Archive
 こちらと、こちらに続く、「雑誌に載った私のベース」シリーズ 第三弾です。そんなシリーズがあったの?という話ですが・・・(笑)



BON Babybass 1 古~いベース・マガジンをめくっていたら、1996年1月号に米米CLUBのベーシスト&リーダーの大久保“BON”謙作氏のベースコレクションの紹介記事がありました。その何本かのベースコレクションの最後に掲載されていたAmpeg Baby bassが、現在は私の手元にあるのです。

 私はこのBaby bassを2年半前に東京の某○○○センターで購入したのですが、その時の店長さんで今は独立されてギターショップBarchie’sのオーナーの千葉さんとやりとりをした際に「このベースは大久保氏の放出品」と聞いていました。


 掲載されていたもう一枚の画像がこちらです。

Bon Babybass 2


 これと下の私の持っているBaby Bassの画像とを見比べると、指板にオリジナルには無くて後加工で埋め込まれたポジション・マークが見えるので同一のベースだという事がわかります。

IMG_2209.jpg




 掲載されていたコメントはこちらです。

AMPEG
BABY BASS STUDIO BASSISTS

●ボディー:ユーヴェックス ●ネック:メイプル ●指板:エボニー ●ジョイント:デタッチャブル ●PU:ミステリー・ピックアップ ●コントロール:ヴォリューム、トーン

 初期型のベイビー・ベース。改造点は、アルミニウムの骨組みで構成されるブリッジの穴のうち、ふたつが埋められていること、指板上にポジション・マークが書き加えられたこと。これによって音ヌケが良く、ピッチがとりやすくなったそうだ。ポジション・マークからは、指板が26F相当の長さを持っていることがわかる。最近はほとんど弾くことがなくなり、インテリアになりつつあるため、買いたい人はベース・マガジンに手紙を!などと語っていた。



 コメントには初めて知った情報もあります。これまでBB-4と思っていた機種名が“BABY BASS STUDIO BASSISTS”となっています。合成樹脂のボディー材質名は“ユーヴェックス”というのですね。指板が“エボニー”というのは明らかにローズウッドの間違いです(汗)。“指板上にポジション・マークが書き加えられた”とあるのも、実際は円柱型の樹脂が指板に開けられた穴に埋め込まれています。

 デフォルトの金属ブリッジの空隙に鉛板をはめているのは、不必要な残響感を軽減する為の工夫のようです。私が入手時には木製のブリッジに交換されて、この金属ブリッジは付属品としてだったのですが鉛板は外されていました。

 私が入手した後のチェックでは、ペグ交換、ピックアップ以外のパッシブサーキットの交換、デタッチャブルネックの固定、ブリッジへのピエゾ・ピックアップの取付等々のモディファイがなされていたのが分っています。

 このように大久保氏の手元にある間は出音の向上を図られていたようですが、どうも良い結果とはならなかったみたいです。「最近はほとんど弾くことがなくなり、インテリアになりつつあるため、買いたい人はベース・マガジンに手紙を!」と記されているのですが、誰からも反応がなかったのか(?)、1996年以降も大久保氏が所有されてきて、2014年に某○○○センターに委託販売に出されたものを私が入手したという経緯となります。

 インテリアになっていた証拠(?)に私が入手した際はクリーニングもされておらず、リペア前提での商品でした。おかげでお安く入手できているのですが・・・(笑)。その後のリペア奮闘記はこのblog読者の方々はご存じの通りです。そのリペア奮闘記のおそらくは最終稿となるであろうと思われるモディファイを行ったので、次回にエントリーアップします。
スポンサーサイト
 私と同じ町に住む先輩ロッカーのtomoさんの自宅には、大きな建物が併設されています。その建物はウン十年前に別所に在った高等学校の教室棟を移築したもので、その後は様々な用途で使用されていたのですが、ここ数年は何も使わずの状態となっていました。

 それは勿体無い話なので、イベントに活用できるスペースにしようと考えたtomoさんが、細かく仕切られていた3部屋の間仕切り壁を撤去し、“SUN MOON HALL”として1教室分以上の広さの空間ができあがったのでした。

IMG_2048.jpg


 ちゃんとした設備工事はこれからなのですが、仮設電気を引っ張ってきたので、PA機材を持ち込み、3月20日にtomoさんの知り合いミュージシャンが集まったセッション会が催されました。地元は勿論、遠くは広島からも参加ミュージシャンがあり、総勢20人程による午後2時~9時の7時間(!)にも亘る大セッション会となりました。

IMG_2052.jpg         IMG_2091.jpg


 各自が持ち寄った飲食物をいただきながら、思いついた時にステージに上がっての演奏は、緩い雰囲気の中ではあったのですが、他のプレイヤーの出音を聞きながら演奏するという事で10%程は緊張しつつ楽しめました(笑)

IMG_2069.jpg         IMG_2096.jpg


 私が組んでいるWishbone AshのトリビュートバンドARGUSも久しぶりの人前での演奏でした。

ARGUS
IMG_2162.jpg


IMG_2098.jpg この日、私が弾いたのはThunderbirdのノン・リバースの一本だけです。久しぶりにノンリバを弾くので、この日の朝にセッティングをサクッと行ったら、とても良い手応えがあったのです。この日のようなRock & Bluesのセッションにはベストマッチのベースだと改めて感じました。車にはもう一本PBも積んでいたのですが、降ろす事にはならなかったです。


IMG_2131.jpg 今後、SUN MOON HALLは必要な設備工事を行い、各種手続きを経て正式にオープンとなる予定です。ライブハウスが無い私の町に新たなミュージシャンズ・スペースが生まれる事を多くの方々が待ち望んでいます。tomoさん、これからもよろしくお願いします。私もできるだけの協力をいたします。
 入手して3ヶ月が過ぎ、なかなかの仕上がりとなってきた感がするBV-Ⅴ 2号機ですが、完全仕上がりとなる(おそらくは)最終のモディファイを行いました。モディファイと言ってもこの2号機にはオリジナリティーを損なう不可逆的な加工は一切行わないと入手時に決めているので、ちょっとした味付け程度のものなのですが・・・。

 1弦と5弦のアンプからの出音を同音量とすべくピックアップの高さ調整を行っているのですが、その調整後に細かくチェックすると2弦と4弦の出音が他の3弦のものよりも少し小さく聞こえました。弦毎の音量調整はピックアップの高さ調整では行なえないので、このような時に私が行う調整方で対応しました。

IMG_2030.jpg フロントピックアップの2弦と4弦に対応する各2個のポールピースの高音弦側のみに薄くスライスしたマグネット(スライス磁石)を貼り付けしました。何種類かの厚みでスライス磁石を作っているのですが、その内で最も薄い磁石(0.5mm厚程度)で各弦の出音量が揃っています。


 各弦の出音量が揃うとプレイ中のストレスが格段に減少します。これまでは弦を弾く際に意識しなくとも「この弦は強く、この弦は弱く弾く」と脳からの指令で指の力をコントロールしていたのですから。

IMG_2029.jpg スライス磁石はポールピースの高音弦側に貼り付けているので、指弾きの際に指先がスライス磁石に触れる事はありません。貼り付けは極少量の瞬間接着剤を使用していて、不要ならば取り外しも簡単です。又、リアピックアップへは不要と感じたので貼り付けしていません。




 そしてもう一点なのですが、このBV-Ⅴ 2号機は出音の立ち上がりがとても速くて、高音域が少し嫌味に感じる程でした。これまではEQのハイを絞って対応をしてきたのですが、何か他の策は無いかな?と考えた時に部品箱に眠っているアイテムを思い出しました。

 それはこちらSwing Chipです。メーカーの商品説明に「楽器の指定箇所に貼附するだけで、楽器の共鳴振動が適正化され楽器自体の演奏性能が向上し、音にパワーと方向性が与えられます。」とあるのですが、BV-Ⅴ 2号機とのマッチングは如何に?という事で、チャレンジしてみました。

IMG_2042.jpg メーカー指定の貼附箇所はベースの場合ブリッジ、ボディートップ、そしてネックヘッドとなっています。指で振動具合を確認するとこのBV-Ⅴ 2号機のブリッジやボディー部ではほとんど振動を感じなかったので、振動の大きいヘッド周辺が効果大と考えて、先ずは1弦ペグ付近への貼附を検討したのですが、最終的に最も揺れの大きかったヘッドトップ付近の裏側に貼附しました。


IMG_2039.jpg アンプからの出音をチェックすると、これまでの特に1弦をプルした際のキンキンとした音が少し減少し、低音弦は芯を残しつつも円やかになり、全体的に角張ったイメージの出音だったのが和らいだものに変わっています。


 以前に貼附してチェックした他のベースでは低域のブルブル感が収まりスッキリとした出音となっていたのですが、今回は逆の結果となっています。これがメーカーの言う「楽器の共鳴振動が適正化され・・・」という事なのでしょうか?結果は異なったのですがチェックした2本共に出音から嫌味な成分が減少したのは事実です。

 Swing Chipの効果を洗髪で例えるならば、髪の表面に保護膜を作ってすべりを良くするリンスと言うよりも、髪の内部に浸透して状態を整えるトリートメントとなるのですが(この違い、分かります?笑)、効能書きはともかく有ると無いとではやはり出音に差があったSwing Chipでした。



 うーん、これでBV-Ⅴ 2号機は完成ですかね?もうやるべき事が無くなりましたし・・・(笑)

IMG_1792.jpg
 TUNEでのリペアから戻ってきたVestax BV-Ⅴ 2号機のケース内に添えられていたメモがこちらです。とても参考になる内容なので公開します。

Tune.jpg


 「12F上で1弦1.5mm 5弦2.0mmにセッティングしております」となっています。5弦2.0mmというのはこれまでの私の好む弦高よりも少し低めなのですが、これで不快なビビリは発生していないので、PLEK調整の好結果だと思っています。

 「ネックに反りが生じた場合、ブリッジでの弦高調整ではなくロッドの調整により上記のセッティングに戻してください。」とあるのはもっともな事です。ネックが順反って弦高が高くなった際にブリッジサドルを下げての対応をしがちですが、サドルはそのままにして、その都度トラスロッド調整でネックの反りを戻す対応をすべきですね。

 「保管、展示の際はチューニンをした状態、もしくは全弦半~全音下げにしてください。各弦の張力が違うためバラバラに緩めますとネックに癖が出る可能性があります。」というのも一理あります。私は長期未使用とする際はペグを一律1回転緩めるようにしていたのですが、今後はチューナーを見ながら弦を緩める事にします。
 入手後に自分の手でセッティング&モディファイを行ってきたVestax BV-Ⅴ 2号機ですが、ここからはプロにリペアを委ねる事にしました。リペアはTUNE GUITAR MANIACに依頼したのでが、その内容は以下の3点です。

① これまで摺り合わせ等の手が加えられた事は無いと思われるフレットの天端に僅かな波打ちがあったので、PLEKマシンによるフレット摺り合わせを行う。

② 数本のフレットの高音弦側に“浮き”があるので、押え込む。

③ ネックが乾燥して痩せた為に指板縁にフレットがハミ出てバリがあり、手が当たると痛いのでバリ分を削る。

 以上、どれもフレットに関する問題点で、それぞれの改善作業に関連性があるので、一気に問題解消とする為にTUNEに依頼したのでした。



 PLEK調整だけなら短時間で終わる筈なのですが、その他の作業もあったので、2週間の預け期間となりました。

 リペア完了時には以下の対応内容がメールで届いています。
 「ネックの状態ですが、1~4弦は良い状態です。敢えて言うならほんの僅かの波打ちとハイ起きが見受けられる程度です。ただ5弦は波打ちとハイ起きが少しきつく出ております。が、フレットのすり合わせで対処できる範囲でしたのでご安心下さい。」

 さて、その2号機のフレットを上記のリペア依頼内容の順にチェックしました。

① これまで気になっていた5弦のビビリが解消されて発音がスムースになっています。

② 数本のフレット浮きが有った箇所は押え込まれていて目立たなくなっています。

IMG_2023.jpg③ リペア前の画像は無いのですが、リペア後にはフレット端部が丸く面取りされています。勿論、指板端からはみ出したバリは削られて無くなっています。


 以上、リペア後には左手に感じていたフレットのバリが無くなり、各弦・各ポジションにおいてスムースな発音が得られるようになり、プレイ中のストレスが減少しています。特に5弦の発音は凄く良くなりました。これまで5弦の5フレット以下を弾くとビビリ成分が混ざって音程感の無いズボーンといった出音だったのが、リペア後にはゴキィーンという骨太でかつ音程が明瞭な出音となっています。

 やはりネック(フレット)廻りの調整は最も重要で最優先で行うべき事なのですね。今更なのですが、よく分りました(汗)
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム