FC2ブログ
Archive
 一旦は仕上がったとした64Thunderbird Ⅱ→Ⅳですが、いざ使い始めるとネックのローポジ起きが再び気になってきました。1~4フレットを摺り合わせしてフレット頂上でのフラット化を目指したのですが、特に1フレットは限界まで低くしても反りは残っていて、4弦を弾くとかなりバズが出る状態でしたので・・・。

 これまで2年半預けたショップでは治具による矯正のみで自然治癒を待っていたのですが、症状に変化を得られなかった為に、この度は私がこれまで何本(十数本?)もリペアを依頼してきた北九州市小倉にあるクルースラットにThunderbirdを持ち込みしました。

 ケースから出したThunderbirdのネック周りを10秒間目視したクルースラットの社長さんの一言、「これ、指板がネックから浮いていますね」に「えーーーーっ!?」と驚く私でした。

 指摘された箇所を見れば、1弦側の指板サイドのナットから2フレットまで、4弦側はナットから1フレットまでネック本体と指板との間に細い筋が確認できました。私はこれが材種の違いによる収縮の為の表面塗装のみのクラックと思っていたのですが、ネック材と指板が剥離している跡だったのですね。

 ネック材と指板が剥離しているという事は、弦のテンションに対峙しているのはネック材だけで、数ミリ厚の指板は構造的な強度を担っていないという事になります。そのつもりで再確認したらクラックの長い1弦側が4弦側よりも大きく反っていました。

 瞬時に症状を分析した社長さんに「流石ですね」と言う前に対処方法を提案してきた社長さんです。その方法とは、『①剥離した指板とネックの隙間に接着剤を注入して固着させる』→『②指板サイドに注入した接着材が将来染み出るおそれがあるのでクリアラッカーで封じる』→『③ヒーティングを行い指板をストレートにする』→『④フレットを抜いて指板を擦り合わせする』→『⑤新たなフッレトを打つ(ナット交換も含む)』という一連のものです。



 リペアを依頼してから1ヵ月後に上記の①、②の作業が終わったという事で、下の画像と「指板とネックの隙間に溶解した接着剤(ニカワ)など異物があり全く閉まらず、取り除くのに手間が掛かりました」とのコメントがメールで送られてきました。

IMG_7440.jpg 画像は4弦側の指板サイドですが、クラックが閉じた上にラッカーがこってりと厚く塗られています。ナットが取り外された指板の木口からも接着剤を注入したとの事です。




 そして、それから1ヵ月後、合計2ヵ月間の入院の後に「仕上がりました」との連絡があり、持ち帰りました。以前のショップで2年半待った(放置された)のに比べると早い(そして完治しての)退院でした。

IMG_7452.jpg 問題の指板とネックの接合部分の仕上がり画像です。こちらは1弦側で、ナットから2フレットを超えての指板とネックの接合部が少し黒く見えるのは接着剤を注入した痕跡です。ショップの説明は「カッターナイフの刃が入り込む程の隙間があり、注入した接着剤もかなりの量でした」との事でした。


IMG_7446.jpg クラックの短かった4弦側もナットから1フレット未満まで同様な処理となっています。クラック処理部分のクリアラッカーは、上の工程途中の画像と比べると皮膜が薄くなるまで研磨されており、他の箇所との違和感がありません。ショップ曰く、「指板サイドの全てをクリアーラッカーで塗りたかったのですが、そうするとそこが新品のように目立ってしまうので・・・」との事でした。うーん、的確な判断ですね。


IMG_7441.jpg そしてフレットの打ち替えが行われたのですが、このショップではネックの反り矯正の為のヒーティングを何度も慎重に行いストレート出しをして、指板削りを極力避けるというスタンスで、このThunderbirdも指板削りは殆ど行っていないそうで、フレットの頂上をローフレット部で若干擦っただけのようです。


IMG_7443.jpg 打ち替えられたフレットはピカピカで、上記の理由で表面の荒れをサンドペーパーでさらった程度のハカランダ指板と相まって見た目は最高となっています。


IMG_7522.jpg 4弦側の指板エンド部には、以前のオーナーが長年親指を置いてプレイしていた為の指板の削れがあるのですが、この箇所のフレットサイドも丁寧に処理されています。ネックが外れないスルーネック構造なので、ここは難易度の高い作業だったと思われます。


IMG_7519.jpg 交換されたナットの小口には少し黄身がかったラッカーが塗られて、塗料の経年変化が表現してあります。ヴィンテージ楽器にも造詣が深いクルースラットならではの細かなそして気の利いた仕事振りです。


IMG_7521.jpg 当然の事ですが見た目だけではなくて、調整済みのネックでこれまで感じていたバズが減少しているので、弾き心地も最高です。又、フレットはオリジナルと同サイズ・同形状のものを選んでいるので、こちらも違和感がありません。このThunderbirdを3年半前に入手して以来、やっとの事で良好な弾き心地が得られています。


 これまではローポジで指板とネック材が剥離していてネックが反っていたのですが、ネックそのものは元からとても強靭で、指板とネックを再接着した現在はトラスロッドナットがユルユルの状態でもビシッとストレートを保っているので、今後もこの状態を長くキープしてくれるものと期待しています。



 さて、今回このThunderbirdにはもう1ヵ所クルースラットによるスペシャルな手が加わっているのですが、それは次の記事で説明します。ヴィンテージのThunderbirdをお持ちの方は必見です!(かも・・・?笑)
スポンサーサイト



IMG_7223.jpg メンテナンスを終えてベストな状態となったAmpeg B-15Sと相性抜群の63PBですが、自宅で小音量でのプレイ時には気にならないものの、スタジオで大音量でのプレイ時に、1・2弦用のピックアップのポールピースに指が触れると、「バチッ!」いうタッチノイズがスピーカーから聞こえてくるようになりました。


IMG_7225.jpg このノイズはピックアップのポールピースに直接巻かれたコイル線の薄い皮膜を介して、指がピックアップ出力のホット側に触れるのと同様の状態になる為に発生するもので、古いピックアップではありがちな症状です。


IMG_7226.jpg これを解消すれるにはポールピースをアースに落とす加工を行なえば良いので、やってみました。先ずは弦を外して、1・2弦と3・4弦に対応する2つのピックアップの相互位置がずれないようにテープを貼ります。


IMG_7227.jpg この状態を維持しながら、固定ネジを緩めてピックアップをボディーから取り外して裏返しにします。(63年ですのでPUはブラック・ボビンです)


IMG_7228.jpg 短冊状にカットした2枚の銅板にリード線を半田付けして電気的に一体化したパーツを作り、銅板の裏に両面テープを貼って、ピックアップ裏側のポールピースに沿うように貼り付けました。リード線の端はアースプレートに半田付けしています。銅板自体はピックアップの出力端子には触れていません。そして各ポールと銅板との間に少量の導電塗料を塗布しました。(この加工は以前は、アルミテープで行っていたのですが、アルミテープが破れる恐れがあるので、今回は銅板を使用しました。)


 導電塗料の乾燥後にテスターで各ポールピースとアース(ブリッジ等)の間の直流抵抗値を測り、抵抗値が全てゼロ(ポールピースがアースに落ちている)なのを確認してピックアップを元通りに戻して、全ての工程は終了しました。

 63PBをアンプに繋いで出音の確認を行いました。ポールピースへのタッチノイズは解消されています。アンプのボリュームツマミをグッと回すと幾分かはノイズが聞こえるのですが、そこまで大きなベース音ではプレイしないので、実用する音量内では全く問題が無くなりました。ノイズではなくてベースの出音に関しては音量・音質に変化は無かったです。

 今回の私の63PBのケースは上記のように問題は無かったのですが、ピックアップによってはコイル線の被覆が剥げて直接ポールピースに触れているケースがあり、その状態のポールピースをアースに落とせばピックアップの信号もアースに落ちる事になり、ピックアップの出力が減じたり最悪は音が出なくなったりします。そのような状態のピックアップには今回の加工は出来ないので、ピックアップ表面にビニールテープを貼るなどして、ポールピースと指との間の絶縁を図る必要があります。

 ノイズレスとなり、更にAmpeg B-15Sとの相性の良さを楽しめるようになった63PBです。ライトアッシュボディー故の沈み込み過ぎないローがスピーカーからポコポコと聞こえてきます。
 メンテナンスとクリーニングが一通り終わったAmpeg B-15Sですが、自宅での練習時に少し音量を上げると、スピーカーからの極低域が部屋(というか家)を揺らしてしまい、家人からクレームが来たので(汗)、少し出音の腰上げ(低域軽減)を図りました。

 記事のタイトルはモディファイとしたのですが、40年前の貴重なアンプなので、ハムノイズ解消の為にやむなく行った電解コンデンサーの交換以外には不可逆的な加工は避けるべく、ここからの作業は全て元に戻せるものです。



IMG_7238.jpg 先ずはプリアンプ部のプリの真空管を交換しました。このB-15Sは2つの入力を持つのですが、1chは音色の切り替えモード付、2chはそのモード無しで、出音を比べると1chの方が音色切り替えの回路を経由している為か微妙に音痩せしている感じがしました。今回は出音の極低域をカットしたいので、既に音痩せ感のする1chを更にスッキリとさせるのが良いと考えて、1chのプリ管を出音をチェックしながら手持ちの何本かと交換してみました。


IMG_7492.jpg こちらはそのプリ管群でメーカーや仕様が異なるものの全て12AX7対応品です。左端のGroove TubesのGT-12AX7-Rはこれまで出音をスッキリとさせたい時に度々使ってきたものなのですが、今回の真空管交換の際に足廻りのガラスが割れてしまったようで、電源を入れると同時にプシューという音がして内部が白く曇って、ご臨終となってしまいました(泣)。仕方なく他の真空管をチェックして決めたのは、右端のCHINAという表示の12AX7です。これまで取り付けしていたSovtek 12AX7WAよりも明るめの出音となっています。


 このように真空管1本でキャラクターを変えられるのが、真空管アンプの良さというか醍醐味ですね。パワー管にまで手を染めると底無しの泥沼になるのは必至ですが・・・(汗)。



 更なる出音のスッキリ具合を求めてスピーカーを交換しました。昨年、15インチスピーカーを数台集めて1台のキャビネットに取り付けして、出音をチェックした事があったのですが、その時に最も硬質なイメージがあった右端のエレクトロボイスのEVM-15Lの事を思い出して、ストックしていた倉庫から出してきて交換しました。

IMG_4991.jpg         IMG_7499.jpg




 スピーカー交換の際にはキャビネット内部の吸音用グラスウールを厚みのあるものと交換しました。グラスウールを多く入れると箱鳴りが減少して出音がタイトになります。同時にキャビネット内部のスピーカーケーブルをこちらもタイトな出音となるBelden 9497(ウミヘビ)に交換しています。そしてキャビネット内のアンプをひっくり返して収納するスペースにもグラスウールを詰め込みました。(元のキャビネッ内部の状況はこちらにあります。)

IMG_7390.jpg         IMG_7395.jpg


 このグラスウール・チューニング(?)、実はとても奥が深いです。キャビネットのキャラクターがグラスウールの量や詰め方によってかなり変化します。一度は内部に斜めに入った補強木材の上に厚手のフェルトのパットを乗せてキャビの容量を減少させる事も行ったのですが、これでは出音が痩せ過ぎてしまいました。グラスウールの交換自体は上蓋が外せるフィリップトップスタイルなのでとても楽で、今後もトライしようと思うのですが、肌にガラス繊維が刺さってチクチクするのがちょっと難点です。



 以上の作業の複合効果で、アンプからの極低域の再生は減少し、出音に歯切れ感が増したのが確認できました。アンプのベースEQを絞るよりもナチュラルな低域の削減となった感がします。とは言うもののやはり大口径の15インチスピーカーには変わりがないので、自宅では大音量での使用は難しいのですが、このB-15Sは小音量でも中低域の存在感がありベースラインが聞き取りやすいので、練習の際に重宝しています。いつもPBを弾いて“モータウンごっこ”をしています(笑)。
 全ての機能はメンテナンスにより回復できたので、ルックスの向上の為にクリーニングを行いました。外皮のビニールレザーはマジックリンで汚れを落とし、アーマーオール(車の内装用艶出し剤)で磨きました。

IMG_7264.jpg               IMG_7268.jpg


 クリーニング前にはビニールレザーの裂け目をボンドで接着して、補修跡は半艶消しの黒ラッカーを塗り目立たなくしています。下画像は最もダメージが大きかった箇所です。

IMG_6863.jpg        IMG_7287.jpg


 メタルパーツに発生していた錆は真鍮ブラシで擦って落として、コンパウンドで磨いています。メタルパーツは釘打ち固定で取り外しができなかったので、周囲をマスキングしての錆落としとなり、手間が掛かっています。

IMG_6841.jpg        IMG_7281.jpg


IMG_7241.jpg アンプのコントロールパネルはクリアーラッカーが劣化していたのですが、ここは更なる劣化を防ぐ為にワックスを塗り込んでいます。


 クリーニング後はシュッとした見栄えとなり、旧いアンプだけど丁寧に扱われてきたという印象になっています。

IMG_7247.jpg          IMG_7277.jpg


IMG_7273.jpg          IMG_7279.jpg




 さて、やっとここに来てこのB-15Sの出音についてです。基本的にはこちらの動画通りの“ポコンポコン”とした中低域がゴムまりのように膨らんだ出音で、ベースを弾いていて心地良いです。特にPBとの相性は抜群です。私のフラットワウンド弦を張った63PBをハイファイなベーアンで弾くと、必要の無いハイの成分が嫌味に聞こえるのですが、このB-15Sではこれが抑えられているので、PB本来の持ち味を十分に堪能できます。



 ただし、この動画は音響特性の整ったスタジオできっちりと録画・録音されているのですが、私の木造の自宅の部屋では少しボリュームを上げると重低音の為に部屋のあちこちから“ビリビリ”とした共振音が聞こえてきました。ベースとアンプの間にグラフィックEQを噛ましてチェックしたところ、EQの最低域の50Hz以下がかなり出ているのが分かりました。

 常時グラフィックEQを繫いで50Hzを下げたり、アンプのベースツマミを絞ったりすると、この部屋のビビリは減少するのですが、そうするとアンプからの心地良い膨らみ感のある出音も幾らかスポイルされてしまいます。という事で、次の記事ではEQに頼らずにこのB-15Sの出音を私の好みに持っていく作業を行なってみます。
 アンプ側のチェックとメンテナンスが終わったので、次はスピーカーキャビネットについてです。

IMG_7122.jpg チェックの為に取り外した15インチスピーカーです。コーン紙やエッジにダメージは見当たりません。


IMG_7117.jpg 鉄板をプレスして成型したフレームを持つローコスト感満載のルックスなのですが、ポコポコという“イナタさ”がありながらもモコモコとはならない“歯切れ”も感じる出音です。許容入力の記載が無いのですがアンプが60Wの出力なので、100W程度の許容入力と推測します。大許容入力のスピーカーは作りが“ガチガチに固い”のですが、このスピーカーは真逆の“緩い作り”なので、入力に軽やかに反応するこのような出音となっているのと思います。


IMG_7120.jpg 正方形のマグネットに5801541と67 7829のスタンプがありました。この内で67はエミネンス社の製造者コード、7829は1978年第29週目の製造を表していて、以前の記事でアンプ内部のポットの刻印から判明した78年の製造年と合致しているので、このスピーカーはオリジナルと判断しました。


IMG_7124.jpg スピーカーを外したこのアングルからは、キャビネットの“これでもか”という程の補強材が見えています。画像では分かり辛いのですが、スピーカー取付け用ビスの穴のいくつかには“遊び”があったので、全て埋め木して新たな穴を開けています。


IMG_7126.jpg チェック後にスピーカーをキャビネットに戻しました。1本欠品していたスピーカー取付けビスは同形状のインチビスが入手できなかったので、代用品で対応しています。


 スピーカーの入力部ではスピーカーケーブルの導線を捩って端子に結線されていたのですが、絶縁カバー付端子を取り付けして確実に接続しました。

IMG_6890.jpg         IMG_6962.jpg


 スピーカーグリルはグリルネットが上下方向に収縮しグリル枠が反っていたので、裏側に補強のツッパリ棒を仕込んで反りを矯正しています。

IMG_7128.jpg         IMG_7137.jpg
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム