLittle Mark Ⅲのパワー部/電源部もコンパクトになっています。


IMG_3381.jpg そして、Little Markシリーズよりもコンパクトな躯体のBig Bangのパワー部/電源部と同じだとも分かりました。


 技術の進歩で最新のBig Bangがコンパクトになったので、同等の出力:300W/8Ω、500W/4Ωの現行のLittle Mark Ⅲのパーツや、もっと古いLMKの修理対応パーツには、この最新のパワー部/電源部が使われているものと考えます。



IMG_3378.jpg コロナでの自粛前の3月に行われたライヴには不安定状態だったLMKを持ち込んでいて、いつ音が出なくなるかとひやひやしながらのステージだったのですが、修理後のLMKはパワー部/電源部は安定・安心の最新ヴァージョン、プリ部は現行Markbassのラインナップには無い2chヴァージョンという、私にとってはベストな新旧ハイブリッド・アンプとなったMarkbass LMKです。今後も長く使っていこうと考えています。


IMG_3377.jpg 気になっていたアンプ内部のカタカタ音ですが、こちらのカットされたタイラップ(結束バンド)が見つかりました。カタカタ音がしなければ「何だかアンプが軽くなったな?」程度の疑問を抱くだけで、アンプの天板を外しての内部チェックは行わなかったので、久々のblogネタを拾わせてくれたこのタイラップでした。
スポンサーサイト



プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム