Archive
 GWに上京した折に、自分へのお土産として購入したのはこれ、InnerWoodの頑固弦プレミアムの4弦セットです。

img61707544.jpg これまで、この弦の存在は知っていたのですが、試す機会は無かったという状況でした。せっかく上京したのだから、何か新たな弦でも試したいなと思っていたところ、訪れた大久保のBarchie’sで頑固弦が張ってあるベースを弾かせていただきました。


 その頑固弦は以前からのシリーズではなくて、近年発売された頑固弦プレミアムというものでした。ショップオーナーのチバさんの説明によると、Mid-Lowがより出るようになったタイプだとの事で、試奏した感触も良かったので2セット購入しました。一般的な輸入弦よりも少しお安かったのも決め手の一つです(笑)

 帰宅して早速手持ちのベースに張ろうとしたのですが、のっけに問題が発生しました。弦の太さは043-063-085-100で、一般的なレギュラーゲージよりも少し細いのですが、1弦が柔らか過ぎてペグポストに巻き付けてペグを回していくとスルリと抜けてしまうのです。上画像で分かるように、飾り糸がないので摩擦が少ないのも抜けの原因かもしれません。

IMG_0675.jpg その対応として、パーツ箱にあった小さな圧電端子を取り出し、スリーブ部のみになるようにニッパーでカットして、1弦の先端に圧着させました。


IMG_0688.jpg この状態でポストの穴に落し込んでペグを回すと、遊びが無くなった為か、弦が抜け出る事無くチューニングが出来ています。


 弦が2セットあったので他のベースにも張ったのですが、これも同様に1弦はスリーブ無しでは抜けてしまいました。この弦をお使いの他の方には問題になっていないのでしょうか?

 さて弦交換の際にはトラブったのですが、対応後には問題が無くて、チューニングも安定しています。肝心の出音ですが、これはなかなか良いですね。新品弦なのにあまりギラギラせずに、トーンを少し絞ると良い塩梅の出音となります。細目のゲージで危惧したMid-Lowの細さは感じられず、逆に太い出音に感じます。

IMG_0690.jpg 特筆すべきは、とてもダイナミクスが付け易いという点です。細目のゲージなので弦を強く弾くと弦の揺れ具合がレギュラーゲージよりも大きいからかな?と思うのですが、コンプやリミッターで音量を均一にするのが大嫌いな私にとっては、指先でダイナミクス感を大きくコントロールできるこの頑固弦プレミアムは願ったり叶ったりの弦と言えそうです。


 弦の揺れが大きいのでピックアップを少しボディー側に沈めて弦から離すセッティングにする必要があったのですが、良い意味での“弦の暴れ“を指先でコントロールするのはベーシストの“密かな楽しみ”の一つです(笑)。

 実は先日のライブ動画でのJBとPBはこの弦に張り替えて1週間後の状態です。ほぼ張りたてなのですが、嫌味なハイは無くしっかりとしたローが出ています。



 この後に弦の追加注文を行い68テレベにも張ったのですが、これにもマッチングしていました。テレベのPUはキンキンとしたシングルコイルの出音なのですが、キンキン具合が少し収まったのでトーンを絞る事で好みの音に近付ける事が出来ています。

 これは良いぞ!という事で5弦ベースにも張ってみたのですが、これにはマッチングしなかったです(汗)出音が太くなった為に5弦の5フレット以下の音の音階が聞き取り難くなってしまったのです。感覚的には1音ほどチューニングダウンした様な出音でした。私の5弦ベースのVestax BV-5は元から結構ローが出ているので、どちらかというとローファイな出音のイメージの頑固弦プレミアムとマッチし辛かったものと思います。

 ただし、上述したように私の所有ベースの内ではビンテージベースと相性が良いのには間違いないと思います。
スポンサーサイト
 先日来、ヴィンテージKlusonペグの形状・ビスピッチの公開調査を行ってきたのですが、その結果を発表します。多数の皆さまからの調査報告をいただき、ありがとうございます。

IMG_0638_20150523122457da7.jpg          IMG_0646_20150523122509922.jpg


 下は皆さまからご報告をいただいたものと私の手持ちベースのデータを合わせたものを表にしたものです。表にはペグプレートの欠けの有無、ボディー側の2個のビスピッチ(mm定規で測った数値)、Fenderベースモデル、年式、個体数を記入しています。Gibson Thunderbirdは63年の発売当初からこの度の調査でいう後期タイプだったので表には掲載していません。

img-521095057-0002.jpg


 報告をいただいた全個体数は16で、61~65年の間の変化状況が掴めてきました。その内の64~65年の間で、前期タイプと後期タイプの混在が確認できます。

 この結果を元に、ペグの混在期の状況をもっと詳しく調べてみることにしました。これまで、e-Bay、ヤフオクや各ショップのHPから数多くのヴィンテージベースの画像をダウンロードしてストックしているので(はい、ヲタクです・・・笑)、そこから64年と65年のJBとPBに絞って、ペグとネックデイトの詳細画像をチェックして表にしたのが以下です。チェックした個体数は36になるのですが、新大久保の某ショップからのデータが最も多かったです。

img-521095057-0001.jpg


 この表では、JBで後期タイプのペグが最初に確認できるのは64年5月(ネックデイト)で、65年11月までが前期タイプとの混在期と分ります。1年半以上も混在期があったので、(今回の調査ではその個体は見つからなかったのですが)先日のe-Bayで見つけた1本のベース内でのペグの混在もあり得たのでは?と思います。

65JB115109 (5)b JBでは65年10月に(66年からの仕様の)パドルペグの個体もあったので、65年の年末期には最大3種類の混在期があったという事にもなります。


 JBと比較して、PBは64年と65年で混在なく切り替わっているのも分ります。(PBのデータが少ない故の結果かもしれませんが・・・)

 1年半以上も混在期があった理由は分らないのですが、ペグメーカーのKlusonで2種類のペグを同時に作っていたとは考えられないので(製造機が2種類必要)、Fenderが原価を下げる為に大量購入した前期タイプのペグのストックを使い続けたという事なのでしょうか?○○年製のポットがしばらく使われ続けたという話も聞きますし・・・。

9596eab.jpg 今回の調査では、更に面白い(不思議な)ペグも見つかりました。ペグプレートの画像でいう上側には欠けがあるのですが、下側にはありません。64年のネックデイト9月と10月の2個体で見つけました。加工精度の具合でこのようなものになったと思われます。こちらは前期タイプにカウントしています。


 以上、これまではペグの仕様違いがあるのをなんとなく知っていた状態だったのが、今回の調査でかなりはっきりとした結果とする事ができました。まだまだヴィンテージベースに付いて知らない事が多くありそうで、次なる“発見”が楽しみです。この度は宮さんからのお問い合せで、この様な調査となりました。他の皆さまからのお問い合せも受け付けています。皆さんで“新発見”しましょう(笑)

 最後にペグメーカーのGotohさんにお願いです。後期タイプ用のリプレースメント・ペグを重ためのGB9で作ってください。販売量としては後期タイプのペグが付いたJB・PBが多いですし需要はあるかもしれませんよ?いや、無いかな?・・・(汗)少なくとも宮さんはご購入されるはずです(笑)
bakersfield-shadow_20150519190202df2.jpg 17日(日)の夜は地元で行われたBakersfieldのライブを聴きに出掛けました。Bakersfieldは地元のディーバNaomiちゃんが、広島地区で活動しているプロミュージシャンに「広島にはこれほどの女性ロック・ヴォーカリストはいない」との事で誘われて結成したロックバンドです。


IMG_0768.jpg 地元にはライブハウスなど無くて、主催者はいつも会場探しに苦労するのですが、この日は【ドロシー】というパン屋さんをお借りしての開催でした。その【ドロシー】の客席はNaomiちゃんのファンで超満席でした。


Bakersfield
IMG_0762.jpg


 バンドとしては未だ2回目のライブだそうで、リハも充分ではないとの事だったのですが、そこは手練れのプロミュージシャンです。隙間が有ればインプロビゼーションの応酬となる演奏はこれぞ“Live”というもので、聴き応え十分でした。

IMG_0769.jpg Naomiちゃんもこの日の為に禁煙し、連日の練習をこなしたという事で、10数曲の歌も喉が潰れる事無く最後まで素晴らしい歌声を聴かせてくれました。


 この後、Bakersfieldは広島、山口地区でもライブ活動を広げていくという事で、お近くでライブがあるようでしたらチェックしてみてください。取り敢えずは6月21日(日)広島LIVE Café Jiveでのライブが決定しています。



 さてこの日の私の別のお楽しみです。Bakersfieldのメンバーで知り合いのプロベーシスト前田順三さん(8月には村上ポンタさんと共演予定です)に私の機材一式をお貸しして、その出音を客席で聴くという贅沢なひと時を過ごさせていただきました。

IMG_0789.jpg この日の機材一式はこちらです。ベースは61JBと63PBの2本、ベースアンプはヘッドのMarkbass LMKとキャビのTC Electronic BC212のセットです。


 順三さんと私のベース&ベーアンの好みは似通っているので、ベースの弦高等のセッティングはそのまま、ポットは全てフルアップ、シールド1本アンプ直、アンプのEQはフルフラットで使っていただきました。

 ヘッドアンプのLMKの特性を生かし、ファットな出音となるA chには61JB、タイトな出音となるB chには63PBと2chの入力を使い分けて、各ベースの出力に応じた入力ゲインのみの調整でした。(63PBはとても出力が大きいのでゲインを絞っています)

IMG_0784.jpg この日のライブでの演奏で、2本のベースの特徴が分り易い動画をアップしました。先ずは63PBです。




IMG_0779.jpg こちらは61JBです。




 ベーアンからの出音が十分に大きかったので、PAには通していません。ベーアンからのそのままの出音です。その出音は、「これぞパッシブベースの極みと言えるものでは!?」、と個人的に思います。

 どの弦のどのポジションもひたすらに太い音です。勿論、順三さんのベースプレイがあってのこの出音なのですが、このように弾けばこの様な音が出るという事で、(今更ながらですが・・・汗)精進します。
CB4FB860BEBD47D3AD68AB8CE77A6CE3b.jpg 皆さまのご協力を得て、ヴィンテージ・ペグの調査データが集まっているのですが、そんな中、e-Bayで近日オークションが終了する商品に同年代のペグがありました。


D54189B59E574F16ABBFA8B89C3AA1DE.jpg “64年のマイナーチェンジ前の57~63年に使用されたFender PBのチューナーのオリジナルセット”という商品なのですが、画像を拡大して良く見ると、ペグシャフト受けの固定穴の形状違いから、今回調査している“64年以前のプレートに欠け有りのビスピッチ26mm”と“64年以降のプレートに欠け無しのビスピッチ27.5mm”のタイプが2個ずつ混ざっているが分りました。


 ペグポストの頭の丸みも異なります。既に入札があるので、落札者がペグをベースに取り付けようとしたら「あらら?」となる筈です。

 私がストックしているペグセットは、内1個が64年以降のタイプで、使用中に1個が壊れたのでこれに取り替えられたものかな?と思っていたのですが、2個ずつとなると2つのタイプの混在期(64年前期?)に、Fenderの工場での製造中、1本のネックに2種類のペグが取り付けられたのでは?との憶測も成り立ちます。そのベースにとっては、チャンポン・ペグがオリジナルという事ですね。

 仕様違いのパーツ混在の別例で、以前私が持っていた70年代初期のJBのペグには、ペグプレートにFenderの刻印に加えてトレードマーク®の刻印の有る・無しが混ざっていた事があります。

 当時のFenderの工場で工員さんが、箱から一掴みしたペグを仕様違いの混在を確認しない(気にしない?)ままにヘッド裏にビス止めしていったシーンが頭に浮かんできました。検品担当者も「まあ、いいっか」とスルーしていたのでしょうか。旧き良き時代の1シーンとも言えます。

 下のシーンの5:57辺りで、あのアビゲイル・イバラ女史が登場します。



 しかし、当時の工場にはエアコンなんぞ無かったのですね。男性工員は上半身裸です(暑)こんな雰囲気だから、チャンポン・ペグもあり得たのでしょうか?
 17日にこちらであるライブでは、広島から来られるプロベーシストの前田順三さんに私のベースの61JBと63PBをお貸しして弾いていただく予定です。

IMG_0718a.jpg          IMG_0744a.jpg


 その日の為に、先日2本共弦を張り替えたのですが、61JBはコントローラーも交換しました。

IMG_0697.jpg        IMG_0702.jpg


IMG_0703.jpg 私の61JBはその当時の標準仕様の2連スタックポットではなくて、61年20週目生産の3ポットのコントローラーを持つものです。これはとてもレアだと思います。3ポットは62年からの仕様というのが通説で、これまでe-Bay等で数多くの61JBをチェックしてきたのですが、これ以前の3ポットの存在を知りません。


 その3ポットのコントローラーなのですが、劣化を心配してここ数年間は取り外して保管し、リイシュの2連スタックポットを取付けていました。しかしこのスタックポットは使いこなすのに慣れが必要なので、お貸しする前田順三さんの為に操作がシンプルなオリジナルの3ポットのコントローラーに戻したという次第です。

IMG_0713.jpg 数年振りにコントローラーに通電したのですが、アンプからの出音をチェックすると、ガリもノイズも無く、全て正常に動作していました。その出音は押し出しの強いローに嫌味の無いハイがプラスされた、GWに東京のshinmei_tさんのお宅で弾いた極上の62JBと変わりないものです。


 この61JBは以前に前田順三さんに弾いていただいた事があり、今回もリクエストがあったものなので、その出音をライブ会場の客席から聴ける事を楽しみにしています。
IMG_0652.jpg 先日、横浜の宮さんから質問メールが届きました。その内容を要約すると、「入手した65PBのペグの動作がスムースでないので、交換しようとGotohのペグを入手したのだが、ペグをネックヘッド裏に取り付けている4個のビスの内でボディー側の2個のビスのピッチが、65PBのヘッド側は27.5mm、Gotohのペグ側は26mmで合わない。ビスを斜めにもみ込みたくないので、何か良い方法はないですか?」というものでした。


 対応策として、ベースのネック側の加工ではなくて、新たなペグのプレートのビス穴を長円形に加工してピッチ27.5mmにする事を提案させていただきました。



 さて、その対応策はそれとして、ビス穴のピッチ違いの方に興味が湧いた私です。確かにピッチに違いがあるのは認識していたのですが、それはヴィンテージのFenderは26mmで、Gibsonは27.5mmというもので、同じKluson製でも出荷先に対してのピッチ違いがあるという認識でした。実際に私の持つFender61JBと63PBは26mm、Gibson 68Thunderbird non-reversは27.5mmでしたので・・・。

 しかし宮さんが知り合いのベーシストに問い合わせすると、Fenderでも64~65年の間で26mmと27.5mmのピッチの物が混在しているようです。

 そこで私がFender用のヴィンテージパーツとしてストックしているペグを調べてみました。Fenderのヴィンテージ・ペグとして入手している4個セットの内の3個はこちらです。



 ペグシャフトを受けている金具とペグプレートの取付け部に丸穴が開いているのは63年までのペグの仕様です。こちらは26mmピッチです。

IMG_0640.jpg          IMG_0638_20150510160447ca0.jpg




 1個のペグは他とは異なっていました。こちらの取付け部の開口は4角形なので63年以降、そしてカシメ部が削られていないので63年からあまり離れていないペグと推測するものなのですが、これは27.5mmでした。

IMG_0650.jpg          IMG_0646.jpg




 確かに同じFender用でもピッチの違いがあるのですね。これまでのデータから、63年くらいまでは26mmのピッチ、64~65年は両ピッチの混在期、65年以降は27.5mmになるのでは?と推測します。現代はともかく、この年代のアメリカの工業製品の仕様変更時期に仕様違いが混在する期間があるのはあり得る事と思います。



 今回記事にしているビスピッチとは別の相違点として、ペグプレートのデザイン(下画像の左が63年まで、右が63年以降)、そして上画像のペグポスト頭の面取りを見ると63年以降は面の角が立っている等の違いが分かります。

IMG_0641_2015051016043903d.jpg          IMG_0651.jpg




 さて、そこでこのblogをご覧で、Klusonのペグが取り付けられているヴィンテージベースをお持ちの方に問い合わせいたします。今回記事にしているビス穴のピッチをスケールで測っていただいて、コメント欄にてご報告ください。

 その際は、製造年と機種が分る記入をお願いします。「57OPB 26mm」、「62JB 26mm」、「65PB 27.5mm」等の表記で結構です。60年代のGibson Thunderbirdも同じKlusonのペグなのでチェック対象となります。66年の丸ペグ以降のJBは、メーカー、プレートデザインが変更されているので対象外です。

 いつの時期から変更されたのかが、推測ではなくてハッキリとしていないと寝付きが悪くなる私ですので(汗)ご協力ください。よろしくお願いします。
 先日、私が主催したライブにゲストボーカルとして参加してくれた地元のNo.1女性ボーカリストのNaomiちゃんが、広島のプロ~セミプロのミュージシャンに誘われて結成しているバンド“Bakersfield”のライブが当地であります。

bakersfield-shadow.jpg


 Naomiちゃんの私のライブでの歌いっぷりはこちらです。昨年の流行語大賞を受賞した“あの方”に似ていますが、Naomiちゃんに間違いないです(笑)



 “Bakersfield”のベーシストは知り合いのプロ・ベーシスト前田順三さんです。いつもの通りこちらには“手ぶら”で来ていただき、私の機材一式でプレイしてもらう予定で、既に機材選定の打ち合わせ済です。ベースは下の2本、61JBと63PBとなります。こちらも楽しみです。

IMG_0718a.jpg          IMG_0744a.jpg
 例年の如く、GWの後半の4連休は東京で過ごしました。初日はプライベートな1日を過ごし残りの3日間はベーシストの知り合いとお会いするという“ベースな”日々となりました。



 その3日間の1日目はベースブロガー(というジャンルが有るとすると)の第一人者shimnei_tさんのお宅にお邪魔して、試奏家(というジャンルが有るとすると)としても名高いshimnei_tさんの選択眼で選ばれた素晴らしいベース群を弾かせていただきました。

 なお、この日は上京する2日前に知り合いとなった宮さんもご一緒させていただいています。宮さんと知り合う事になった経緯は次のエントリにて説明します。

 Walter WoodsとEpifaniの最強ベースアンプセットで試奏させていただいたのはこちらです。

IMG_1506.jpg 先ずは、shimnei_tさんが現在夢中になられている、Tokaiの古いJBをフレットレス化を含めパーツ交換を行って、どれだけ良いベースになるのかというプロジェクトの第3号機です。


IMG_1505.jpg リアPUをメインにした“あの方の音”は勿論の事、2Vol&1Toneの様々なセッティング全てにおいて心地良いフレットレスサウンドでした。あるポイントだけでしか使えないフレットレスが多い中、これは良いベースでした。


IMG_1516_2015050721244194f.jpg 64PBです。フラット弦だったので、モチモチな音だったのですが、歯切れも感じられるバランスの良い出音でした。


IMG_1512.jpg これは凄いベースでした。King of electric bassの62JBです。ロー弦の押し出し感が半端なくて低音が腹にドンドン響いてきます。この押し出し感は残念ながらこの年式のJBでしか得られないものです。

 全てがオリジナルコンディションで塗装の状態も良くヴィンテージ価値がとても高い1本です。比べて私の持つ61JBはリフ物で価値は下がるのですが、弾いた感触はshimnei_tさんの62JBと異なる感がしなかったので安心した私です。


IMG_1513.jpg shimnei_tさんが最も気に入っておられる感がしたのは、この64JBです。62JBよりも少し腰高なイメージはあるのですが、バンドサウンドに埋もれない出音はこちらかな?と思います。


IMG_1518.jpg shimnei_tさんが現在持っておられるアクティブベースの5弦の2本です。左はレアなディンキーボディーのAlleva-Coppoloと右はセミアコボディーを持つCitronのSwallowのハイC仕様です。Coppoloは5弦5フレット以下もクッキリと音階が分るのが良かったです。Swallowは出音に嫌味無くアコの空気感が加わっていました。


IMG_1514.jpg こちらは宮さんが最近入手された65PBです。太さと歯切れが同居した、60年代中期のイメージ通りのプレべサウンドでした。


IMG_1511.jpg そして最後はshimnei_tさんと私の2人の一押しのGibson 67Thunderbird non-reversです。宮さんに弾いて弾いていただくと、PB以上の低域のパワフル感とJBに似た高域の切れに驚かれていました。宮さんもThunderbirderの仲間入りでしょうか?(笑)


 とっかえひっかえベースをチェックしながらのベース談義も気が付けば数時間があっという間に過ぎてしまいました。



 翌日は、すわべさんオアシス地球さんと私の3人で御茶ノ水→新大久保→渋谷の楽器屋巡りを行いました。毎回どなたかが何かを購入するという“危ない”楽器屋巡りなのですが、今回は「これは!」というブツとの出会いが無く、早めの打上げ(飲み会)に突入しました。1年に一度お会いする(オアシス地球さんとは2年振り)サイクルなのですが、今回も深~いベース談義、バンド談義となって楽しい時間となりました。

 楽器屋巡りの詳細はすわべさんのblogにあります。(その1)(その2)(その3)



 最終日はお一人のベーシストとお会いしました。この方とは東京でも私の地元でもお会いしている方で、ベースに関しては勿論の事、お仕事に関しても前向きな方で、ベースネタ以外のお話も楽しめました。



 ここ数年はこんな感じで、楽器屋でベースをチェックするよりも知り合いとベース話をしている方が楽しくなり、何かを得て帰るぞ!的な気負いは皆無の自然体の東京滞在となっています。今回お会いできた方達とも普通に出会ってお話をして、「では又お会いしましょう」とお別れしています。皆さんと、とてもナチュラルなお付き合いができて嬉しく思えたGWでした。お付き合いしていただいた皆さん、ありがとうございました。
 先日の私の還暦記念ライブで、その日限りの限定復活をしたThe All Your Love Blues Bandです。

IMG_0632.jpg


 元々はリアル・ブルースマンのMune-Gがリーダーとなり、2000年にMune-G & The All Your Love Blues Bandとしてバンド活動がスタートして、今年で結成15周年となります。当初は4人組のブルースバンドだったのですが、ホーンとコーラスを加えてR&B色も濃くなっていきました。

Mune-G Band


 このバンドは本当に数多くのライブをこなしています。毎月最低1回の県外遠征+地元での活動で、1年に10数回のライブを10年以上続けてきました。



 下は2007年12月のライブ動画で、ピアノは何とあの日本のトップ・ジャズピアニスト 佐山雅弘さんです。このライブの詳細はこちらにあります。



 佐山さんには曲名とKeyを書いた紙をお渡しして、ステージ上では私がアイコンタクトで曲の構成をお伝えしました。この日のステージは一生忘れる事が出来ないです。手ブレと音飛びとブレブレのベースソロは無視してご覧ください(汗) 



 さて、そのように順風満帆だったバンド活動で大きな転機というか危機が訪れたのは2009年2月の事で、バンドリーダーのMune-Gが急逝したのでした。

 その時は本当にショックを受けてバンド解散も考えたのですが、メンバー間の話で何とか継続しようという事になり、私とドラマー、そしてコーラスの女子が各曲でボーカルを担うスタイルで、The All Your Love Blues Bandとしてその後のライブ活動をこなしてきました。

 現在は若いメンバーが結婚して子育て中という事もありバンド活動は休憩中なのですが、私の還暦記念のライブへの参加を打診したら皆から二つ返事が返ってきて、数回の練習をこなし、先日のライブで演奏を行ったという次第です。

IMG_0615.jpg          IMG_0607.jpg


 そのステージはお客さんには申し訳ない程に自分達で楽しめるものとなりました。初期のコーラス隊のメンバーもステージに引っぱり出して、当時の振り付けで歌ってもらいました。

IMG_0601.jpg          IMG_0565.jpg


 あまりの楽しさに、メンバー皆が「いつかまたやりたい!」と言っているので、機会があればどこかで再びの演奏を行うやもしれません。(ベタな表現ですが)音楽で繋がるって素晴らしい事だなと再認識出来たこの日の復活ライブでした。

fc2_2015-04-27_14-06-13-321.jpg          fc2_2015-04-27_14-06-24-427.jpg


 七回忌となったMune-Gもこの日の楽しいステージを空の上から聞いていてくれたはずです。「オレにもギターを弾かせろよ」とか言いながら・・・。
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム