Archive
 入手時よりも演奏性・出音がかなり向上したESP Thunderbird Ⅳですが、残りの細かな箇所にも拘ってみました。

IMG_2626.jpg “本物のヴィンテージ”のピックガード上には、前オーナーの手作りと思しきサムレストが付いていたのですが、これはストックしていた“本物のヴィンテージ”のサムレスト(画像上側)に交換しました。


IMG_2627.jpg ピックアップリング下にはこれまた前オーナーの手作りの薄い樹脂製スペーサーがフロントは2枚、リアは3枚挿入されていました。


IMG_2628.jpg これを別注した2mm厚のスペーサーで、フロント1枚、リアは2枚に差し替えています。


IMG_2629.jpg ピックアップリングはEpiphone-Japanのものと全く同形状でした。こちらで比較チェックしたようにコピーパーツとしては最もヴィンテージのリングに近いものなので、そのまま使用しています。


IMG_2630.jpg 3つのノブ下にはポインターが無かったので、新たに購入して取付けました。エイジド加工を自前で施しています。見える箇所が小さいので分り難いのですが・・・(汗)


IMG_2635.jpg トラスロッドカバーです。前オーナーが元のESPを外してGibsonロゴのカバーに取替えしていたのですが、ストックの薄手のロッドカバーに再度取り替えしています。Gibsonロゴの字体としては、取り外したカバーの方がヴィンテージのThunderbirdが発売されていた1964年頃のものに近いのですが、今回はカバーの厚みでチョイスしています。
スポンサーサイト
 ヘッド落ち対策とオクターブピッチ調整が終ったので、次は肝心な出音を向上させてみました。

IMG_2308.jpg ESPオリジナルのピックアップは、パワー感はあるもののブーミーな音色で、これは私のイメージするヴィンテージのThunderbirdの音色とは異なるので、手持ちのセイモア・ダンカンのカスタムショップのピックアップに交換しました。ダンカンのピックアップの厚さはESPよりも薄くて、ヴィンテージと同様です。


IMG_3011a.jpg 取り外したESPのピックアップと形状が似ている手持ちのEpiphone-Japanのピックアップを並べて比較チェックしました。メタルカバーは同じものが使用されていますが、裏側を見ると、左のEpiphone-Japanはマグネットとコイルが大きく(厚く)てカバーからはみ出ているのを樹脂でモールドしてあります。右のESPはカバー内に収まっていて、メタルの蓋がされています。テスターでピックアップの直流抵抗値を測定すると、いずれも10kΩ程度でした。


IMG_2625.jpg 取り付けしたセイモア・ダンカンのカスタムショップのピックアップですが、これは以前にEpiphone-JapanのThunderbirdに取り付けていて、それはそれで良い評価を与えていたのですが、今回ESPのThunderbirdに取り付けると更なる高評価となりました。具体的にはドライブ感がアップして、ダイナミクスが付け易くなっています。アンプレスで弾いてみるとESPのネック&ボディーの揺れ具合が心地良かったのですが、そのままの印象をアンプからの出音にも感じる事ができました。


 取り付け前に測定していたダンカンの直流抵抗値は12.5kΩで、数値のみでイメージするとダンカンは取り外したESP(抵抗値10kΩ)よりも出力が大きくてブーミーな音色となるのですが、実際の出音は逆で、ダンカンの方の出力が幾らか小さくて、音質はドライブ感の中にタイトさが含まれており、ネック&ボディーの揺れ具合と同様に心地良いものでした。

IMG_3016.jpg 上記は自宅でのチェックなので、次にESPと68ノンリバをスタジオに持ち込んで、Ampegでの大音量でチェックしました。ここに64リバースも並べたいのですが、未だフレット打ち替えから戻っていません・・・(泣)

 ダンカンのPUに交換したESPからは、かなり心地良いドライブ音がAmpegのスピーカーキャビネットから飛び出してきました。アンプのEQはセンターから1目盛りずつをローは下げ、ハイは上げた状態で好みの音質となっています。


 代わって68ノンリバですが、こちらのオリジナルPUは直流抵抗値が8~9kΩでダンカンよりも低く、数値からのイメージ通りに出力も小さいので、アンプのヴォリュームをESPよりも2目盛り程アップしたところで、先のダンカンESPとほぼ同じ音量と音質になっています。

 この2本のネック&ボディーの揺れ具合はほぼ同じなのですが、出音においてはドライブ感を覚えるダンカン・ピックアップに交換したESPが一枚上手となりました。そして以前エントリーしたように68ノンリバはメタルのピックアップカバーにピックが当たると、打音がカチッとアンプから聞こえるので、この点においてもESPが気にせずに弾けて良いなという印象となりました。

 出音の良さに加え、ルックスもヴィンテージに見えて、トータルでなかなか良いです!このESP Thunderbird Ⅳ(左側)

IMG_3018.jpg
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム