Archive
IMG_3033_20161127222757fae.jpg Sさんからお預かりしたNS Designのベースをリペア&メンテナンスする為には、このベースがどのようなものかをチェックする(相手を知る)必要があります。先ずは外部廻りのチェックの為にスタンドに取付けしました。発射台に取付けたロケットのようなスタイルで、このままエンジン噴射して飛んで行きそうです(笑)。


IMG_3034.jpg 弦長がエレクトリックベースと同じ34インチで5弦のこのベースをネットで調べると、“NS Design Omni Bass CR5”という製品名だと分りました。NS Designにはアップライト・ベースと同スケールの製品もあります。


IMG_3035.jpg 殆どがネックで、ピックアップ~ブリッジ廻りに申し訳ない程度にボディーがあります。5個の黒の円筒状のパーツが各弦に対応したマグネット・ピックアップで、それぞれに小さな黒のポッチが付随していますが、これが何かは今後報告します。


IMG_3036.jpg 現状で張ってある5弦が他より太くてエンド部の巻き糸部がテールピースの穴に入り切っていないので、はみ出たボールエンドにカバーをしてボディー部への傷付け防止となっています。これは改善せねばならないところですね。


IMG_3037.jpg 次にチェックの為に作業ベンチの上に置きました。まな板の上で解体を待つマグロ状態です(笑)。


IMG_3038.jpg ボディーから垂直に立ち上っているブリッジでの底にはピエゾ・ピックアップが仕込んである筈です。弓弾きにも対応している為に指板と共にかなりの湾曲度です。ボディーエンド部を見ると、5ピースのブロックでボディーが構成されているのが分ります。


 湾曲のきつい指板部にはポジションマークが、高域は2弦側に、低域は3弦側に振り分けて埋め込まれています。指板材はエボニーです。

IMG_3039.jpg         IMG_3040.jpg


 ボディー材はフレーム・メイプルで、ボディートップには別のフレーム・メイプル板がRに加工されて貼り付けられています。

IMG_3041_20161127223437a0c.jpg         IMG_3042.jpg


IMG_3043.jpg コントロール部には5個のツマミが取り付いています。ツマミの機能は左からボリューム、マグネットとピエゾのピックアップ・バランサー、指弾きと弓弾きに応じたコントローラー(詳細は今後報告します)、トレブルトーン、ベーストーンとなっています。


 シャープなデザインのヘッド部です。5個の小さなペグが巧みに配置されて、チューニングもネック裏からのアクセスでスムースに行えます。強いて難点を言えば、高音弦側の2弦と3弦のペグは目視しないと間違えて触ってしまいます。

IMG_3044.jpg         IMG_3045.jpg


 アップライト・ベースと同様の木製(エボニー)ナットの下にはネックの反り調整用のトラスロッドにアクセスする開口があります。今回はネックの反り調整は不要でした。

IMG_3046.jpg         IMG_3047a.jpg


IMG_3048_20161127224110db7.jpg 3ピースのネック材は極上の柾目のメイプルです。ボディーのフレーム・メイプルや指板のエボニーと共に高価な木材が全体に使われています。


 外部の目視でのチェックが終わったので、次はバックプレートを外して内部のチェックを行います。
スポンサーサイト
 先日、東京にお住いのベース友達のSさんがこちらにお見えになったので、プチ・ベース会を行いました。

 プロ・ベーシストのIKUOさんのヘビーなファンのSさんは、IKUOさんの出身地でもあるこちらに度々お越しになっていて、その流れで私も知り合いになっています。

 SさんはIKUOさんが出演された11月11日の“JACOナイト”@目黒BLUES ALLEYに行かれたそうです。そこでトークをされていたのはこのblogでもお付き合いのあるshinmei_tさんでして、ベースを通じたお付き合いが何かと繋がっていくのが不思議でもあり、楽しくもあります。

 この日のベース会は、私のAmpeg SVT-VRが“箱アンプ”となっている《SUN MOON HALL》で行いました。

 そして、お互いに今一番ハマっているベースを持ち込む事とすると、私はGibson Thunderbird ノン・リバ、Sさんはわざわざ荷造りをされてのNSデザインのエレクトリック・アップライトベースの2本が、SVT-VRの前に並びました。こうやって見ると何の脈絡も無い2本のベースですね(笑)

IMG_5099.jpg


 早速、NSデザインを試奏させていただきました。殆どがネックなので、箱鳴り感は覚えないのですが、軽いタッチで発音し、サスティーンは長くて、良くできたフレットレス・ベースという出音でした。

 ただし演奏性においては、スケールが34インチとエレキベースと同様なのですが、指板はアップライトのように湾曲していて、しかも5弦という事でアップライト・ベースとフレットレス・ベースの中間にある新種のベースという感じがしました。私が日頃弾いているアップライトのBaby bassとも5弦のエレキベースとも弾き方がかなり異なっており慣れが必要でした。

 試奏中にこのベースのポットにガリがあるのが判明したので、しばらく私が預かって修理する事になりました。詳細は後日報告します。(リペアネタができました・・・笑)
 11月19日(土曜日)の夜に地元のAnalog rock bar《SUN MOON HALL》で催された“わたしと楽器 Vol.1 F-nie (ベーシスト)”というイベントの為に、ワゴン車の荷室にいっぱいにベースのケースを積込みしました。

CIMG7395.jpg            _IMG8234.jpg


 そしてホールに事前に搬入していたAmpeg SVT-VRの前にケースから出した7本のベースをずらっと並べて、イベントがスタートしました。

_IMG8238.jpg


 《SUN MOON HALL》のオーナーのトモさんから、「ライブばかりのブッキングではなくて、F-nie何かやって」とのオファーを受けて、「では私のベースを持ち込んでみます」と即答はしたもの、この様なイベントの前例が無かったので、私の思うようにやらせていただく事として、当日は以下のように進めていきました。

 ① 私と音楽・楽器との出会い → 学生時代~社会人~現在の音楽活動へと話を進めたのですが、自分史ばかりでは聞く方は飽きると考えて、色んな人との繋がりの話を含めました。

 ② この日、持ち込んだ7本のベース(1本を除いて60年代のベース)の説明を行いつつ、アンプの出音から音色・音量の違いを聴いていただきました。7本のベースの内訳は以下です。先ずはFenderから・・・、

 (左)1961 Jazz bass  (右)1963 Precision bass

_IMG8249.jpg         _IMG8253.jpg


 (左)1966 Jazz bass  (右)1968 Telecaster bass

_IMG8263.jpg         _IMG8267.jpg


 アンプには触らずに持ち替えしたので、特に61JBと66JBの数年の製造年違いでの音色の差が良く分っていただけたと思います。

 (左)次はGibsonです。と言いながらも1964 Thunderbird Ⅱ reverseはフレット打替えの為に長期入院中なので、“トラ”のESP Thunderbirdにてスルーネックを説明しました。 (右)1965 EB-Ⅲ

_IMG8279.jpg         _IMG8283.jpg


_IMG8292.jpg 1968 Thunderbird Ⅳ non-reverse

 
 ③ お客さんの持込みベースも紹介させていただきました。

_IMG8297.jpg 地元のベーシスト みーぼーさん所有の70年代のB.C.Rich Eagle bassです。長期保管中で弦は張られていなかったのですが、とても良い状態でした。


_IMG8298.jpg 広島のベーシスト ベーさんお気に入りのFodera Emperorです。90年代半ばに極少数作られたハカランダ指板・アルダーボディー・パッシブ回路の5弦です。軽く弦に触れても発音する様は、流石Foderaという感触でした。


 ④ 私なりのベースのセッティング方法をレクチャーさせていただきました。殆どの方が目測でセッティングをされているようで、私のゲージを使う方法に興味を持たれたみたいです。

_IMG8309.jpg         _IMG8317.jpg

 
_IMG8318.jpg ⑤ 最後はお客さんに気になられたベースをAmpeg SVT-VRで試奏してもらい、1本1本の違いを肌で感じていただきました。その中では63PBが高評価だったですね。


_IMG8333.jpg         _IMG8334.jpg


 この日は地元のベーシストや一般のお客さん、そして遠く広島からも2名のベーシストが来られていました。そのおひとりベーさんには今ハマっているというカメラで多くの写真を撮っていただき、このエントリーにも使わせていただきました。ベーさん、ありがとうございました。

 この度《SUN MOON HALL》で催された“わたしと楽器”は今後シリーズ化されるようです。次はどんなプレイヤーの話が聞けるのでしょうか?開催が楽しみですね。
CIMG7396.jpg 11月12日(土)の夜は、地元にできたRock bar《SUN MOON HALL》で催された“ロックセッション Vol.1”に参加してきました。

.
 この日を待ち望んでいた地元のロッカーに加え、広島からもミュージシャンが参加されて熱い夜になりました。

CIMG7394.jpg


CIMG7379.jpg         CIMG7339.jpg


CIMG7395.jpg 次の週末の11月19日(土)には私がメインの“わたしと楽器 Vol.1”が控えていたので、先行で私のスタジオからベースアンプセットAmpeg SVT-VR+SVT-810AVを初めて持ち出しして使いました。


 いやー、やはりSVTは良いです。ベースからシールド直のEQフラットで、100%満足の出音となりました。スタジオの数倍の広さがあるこの《SUN MOON HALL》ですが、ヴォリュームツマミは9時を切ったところで十分以上の音量となっていて、ギタリストは、ギターソロの際のベースキャビネットから聞こえる“煽り音”に「気持ちイイーッ」と声をあげていました(笑)

CIMG7353.jpg            CIMG7391.jpg
 こんなの、やります。

IMG_4869.jpg


 地元にオープンしたAnalog rock bar《SUN MOON HALL》のオーナーのトモさんから「何かイベントをやって」のオファーをいただき、“わたしと楽器”というタイトルで企画しました。

 この日はライブでは無くて、私の手持ちのヴィンテージベースを持ち込んで詳細を説明したり、ベースのセッティング方法をレクチャーしたりと、ベースギターそのものを掘り下げた内容にしようと考えています。

 興味を持たれた方はお越しください。場所・日時等の情報はこちらから・・・。
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム