FC2ブログ
Archive
 ヴィンテージのFenderのベース用ケースを入手しました。

 ヤフオク経由なのですが、出品時の商品説明は「ヴィンテージハードケースFender Jazzbass 1970年代ベース」としかなくて詳細は不明でした。しかし商品画像を見る限り状態が良さそうのと、“1円スタート”だったので他者の入札のチェックをしつつ、最終的には無事に低価格で(←ここが重要なポイント)落札できました。

 自宅に届いたケースをチェックすると、先ずはその状態の良さに驚きました。

IMG_1112.jpg         IMG_1118_20190815110251b66.jpg


 内外装に軽い経年劣化はうかがえるものの、50年前のものとしては私が別で所有するケースの中でも一番の良い状態を保っているものでした。↓アウターで最もダメージを受けやすい革製のコーナープロテクターには、少しのスレはあるものの、破れはありません。

IMG_1115.jpg         IMG_1119_201908151105219ed.jpg


 インナーは色痩せやシミが少なく、オレンジ・レッドの綺麗な発色のままです。小物入れ内部は使われた形跡がありません。

IMG_1128_20190815111050946.jpg         IMG_1129.jpg


 ハンドルの固定金具の錆が一番醜かったので、軽く錆落としを行なっています。他の金具には錆は少なくて、可動箇所はスムースに動作します。欠落したパーツもありません。


IMG_1131.jpg         IMG_1135.jpg


 商品説明での「ヴィンテージハードケースFender Jazzbass 1970年代ベース」を検証しました。製造年はケースの表面に取り付けてあるプラスチックロゴをこちらのサイトでチェックする事で判定できます。

IMG_1138_20190815111946c55.jpg Fenderロゴのrから“tail(尾)”が生えてFに戻っているデザインは1967~1971年の仕様です。1972年からはFenderロゴのrの右上に小さな®(登録商標マーク)が追加されるのですが、これはペグプレートのロゴの仕様変更と同時期です。


IMG_1125_201908151107248b3.jpg Jazzbass用というのは、ベースのエンド部が当たる箇所のパットの形で判断したのですが、収納したFulletone JBのオフセットデザインのボディーエンド部がパットにフィットしています。


 今回のケースですが、別段このベースを収納する為にといった目的は無くて、程度が良さげでお安かったという理由での入手となっています。手持ちのベースで年代的にかぶるのは68テレキャスターベースですが、そちらにはオリジナルのケースが付属しているので、このケースは不要です。

IMG_1124.jpg という事で、入手後は(ギグバッグしか持っていなかった) Fulletone JBの自宅保管用ケースとして使用しています。状態が良いので持ち運び用に使用する予定はありません。


 と記したら、このケースと同年代の頃の事を思い出しました。コンパクトで軽量のギグバッグはまだ販売されておらず、ベースの持ち運びはこのデカくて重たいハードケースに入れてが通常で、このケースを持って電車やバスに乗り込んでいました。ただ運搬は大変だったのですが、“Fender”のロゴは優越感に浸れるアイテムでした。当時はまだFender Japanは無くて、Fenderといえば全てUSA製でしたから・・・(笑)。

 それにしてもエイジド加工されたFulletone JBと、ヴィンテージハードケースの組み合わせは、収まり具合は勿論の事、見た目にもとてもマッチングしています。良いものが入手できました。
スポンサーサイト



 お盆休みの初めの8月11日にラテンバンドの熱狂楽団TAPASCONがライブイベントに参加してきました。このイベントは“2019 吉賀野外音楽フェスティバル”というもので、下の写真のように中国山脈に囲まれた山あいの町“吉賀町”の町おこし的なイベントです。町内の中学校のグランドにステージや物販のテントが設営されて、賑やかに開催されていました。

IMG_3323a.jpg


 イベントは午後3時からで、炎天下の中、多くのグループがステージをこなしていきました。

IMG_1087a.jpg         IMG_1092a.jpg


IMG_1088a.jpg         IMG_1097a.jpg


熱帯楽団TAPASCON
IMG_3331a.jpg


IMG_3330a.jpg 中国山脈に太陽が沈みかけた午後6時から熱狂楽団TAPASCONのステージが始まりました。お客さんはグランドからの放射熱でとても暑い中、聞いていただき、こちらもその熱に負けない程に熱い演奏を行いました。この町では初めてのステージだったのですが、好評をいただき、来年のイベントにもお誘いがありました。


 しかし、真夏のイベント参加は大変ですね。地元のケーブルテレビのカメラマンはずっと立ちっぱなしで、カメラを回していたのですが、私達バンドメンバーは午後2時からのリハーサルをこなした後、ステージまでの4時間は町内で知り合いがいるピアノ教室を借りて、エアコンをつけて昼寝をして体力を温存しました(笑)。



IMG_3333a.jpg この日、私が使ったベースアンプはイベント屋さんが用意したHartkeの3段スタックです。ヘッドアンプのコントロールは1Vol+3Band EQととてもシンプルで、バンドの入れ替えが短時間のこのようなイベントにおいてはセッティングがとてもし易かったです。と、言っても私はどのベーアンもEQツマミセンターで、Volツマミしか触りませんが・・・(笑)。アルミコーンのスピーカーからはとても歯切れよいベースサウンドが飛び出ていました。
 



 実はお盆の後半の8月15日にも、他の町で催される花火大会でのライブステージが予定されていたのですが、この日に当地を通過予定の台風10号の為にイベントは全て中止となりました。大きな被害が無ければよいのですが・・・。(← 追記 : 当地では何の被害も発生しなかったです)
IMG_5947b.jpg これはAmpegの専門ショップではなくて、マイ・スタジオにて2018年1月に撮った写真です。全てメーカーはAmpegで、ヘッドアンプが3台で総出力500W、スピーカーキャビネットが4台です。




IMG_9154b.jpg こちらはその一年後の今年2019年1月で、ヘッドアンプが4台で総出力760W(オール真空管)、スピーカーキャビネットが3台です。




 そして下は現在で、ヘッドアンプが6台で総出力1,560W(!)、スピーカーキャビネットが5台となっています。Ampegにこだわり続けていたら、少し(?)増え過ぎてしまいました(汗)。

IMG_0868.jpg
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム