FC2ブログ
Archive
1964-TB4-SB5__02.jpg こちらはGuitar Traders Tokyoさんのネットショップから拝借した画像なのですが、Mr.Thunderbird 廣瀬 ”Heesey” 洋一さんが放出された65Thunderbird Ⅳです。


1964-TB4-SB5__05.jpg ネットショップ内のブリッジ部の詳細画像をチェックしたら、ブリッジのスタッドアンカーの穴が開け替えられて、ブリッジが数ミリ程ネック側に移動されているのが分かりました。オクターブピッチ調整が完璧にできないヴィンテージThunderbirdのブリッジへの対処策で、プロがレコーディングやステージで使うには必要な策と言えます。


1964-TB4-SB5__08.jpg 以前、廣瀬さんの動画から指摘させていただいた事のある加工ですが、今回はズームアップ画像があるので、元のスタッドアンカーの穴に、マホガニー材で作られたコミ栓が、ボディートップの木目方向に揃えて打ち込まれている状況がよく分かります。




 私の64Thunderbirdは先般、ブリッジサドルを新規に作製することでオクターブピッチ調整の不完全さの解消策としたのですが、上記のようなスタッドアンカーの位置替えではなくてこの方法としたのには大きな理由があります。

IMG_7545_20180823153218bb3.jpg それはこちらの画像で分かるのですが、ブリッジとリア・ピックアップ間に見える真鍮プレートで作られたミュートシステム(フェルトのミュートは剝がれています)の存在です。このプレートはボディーでなくブリッジの底部の裏側に貫通した3本のビスをカシメて、かつ半田付けされて取り付けられており、一旦取り外すと復旧ができません。


IMG_7533_20180823153216042.jpg そしてそのブリッジの底に取り付けられたミュートプレートの先端はリア・ピックアップのリングに近接した状態になっているので、上述のスタッドアンカーの位置を変更してブリッジ(+ミュートプレート)をリア・ピックアップ側に寄せる加工ができないのです。


 多くのThunderbirdはこのミュートが不要とされて取り外されているのですが、私のThunderbirdにはそのまま取り付けられています。このレアと言えるミュートを温存しながら完璧なオクターブピッチ調整に対応したのが、特注サドルなのです。

IMG_7552_20180823153219ae7.jpg 以上の事を考えながら、記事のトップの画像と左の私のThunderbirdの画像を見比べたら、こちらはリア・ピックアップを増設した改造品ではあるものの、発するオーラに差は無いなと感じた私です。(ハイ、親バカです・・・汗)
スポンサーサイト



 前回に続いてのヴィンテージ・パーツの記事です。

IMG_7835.jpg 所有する68Thunderbird ノン・リヴァースについて、ずっと気になっている箇所がありました。それはヴォリューム&トーンのノブです。


IMG_7854.jpg 入手時に取付けられていたのはこちらのゴールドの通称Top Hot Knobなのですが、これはノンオリジナルのリイッシュ品で、64年のリヴァースにはマッチングしているのですが、68年のノン・リヴァースはこれではないのです。


Vintage 1967 Gibson Witch Hat Knobs 60年代後期~70年代前期のGibson製のギター&ベースの多くの機種にはこちらの通称Witch Hot Knob(日本ではソンブレロ・ノブとも呼ばれています)が標準で取り付けられていたのです。このヴィンテージの Witch Hot Knobはe-Bayで販売されているのですがなかなかの高額です。(画像もe-Bayから拝借)


 国内で入手できないものかと、上京した際に楽器店でチェックした事もあるのですが見つからなかったです。ただし先般Thunderbirdのメンテで訪問した北九州市小倉のクルースラットにはこれのVol.×2+Tone×2とVol.×2+Tone×1の2セットも在庫がありました。(私の知る範囲ですがヴィンテージパーツの在庫は国内の楽器店でここが最も多いです)しかし“ブツ”はあったもののやはり高額で、その際はThunderbirdのメンテ代金の支払いもあり購入はできなかったです(汗)。



 では、いつかは”本物”を入手するとして、リイッシュのリプレースメント・パーツは無いかと探したのですが、これが全くと言ってよいほどにありません。いや同様の商品はあるのですがフルコピー(デッドコピー)物が無いのです。

WITCHHATKNOB-68.jpg こちらの画像でヴィンテージ・ノブと現行で販売されているリイッシュのリプレースメント・ノブを並べて比較したのですが、一目でノブ頭の文字とノブの回転位置表示の数字のフォントが異なるのが分かります。


 数字の0を比較すると、ヴィンテージ・ノブはシュッとして細目なのですが、リイッシュ・ノブは横っ腹がボテッと太目です。ギタープレイ中のノブの状態確認には太目の数字が視認性に優れているのかもしれませんですが、ヴィンテージベースのパーツとしてはマッチングしないです。

 調べてみるとGibson Custom Shop製のヴィンテージタイプとされているノブも上記のリイッシュ・ノブと同じ太目数字でした。このような細やかな対応が出来ていない事も経営破綻の一因になっているのでしょうか?(← いちGibsonファンとしてのダメ出し)



IMG_7850.jpg 現行のリプレースメント・パーツの中では私が満足する品は見つからないなと諦めかけていたのですが、先日他のパーツを探そうと自室のパーツ箱の中をゴソゴソとかき混ぜていたら、箱の底から左のノブが出てきました。


 Vol.×2+Tone×2の計4個があったので、何かのギター用と思われるのですが、持っていた本人(私ですが・・・汗)にも全く記憶が無いノブでした。以前に知り合いのギターをメンテした際に取り外したパーツかもしれません。

 このノブをチェックしたところ、数字のフォントはヴィンテージ・ノブよりも太いのですが、リイッシュ・ノブよりは細くて、これら2つのノブの中間的なルックスだったので、これを68TB ノン・リヴァースに取り付ける事にしました・・・が、その際には加工が必要でした。

IMG_7838.jpg 正体不明のこのノブは国産のミリ規格で、ベース側のポットのシャフトのインチ規格とサイズが合わなかった(シャフトの径が大きくてノブの穴に入らなかった)ので、ノブの穴の径をドリルで少し拡大して取り付けしています。


IMG_7836.jpg 今回取り付けしたノブは長年パーツ箱の中に転がっていた物なのでそれなりの使用感があり、68TB ノン・リヴァースが醸し出すヴィンテージ感とマッチしてはいると思うのですが、満足感は充分とは言えません。




Gibson Witch Hat Knobs , ORIGINAL GIBSON VINTAGE NOS parts, 4 Tone knobsb 実は私の理想としている1968年のノブの仕様は、左のようなトップがゴールドプレートで数字もゴールドなのです。先日、長年探し続けてやっとの事で入手できた66JBのホワイトガードの例もあるので、ここはじっくりと腰を据えてゴールド仕様のヴィンテージWitch Hot Knobとの出会いを待つ事にします。
 アメリカから自宅に届いたホワイトガードを細かくチェックしました。写真では分からないのですが、表面には幾らかのスクラッチ傷があるものの大きなダメージは無くて、1965-66年という年代を考慮すると美品と言えます。入手した後にクリーニングしたのでサムレスト装着跡の紫の色移りは薄くなっています。

IMG_7649.jpg         IMG_7651.jpg


IMG_7668.jpg これも写真では分からないのですが、ピックガードの裏面には艶が有ります。60年代はこのような艶有り仕様だったのですが、ボディーと密着して塗装が剥離するという不具合が発生した為に、70年代には艶消しのマット仕様となっています。


IMG_7655.jpg 側面の面取りの角度は40°で60年代中期迄の仕様です。68年からは45°となり、面が立ってきて、真上から見ると黒プライの線が細く見えます。


IMG_7671.jpg これまで取り付けているエイジド加工のピックガードと比べると、入手したピックガードは黄変しづらい塩ビ素材なのでホワイトの色味を保っているのが分かります。


 以上のチェックで、入手したホワイトガードはe-Bayでの商品説明通りの65-66年の製品と判断できたので、私の66JBに装着する事にしたのですが、ここでブレーキが掛かりました。私がこの66JBを入手した時点で既にオリジナルのホワイトガードは欠品で、メーカー不明のべっ甲ガードに交換されてあったのですが、その際にピックガード取り付けビスの穴はオリジナルを塞いで開け替えられていたのでした。

IMG_7689.jpg 入手したホワイトガードは収縮の少ない塩ビ製なので、オリジナルのビス穴ならばそのまま交換となった筈なのですが、ここは一旦リセットするという事で、これまでのビス穴を丸棒で埋め木して・・・、


IMG_7694.jpg 埋め木跡を着色し、適切な箇所に新たなビス穴を開け直しました。

 フロント・ピックアップの4弦側の塗装剝がれは、以前のオーナーがピックガードを外してベースを弾いていた痕跡です。画像中心部に見える"ES"の刻印は、ボディー製作者のイニシャルです。楽器ではあるものの、人の歴史を感じます。




 そして66JBを入手以来、11年を経過してやっとのことでベース本体と同年代のピックガードが装着されました。この66JBは塗装の状態が良いので、痛みの少ない新たな(といっても50年以上前のものですが・・・)ホワイトガードとのマッチングは良好です。サムレストは以前に入手していた同年代の紫の色移りがし易いタイプなので、直ぐにホワイトガードに色移りする筈です。

IMG_7710.jpg         IMG_7713.jpg




 下のノンオリジナルのエイジドのホワイトガードを取り付けていた時よりも、上は年が若くてシュッとした印象となっています。美白効果でしょうかね?(笑)

IMG_7640.jpg         IMG_7646.jpg




 ついでに同年代のピックアップ&ブリッジ・フェンスを装着しました。この写真上ではピックガードとサムレストとフェンスがオリジナルパーツではないという事になるのですが、同年代の各パーツを装着した結果、60年代のベースはこのルックスだ!と思わせる強いインパクトを感じるものになりました。このルックスを長年待ち望んでいたのでした。

IMG_7700.jpg


 最近は新たなベースを購入する事はないのですが、このようにしてオリジナルと同年代の欠品パーツをこつこつと揃えていくというのもヴィンテージ・ベースの楽しみ方の一つと思います。時間は掛かったのですが、その分満足度もアップしています。
 かれこれ11年もの間、求め続けていたパーツをこの度入手しました。それは1965-66年製のホワイトのピックガード(以下 ホワイトガード)です。

1170255486.jpg 11年前に1966年製のキャンディーアップルレッドのJB を知り合いに譲っていただいたのですが、その時点では既にオリジナルのホワイトガードは欠品で、後年のメーカー不明の味気の無いべっ甲ガードに交換されていたのでした。


IMG_7646.jpg やはり塗り潰しの単色ボディーにはホワイトガードが映えるという事で(白ボディーはべっ甲ガードです)、ベースを入手後直ぐに専門ショップにエイジドのホワイトガードをオーダーして取り付けしていたのですが、これに満足できずに現在までずっとオリジナルと同年代のホワイトガードを探し求め続けていたのでした。


 しかしe-Bayにおいても60年代前期のグリーンガード(とてつもなく高額)や、68年以降の3プライ(以下3P)の一番下がパ―ロイド柄のホワイトガードの出品は見かけたものの、ジャストな60年代中期の白+黒+白の3Pのホワイトガードの出品は全く無くて、成果の無いネットパトロールが長年続いていたのでした。

 上記の補足説明です。60年代前期のホワイトガードの材質はセルロイドで、白+黒+白の3Pの黒が透け、かつ白が黄変して、全体が緑っぽく見えるのでグリーンガードと呼ばれています。収縮し易い特徴もあります。65年からは材質が塩ビに変更となり、黄変や収縮がしにくくなっています。そして68年からは底面から白パ―ロイド+黒+白の3Pとなっています。(これは当時Fender Telecaster Thinlineに使用されたパ―ロイドガードのパ―ロイド柄が不揃いなものをひっくり返して使用したもので、Fenderの合理性の表れといえます)

 この事から60年代中期の3~4年の短期間しか製造されていないホワイトガードをピンポイントで探す難しさが分かると思います。



 しかしながら、先日e-Bayで下のホワイトガードが目に留まったのです。

68pg-a.jpg         68pg-b.jpg


 商品説明はこちらです。
《Up for sale is a Fender Jazz bass pickguard. White, not aged in color much. It was removed from a 1965-1966 and I believe is original. Light scuffs and normal wear to face; no breaks, no warp, pretty rare. I believe the bass was a daphne blue color.》



 商品画像を見るに程度は良さげだったのですが、これが商品説明のように1965-66年製の本物だという確証はありません。そこでネットで拾った下の66年のJBの画像と比較検証してみました。

e7bd5c12cd1d47af7ff797a2ffc686de11c6ad.jpg            90fe0e25f9e091798fbe02be6601bf22d40840.jpg




 カットされた小口の立ち具合や、ガード取付けビス穴周囲のバリの状態、そしてこの当時の紫色に色移りしやすいサムレストの装着跡等々、この2枚のピックガードの特徴が極似しているのを確認後に“ポチリ”ました。オークション形式ではなくて、即決価格有りでの出品だったので、その時点で落札となっています。出品された翌日に見つけたので、その意味でも即決でした。

 次回は自宅に届いたホワイトガードを細かくチェックします。果たして本物のヴィンテージ・ピックガードか否か?
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム