Archive
IMG_9665.jpg 最近はあまり弾く機会のない68TLBです。いざ弾くとなるとどうしてもジャズベタイプを選んでしまうので・・・。


 私の頭の中では未だ弾きこなせていないと思っている68TLBなのですが、その要因の多くはピックアップ(以下PU)にありました。PBとほぼ同位置にありながらもシンプルなシングルコイルPU(しかもポールピースが各弦に一ケ)であるが故に、出音にはPBほどの押し出し感が無くてコンコンという硬いものでした。

IMG_9630_20150228160937dfe.jpg これを改善しようとこれまでに何個もPUを交換してきたのですが、好みの音までには至っていなかったのです。画像で取付いているのはSeymour Duncan Custom shopのPUです。


IMG_9620.jpg そんな中、ヤフオクでこんなPUを見かけました。


 見た瞬間に笑ってしまいました。「何?このポールピースのでかさは!」人間、驚きを超えると笑ってしまうのですね。ヤフオクでの商品説明を読むと、Sentell pickupsというアメリカのメーカーのP-51という製品でコイルは手巻きのようです。

IMG_9621.jpg これまで68TLBのPUを色々と交換してきた間にDuncanのSCPB-3も試していたのですが、その大き目と感じていたポールピースの径が1/4インチなのに比べて、P-51はその1.5倍の3/8インチです。


 このルックスを見てしまったら“ドッグショップでブサカワなワンコを見かけて心を奪われた”状態になり、入札ボタンをポチッていました(汗)

 さて落札して自宅に届いた梱包を開けてもその見た目のインパクトは強いままでした。えんどう豆のさやを開けると特大の豆があって得した気分になるというか・・・(笑)いやいや、もう既に手元にあるので、もっと客観的にPUをチェックしなければなりません。

IMG_9668.jpg 内部直流抵抗は12.29kΩで大き目です。


IMG_9669.jpg これまでで一番パワーがあったSCPB-3は同等の11.29kΩなので、ポールピースがドでかい程はP-51のパワーが勝っていそうです。


IMG_9670.jpg ついでにオリジナルのPUも測定しました。6.30kΩです。どうりでパワーが無いはずです(汗)


IMG_9623.jpg ポールピースが太いので、その外側にボビンからはみ出そうな勢いでコイルが巻かれています。


IMG_9639.jpg このP-51が太いポールピースと(抵抗値の大きさから推測する)多めに巻かれたコイルによる“力技”だけでは無い事を伺わせるのは、このアングルで分るPUトップのポールピースの出っ張り具合です。1・4弦用と比べて2・3弦用のポールピースがほんの僅か(0.5mm程度)多く飛び出ていて、指板のアールに対応しているのが見て取れます。


IMG_9628.jpg 裏面はポールピースが面一に収まっているので、2種類の長さのポールピースを使っているという事になります。3弦のポールピースのみが突出しているオリジナルのPUよりも各弦の出力音量バランスは良さそうです。


IMG_9636.jpg オリジナルPUよりもほんの少しボビンが大きいので、PUキャビティーに押し込む感じでインストールしました。コイル部がボディーに沈んで見えなくなっても見た目のインパクトはそのままです。


 そしてアンプからの出音をチェックしました。その第一印象は「音デカっ!」これまでにセッティングしていたアンプのボリュームを3目盛り程下げました。肝心の音色ですが、「おっ、これはイイかも!」その見た目からグズグズに崩れた出音を覚悟していたのですが、これは良い意味で裏切られました。

 オリジナルPUの音色の背骨(高域成分)の強さはそのままに足(低域成分)に筋肉がついて強固になったって感じです。PBの力強さにJBのキレも併せ持った出音とも言えるのですが、やはりTLBが持つキャラは色濃く残っているので、他のベースと使い分けしてもTLBとしての役目は全うしてくれそうです。

 TLBのキャラがより立ってきたので、弦をこれまでのハーフ・ワウンドからフラット・ワウンドに換え、(画像はありませんが・・・)更にブリッジ前でスポンジミュートを行ないました。これまでのPUではミュートすると出音がさらに細くなっていたのですが、P-51への交換後はミュートをしていても強い押し出し感が加わっています。ミュートする事によって音量は下がるのですが、P-51のバカでかい出音が少し下がるだけなので全く問題無しです。

 出音としてはこれまでのPUの中でベストだと言えるのですが、プレイ面での感想を少し・・・。

 まずはプレイ面でのプラス点です。これまでのPUは弦1本に対して小さな1個のポールピースで対応していたので、弦を横方向に強く弾くと弦がポールピースの磁界からはみ出てしまい、音の頭がフッと無くなる“消える魔球”となっていたのですが、P-51では大きなポールピースで広範囲な磁界となっているので、この症状は起こりません。

 唯一というべきマイナス点ですが、PUトップよりも1mm以上飛び出しているポールピースの縁に面取りが無いので指が当たると痛いです。これは縁の面を取るか、1・4弦用のポールピースをPUトップと同じ面に沈めるかの対応をメーカーにお願いしたいところです。

IMG_9660.jpg という事で、出音はOK、見た目もOK(?)となった68TLBですが、次回のエントリーでは少し手を加えて更に気に入ったものに仕上げたいと考えています。
スポンサーサイト
 来月、参加しているラテンジャズバンドのメンバー同士の結婚式があり、その披露パーティーで演奏をするのですが、曲数が限られているので、いつものエレベのBV-ⅤとアップライトのBaby bassの2本の会場への持ち込みは止めて、BV-Ⅴのみにしようと考えています。

 となると、いつもはBaby bassを弾いている曲を5弦エレベのBV-Ⅴで演奏するという事になるので、BV-Ⅴの出音をBaby bassっぽくする策を考えたのですが、やはりミュートを効かすのが良いかな?となり、以前から持っている下のパーツを取付けする事にしました。

IMG_9854_201502232119114c0.jpg これは、Ellio Martina Guitars.というオランダのメーカーが製作しているThe BassMuteというパーツです。実はこのBV-Ⅴを入手した後に一度BassⅯuteを取付けした事があるのですが、その時にはあまり心地良いミュート具合とはならなかったのでした。


 その原因は弦をミュートする箇所のウレタンスポンジが経年劣化で硬化していたからだったので、D.I.Y店で適度な柔らかさを持つウレタンスポンジを購入し、カッターナイフで整形して交換しました。

IMG_9851.jpg 各弦の持つ振動エネルギーの大きさに対応してミュート・スポンジのサイズは全て異なります。BassⅯuteの可動するミュート受けとウレタンスポンジとは瞬間接着剤で貼り付けしています。


IMG_9898.jpg BassⅯuteをBV-Ⅴのブリッジ前に取付けました。取付け方法は両面テープでの貼り付けです。各弦に対応するミュートは適切な位置決めをした後に6角レンチで締めて固定しています。


 ウレタンスポンジ交換後のミュート具合がとても良好になったところで、私のBassⅯuteの使い方を説明します。

ミュートオフ

IMG_9867.jpg スラップをする時はミュートをオフっています。高音弦のピキーンという音の伸びが心地良いです。


ハーフミュート

IMG_9868.jpg ミュートレバーを90°回すとハーフミュート状態となります。通常の指弾きの場合はこの状態にしています。嫌味な高域がカットされ、中低域が太ってきてベースラインが浮かび上がってきます。このBV-Ⅴはセットネックの為か元々長いサスティーンを持っているので、少しミュートした状態で音に切れが出てきます。


 ミュート時には音量が少し下がるのも都合が良いです。というのも指弾き時はスラップ時よりもアンプからの出音が大きくなるので、この出音の増大分を抑える効果となるからです。これまではベース本体のボリュームで調整していたのですが、これがミュートレバーの操作だけでOKとなっています。

フルミュート

IMG_9869.jpg ミュートレバーをさらに90°回すとフルミュートとなります。この度はこのミュート音欲しいが為にBassⅯuteを取付けしたのでしたが、その出音はさすがに箱ボディーを持つBaby bassぽくとはならなかったです。ただ4ビートをプレイするには程良い音の太さとキレになっています。音量はハーフミュートよりもさらに小さくなるので、押し出し感を強めるにはボリュームアップが必要となりますが・・・。


 自分の指のみで多彩な音色が出せるのに越した事は無いのですが、今回取付けしたBassⅯuteはベース本体からの出音を“機械的“に変化させるという点において、後付けのコンプやEQによる“電気的”な音質コントロールよりもより“人間的”な感じがして、自分の感性には合っていると思います。

IMG_9902.jpg


 イメージ的には、弦を弾く右手とブリッジ側の間にもう一本手が在って、手のひらミュートをしてくれているって事になるのでしょうか?下にThe BassMuteの二段階のミュート具合が分る動画を貼り付けておきます。

IMG_9713.jpg Phil Jones Bassのベース用ヘッドフォンアンプBIGHEADと同メーカーのヘッドフォンH850を入手しました。


 自宅での練習の際、さすがに深夜にベースアンプを鳴らす事は出来ません。そして音源から細かなベース音を拾おうとしたら耳元でしっかりとモニターする必要があります。これまで数種類のヘッドフォンアンプを使ってはいたのですが、どれも100%満足出来るものでは無かったのと、これまで使っていたSONYのヘッドフォンが壊れたので、機材を新たにしようと考えたのでした。

IMG_9712.jpg 先ずはパッケージから出しての第一印象は、「かなりコンパクト!」でした。(寸法等の詳細はメーカーサイトで・・・)艶消しシルバーのケースには高級感も覚えます。


 チェックすべきはその中身なのですが、先ずは機能的には必要十分の内容ですね。マスターボリュームに加えてベースの入力ゲイン、トレブル・ベースのEQがコントロールできます。AUX-inからの音源に合わせての練習ができます。そしてPCのUSB端子から充電する内蔵バッテリーは、連続8時間の使用が可能なのもありがたいです。

 さて肝心なその“音”ですが、基本的にはやはりベースアンプではなくてヘッドフォンアンプなので、EQツマミがセンターの位置ではクリアーで固めの音です。私の好みは真空管アンプからの音なので、EQのベースを少しブースト、トレブルはかなりカット、そして入力ゲインを上げ目にして太さを加えました。

 これで好みの音に近付けたのですが、更に太さを加えようとすると外部のエフェクターに依存する必要があり、コンパクトな練習機器のイメージから外れるのと、あまり太さを加えるとヘッドフォンの低域の再生能力を超えてしまいかえってベースラインが分り辛くなるので、これでセッティングは終えているのですが、BIGHEADのみでの音作りで、5弦ベースのB弦やBabybassのファットなベースラインも崩れることなく聴き取れています。

 これまで使っていたSONYのヘッドフォンは壊れたのは頭に装着するパーツで、スピーカーには問題が無いので、同時購入したPhil Jones BassのヘッドフォンH850と聴き比べてみました。聞こえる音量はBIGHEADのアウトプットが同音量でも効率が良いのかSONYの方が大きかったです。音質の方はH850が低域もクリアーに聴こえてベースラインがクッキリとしていました。音源からの細かな音取りにはH850が向いています。

 H850の特筆すべき点はその良好な装着感です。違和感なく頭・耳にフィットしてくれて長時間の練習が苦になりません。これまでのSONYだと重さと圧迫を覚える装着感の為に時々はヘッドフォンを外して休憩が必要でした・・・。

 さて、今回のPhil Jones Bass BIGHEADとH850は“買い”だったのか?という点ですが、真空管アンプのような図太い出音ではないので100%好みの音とはならなかったのですが、練習用としてのベースラインの聴き取り易さというポイントにおいてはこれまで使ってきた機器の中ではベストとなります。

 少しの難点は同軸2連×2ケのツマミの動きがとても渋くて、軽量な本体を片手で押さえつけていないとツマミが回し辛いってところでしょうか?不用意に触れてもツマミが動かないというメリットもあるのですが・・・。

IMG_9719.jpg 今後はこれで練習すべく、自室のベースのケースを収めたラックの角柱にマジックテープで貼り付けしました。AUX-inへはTASCOM GT-R1からの音源を入力しています。さて、練習・練習♪
 今、5弦ベースとしてはこればかり使っているVestax BV-Ⅴですが、少しの難点がありました。ストラップで吊った重量4.9kgが左肩にズンと乗り掛かって、2曲程プレイしたら肩が痛くなるのです(汗)。Fender系の3kg後半~4kg前半の軽量なアルダーボディーのベースに慣れた体には、BV-Ⅴのウォルナットの激重ボディーは負担となります。

IMG_9523.jpg その対応策としては軽量ペグへの交換しか思いつかなかったので、GOTOHのGB350を入手しました。事前リサーチでBV-Ⅴにこれまで取付けられているペグ(型番不明 おそらくGOTOH製)と互換性があるのを確認してオーダーしています。


IMG_9528.jpg どれだけ軽くなるのかを確認するために、取外したこれまでのペグの重さを測定すると、ペグ5個・ブッシュ・ビス等全てのパーツの合計で317gでした。


IMG_9526.jpg 入手したGB350は198gでこれまでのペグよりも119g軽くて、元の5個のペグが2個減って3個になる計算になります。


IMG_9542.jpg 互換性を確認してはいたのですが、ペグ1個につき1本の取付けビスの大きさが、新たに取付けるGB350の方が小振りだったので、ネックヘッド裏のビス穴を埋め木しました。これ以外には問題無しでサクッと交換が終わっています。


 ペグのツマミとポストはこれまでのものよりも一回り大きくなり、ゴールドのメッキも濃い色でインパクトがあるので、ヘッドにおけるペグの存在感は増しています。

IMG_9520.jpg          IMG_9531.jpg


IMG_9575.jpg ただ一つのルックス上のマイナス点は、ポストが太くなったので弦を巻く外周の位置が変わり、ヘッドを真正面から見ると、これまで5弦以外の1~4弦はナットからポストまでほぼ平行に並んでいたものが、あちこちに向いてしまった事なのですが、これに関しては見て見ぬふりをしています(汗)


 ヘッド裏面です。ペグの形状を見れば分るのですが、5個共に同じ物です。それ故に1、2弦のペグを回す際には「あれ、どっち回しだっけ?」とペグを軽く回しての確認作業が必要となります。

IMG_9515.jpg          IMG_9534.jpg


 さて、軽量ペグに交換してヘッドが125g軽くなったVB-Ⅴの重量は肩にどう感じたのでしょうか・・・?正直なところ肩への負担はいくらか楽になった程度です(汗)。全体総重量4.9kgが4.8kgになっただけですから・・・(汗)

 ただし、ネックの取りまわし具合は変わりました。別にベース全体を振り回しているのでは無いのですが・・・(笑)。リズムをとったり、左手を指板上で広範囲に動かす際に弾き易いようにネックを動かしたりするのがスムーズになっています。その意味ではベースが軽くなったような気がします。

 さてさて、以上のように肩への負担に関しては劇的改善とはならなかったのですが、音に関しては変わりました!これまでの経験からペグを軽量にしたら、“出音が明るく軽くなる”と推測していたのですが、全くその通りでした。

 これまでのBV-Ⅴの出音は重たいウォルナットボデーの影響下にあって、中身が硬く締り、外回りは角が立っている感じの出音でした。音のイメージを図形で表せば■、文字で表せばゴッキンです。これが軽量ペグの交換後には角が丸くなってオープンな響きとなり、図形で表せば○、文字で表せばボッコンとなっています。

 軽量アルダーボディーのFenderを軽量ペグに換えたらコンプ感が無くなって軽いベース音となり、好みの音にはならなかったという経験を持つ私ですが、重たいボディーで重厚&硬質な出音だったBV-Ⅴは、軽量ペグによって良い方向への変化となっています。

 これまではベース本体のアクティブ回路のハイEQを絞って耳に痛いハイを抑え、かつブリッジ部の各ビスを少し緩めて硬い鳴りをルーズにしていてのですが、ペグ交換後はハイEQの絞り具合を少し戻し、ブリッジのビスもタイトに締めています。

IMG_9579.jpg


 Vestax BV-Ⅴ、ペグの交換後に少し波打ちしていたフレットを軽く擦り合わせして、出音も弾き心地も気に入った状態に仕上がってきました。
IMG_9553.jpg 画像ののピックアップ(以下PU)廻りに取付けしてあるパーツはよくエスカッションと呼ばれるのですが、Thunderbirdの場合はPUがビスでボディーに直接取り付けてあり(建国記念と除く)、単なるPUとボディーに掘られたPUキャビティーの穴の隙間塞ぎとなっているので、エスカッション(台座)というよりもリングと呼ぶのが適切かもしれません。


 先日入手した64年製のPUにマッチングするリングを探そうとしてみて分かったのですが、このThunderbird用のPUのリングには様々なものがあります。手持ちのものを年代の古い順に説明します。

68ノンリバース
IMG_9557.jpg 60年代のリングで65年までのリバースモデルと同形状。
 四隅の丸面取りが大きいのが特徴。
 取付けは平頭の小さな皿ビスで、皿モミも小さい。
 厚みは計っていないけど、薄っぺらな感じ。


76 建国記念
IMG_9559.jpg PUの外カバー、リング、スペーサーのデッドストックを持っています。


IMG_9560.jpg 四隅の丸面取りが小さい。
 メッキが厚いのか表面がモッコリとしている。


90’ Epiphone-Japan
IMG_9561.jpg 国産ThunderbirdのPUリング。
 60’をよくコピーしていて雰囲気はヴィンテージ。
 ミリとインチの規格違いの為か、開口が小さくてヴィンテージPUは入りらない。
 取付けビス位置もヴィンテージとピッタリではない。


Kaminari Yardbird
IMG_9563.jpg 国産ノンリバースコピーモデルKaminari YardbirdのPUリング。
 材質はアルミ。
 四隅の丸面取り等の形状は一見ヴィンテージに近い感じだが、板の切り小口が立っていてシャープなイメージがする。
 開口が大き過ぎてPU周囲に1mm程の隙間ができる。
 取付けビス位置は短辺・長辺側ともヴィンテージとビス半分ほど外側に広がっている。


 4つのPUリングを並べると“似て非なるもの”というのが分ります。メッキの色の違いから、右2つはクローム、左2つはニッケルと判断しました。

IMG_9565.jpg


 PUとリングの組合せには加工が必要なものがあり、ヴィンテージThunderbirdのPUリングはヴィンテージパーツを探すしかないという事になるのですが、このヴィンテージのPUリングはeBayでも見かけた事は無くて、入手は超困難です(泣)
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム