Archive
 カズくんが持込んだベースを紹介します。幅の広い彼の嗜好が窺えます。

 62PB
IMG_3453.jpg フルオリジナルの62PBです。弦を弾いた際のネック&ボディーの揺れは、私の61JBと近い感じがします。この年代の楽器にしか出せない“味”があります。これを“味”の一言で片付けてしまって、文面で表現出来ない私の文章力の乏さが悔しい(泣)


 Sadowsky
IMG_3454.jpg サドのギラついた出音は苦手とする私ですが、プリアンプをオフって弾いてみると、しっかりとローが出ていて、かつとても立上りが良いのに驚きました。E弦解放はこの日チェックしたどのベースよりも大きな音で、サムピング1発でドッカーンです。「NYCは一味違うぞ」ってところでしょうか?ボディートップの木目も高級感溢れるものでした。ボディーが小振りなディンキー仕様とも相まって、無駄な贅肉を極限まで削ぎ落としてチューンナップしたF1のイメージがします。


 Citron
IMG_3455.jpg ハイC仕様の5弦です。厚いマホガニーを削ってアコ・ボディーにしているもので、こちらもお高そうです。2~5弦は通常の4弦ベースと同じで、ロー弦を弾くと“アコベース”の感覚なのですが、ハイC弦が絡むと“アコギ”となってしまって弾くフレーズが思い浮かばなかった私です(汗)。コードプレイが出来たら面白そうです。


 もう1本Fender Custom shopのJBも弾かせていただきました。ハカランダ指板、アビゲイル・イバラ女史がコイルを巻いたPUを搭載等のハイスペックなベースなので、これからの“育ち”が楽しみなところです。アビーといえば、最近引退されたそうです。私の61JBのPUも彼女がコイルを巻いたのかもしれません。長年、お疲れ様でした。

 これまで多くのベースを所有してきて、そしてこの日も何本かを弾いてカズくんが出した答えは、「やっぱり僕は60年代頭のFenderが好きだ」というものでした。ヴィンテージベースの価格が高騰しつつある昨今、入手する事は難しくなりつつありますが、情報のアンテナを張り巡らしていつかは理想のベースに巡り合えば良いですね、カズくん。

 さて、次回はカズくんの持込みしたアンプ類のエントリーです。
スポンサーサイト
 1月の広島ベース会で知合いになったカズくんが、私のスタジオにいらっしゃって、2人だけのプチ・ベース会を行いました。2人だけとは言っても、私が7本、カズくんが4本の計11本のベースを持込んで、5時間に亘る濃くて熱い試奏&トーク会となりました。

 カズくんはまだお若い方なのですが、行きつけの楽器屋曰く「広島で一番、数多くのベースを買っている」との事です。ただこれまで購入した数十(百?)本のベースを全て持っているのではなくて、自分にベストなベースを求めて売り買いを繰り返しているそうです。そして最近は「自分にベストなのはヴィンテージFenderではないのだろうか?」という思いが強くなり、私の持っているベースを試してみたいとオファーがあったのでした。



 写真を撮り忘れたベースもあるのですが、この日2人が持込んだベース&機材を紹介します。先ずは私のベースです。

 61JB
IMG_3448.jpg カズくんから「是非とも・・・」とのオファーがあった61JBです。リフィニッシュ物でヴィンテージ価値は低いのですが、これまで私が弾く機会のあった他のヴィンテージベースと比べて、弾き易さ・鳴り・出音等で負けた気がした事は無くて、私にとってベストなベースです。カズくんからも「これは良いですね」との評価をいただきました。


 66JB
IMG_3449.jpg 61JBと比べると明る目の出音となります。一般的にJBの音と認知されているのはこちらの音かも知れません。


 66PB
IMG_3450.jpg 写真を撮り忘れた63PBと弾き比べをすると、61JB:66JBの音の対比と同じく63PB:66PBとなると思います。沈み過ぎず、ある意味使い易いPBです。


 68TLB
IMG_3451.jpg シングルポールピース特有の、強く弾くと“消える魔球”となる出音に手こずっていたカズくんです(笑)。弦を垂直に押込む様に弾かないとローが出ないのです。


 68Thunderbird non-reverse
IMG_3452.jpg 最近、私とshinmei_tさんの2人で盛り上がっているノンリバです(笑)。左手にブルブル感じるネックの揺れに「気持ちイイ!」とのカズくんでした。カズくん曰く、「61JBと63PBとノンリバの3本が有ったら、他は要らないですね・・・」、「はい、私もそう思います(笑)」


 写真無しのYAMAHA BB-Limitedですが、これはなんと以前カズくんが高校生の頃に持っていた物との事です。ハイハネだったのでフレットレスにした後に、「色が高校生にとっては渋すぎた」ので手放して、その後に私が入手してフレットを打ち、現在に至っています。

 この後はカズくんの持込み機材となるのですが、それは次回のエントリーにて・・・。
CANOVA.jpg 島根県松江市から出雲市にかけて大きく宍道湖が広がっています。ここに浮かぶ嫁ヶ島は夕日を見る絶好のスポットとなっていますが、訪れたこの日(5月19日)は残念ながら曇天でした。


CANOVA (1) その宍道湖湖畔にあるライブハウス松江AZTic canovaで行われた“RC SUCSSES SHOW 9”にラテンバンドの熱狂楽団 TAPASCONが出演しました。5バンドが参加するイベントの3バンド目に出演したTAPASCONのメンバー総勢15名がステージ狭しと立ち並びました。


 横に長い島根県の西の果てに在る私の住む街から県東部の松江には車で3時間半掛ります。ちなみに他の県庁所在地の山口市は1時間半、広島市は2時間、福岡市は松江と同じく3時間半で行けます。その距離の為か日頃の音楽的な交流は希薄で、私自信も他のバンドでの活動を含めて初の松江での演奏となっているので、この日は「果たして自分達の演奏は松江でどう受け止められるだろうか?」と少々の不安がありました。

CANOVA (2)


 しかしその不安は1曲目の演奏会開始後数秒で吹き飛びました。お客さんは笑顔で手拍子を打っていらっしゃいます。「良し!ツカミはOK」という事で、熱いラテンナンバーからダンサブルなディスコナンバーまでたて続けに演奏したTAPACSONです。

CANOVA (4)


 ステージ中盤からは“総立ちバンド”との異名を持つTAPASCONらしく(?)、総立ちのお客さんからは大きな手拍子を打っていただき、それでTAPASCONの演奏も更にヒートアップするという熱い相乗効果が、canovaのステージ~客席をハリケーンの如く吹き荒れました。

IMG_3441.jpg


 このライブの主催者様からは、定期的なライブ参加のお誘いをいただきました。そして大勢お越しいただいた松江のお客さんにも感謝します。ありがとうございました。又、やってきます!

CANOVA (7)


 この日のステージ写真は広島のベーシスト&フォトグラファーのべーさんに撮っていただきました。べーさん、わざわざお越しいただき、そして写真もありがとうございました。多くの写真はこちらにあります。パソコンからご覧ください。
 べーさんのblogはこちらです。

CANOVA (8)


 TAPASCONはこの松江ライブと7月14日のジャズフェスタやまぐちへの出演を今年前半の大きな目標として、週一の練習をこなしています。あと一本、頑張ります!

 ゴールデンウィークに上京して、blogでお付合いの有るベーシストの方々と楽器屋巡りをしました。その内のお1人のshinmei_tさんとお話をした際に、Gibson Thunderbird ノン・リバース(以下ノンリバ)の話を振った私です。

 これまでblogでやりとりをしていた中で、どちらもノンリバが好きだというのが分かって、「いつかはノンリバ」を合言葉(?)としてきましたが、昨年末に私が先にノンリバを入手していたのでした。

 お話の中で「ノンリバって良いですよね。・・・そう言えば、少し前にヤフオクにノンリバⅣ(2ピックアップ)が出ていたのですが、売れちゃいましたね。」と私が言うと、少しのタイムラグの後に「あれ、私が買いました。」の返事が返ってきました。

 「えっ、そうなのですか!?」と驚く私に、shinmei_tさんからは「これから行く店にリペアに出しているから試奏出来るかも?」との返事でした。これは楽しみになるなぁとノンリバの事ばかり考えていて、訪れた何店かのお店にあるヴィンテージベースには一瞥を与えただけで試奏まで行う気にならなかった私でした。

 shinmei_tさんがノンリバをリペアに出している新大久保のクロサワ・ベースセンターは今回の楽器屋巡りの最後の店となる予定だったのですが、途中で立ち寄った代官山のギター・トレーダースでは、入荷したてで調整中のノンリバⅣを見かけて店員さんに貴重なお話が聞けましたし、もう一店舗ではノンリバⅡ(1ピックアップ)があり、更に国産のノンリバを試奏も出来るなど、私にとってこの日は正に“ノンリバ感謝Day”の様相となっていました。

 さていよいよクロサワ・ベースセンターでshinmei_tさんのノンリバにご対面~!です。

DSCF2553.jpg


 サクッと見た限りではヤフオクでの商品画像で分かっていたボディー裏面の塗装剥げはそれ程醜いものでは無く、それ以上に綺麗な指板・くすみの無いピックアップのメッキ・傷の少ないピックガード表面等々は、私の持つノンリバよりも程度が良いなぁと感じました。

 弾かせていただいての感想は、ネックはとてもストレートに調整されていて弦高も問題無し、ネックの鳴りは「これがノンリバ」と言えるほどに心地好く手に伝わり、そしてアンプからの出音は「ブリブリ音の一つの完成形」と言えるほどに私の耳に届きました。

 ピックアップ、ボディー、ネック、その他のパーツの複合要因でこの音が成立っているのだと思いますが、それ故にこの音は他の“ノンリバの格好をしたベース”では出し得ないですね。ベースセンターのチバさんとの話の中で「ヴィンテージと今の楽器と音が違うのは、例えばトラスロッドの鉄の成分をみても今と昔は違う事などにも要因がある」とお聞きしたのですが、「なるほど」と大きくうなずいた私です。

 今後のshinmei_tさんによる詳細のエントリーが楽しみです。shinmei_tさん、「いつかはノンリバ」の夢がお互いにやっと叶いましたね。次には“ノンリバ友の会”でも立ち上げますか?私とshinmei_tさん、そして博多のレオスキさんの3人の会員加入は確実ですよ(笑)。
 ライブのご案内です。



 『RC SUCCESSHOW 9』

TAPASCON松江カノーバ


 日にち / 5月19日(日曜日)
 場所 / 【松江AZTic canova】 島根県松江市嫁島町13-25 Tel0852-67-1821
 出演 / 熱狂楽団 TAPASCON、その他
 時間 / TAPASCONの出演するホールステージは Open 17:00 / Start 17:30 TAPASCONの出演時間は18:40 ~ 19:10です。
 入場料 / ¥1,000 (当日¥1,500) ドリンク代別途\500
 【松江AZTic canova】のHPはこちら
 ライブに来られる方は受付けにて「TAPASCONを見にきた」とお伝えください。チケットノルマがありますので・・・(願) 



 『梅雨をぶっとばせ!』

 日にち / 6月22日(土曜日)
 場所 / 【Apple Jam】 広島市西区横川町3-5-5 TEL082-233-9271
 出演 / ARGUS、その他
 時間 / Start 19:00 ~ Last 24:00
 参加料 / ¥1,500 1ドリンク付
 【Apple Jam】のHPはこちら



 『第9回 ジャズフェスタやまぐち』

jazzfes9.jpg


jazzfes9_0001.jpg


 日にち / 7月14日(日曜日)
 場所 / 【ニューメディアプラザ 山口】 山口県山口市熊野町1−10 Tel083-921-1125
 出演 / 熱狂楽団 TAPASCON、その他 [TAPASCONはフロアーステージ(飲食可)に出演します]
 時間 / Open 11:30 / Start 12:00 ~ 19:00
 入場料 / ¥3,500 (当日¥4,000)
 『第9回 ジャズフェスタやまぐち』のHPはこちら
 5月11日(土)は、1年振りに東京からChihanaさんをお迎えしてライブを行いました。2ndアルバム「RED and BLUE」の発売記念ツアー~中国&九州編の初日となっています。



松本ナリアツ
IMG_3314.jpg


 先ずは山口県周南市からの若手ホープ、松本ナリアツくんのステージです。彼はこの夏からは活動拠点を東京に移してがんばってみるとの事です。期待しています。



Chihana
IMG_3323.jpg


 Blues色が強かった昨年とは変わって、今回のステージは彼女の中から湧き出た音楽性“Chihana色”がより濃くなっていたと感じました。ギタープレイも明らかにバージョンアップしていて、若い彼女がどんどん成長している様が分かりました。彼女は今月号のPlayer誌にもフューチャーされています。

IMG_3331.jpg 彼女の弾くリゾネーター・ギターは故加藤和彦さんから譲り受けたものです。良い鳴りをしていました。これからも永く使っていってもらいたいものです。




ARGUS
IMG_3344.jpg


 私のバンド、Wishbone AshをトリビュートしたARGUSは新レパートリーも組込んだステージを行いました。

 先般、東京で弾いたノンリバThunderbirdを「やっぱりレスポンスが良いわっ!」と再認識したので、今回は自分のノンリバをプレイした私です。Wishbone Ashのベーシストはリバースオンリーでノンリバを使っていないのですが、Thunderbird繋がりという事で・・・(汗)。



SESSION
IMG_3346.jpg


 ライブの最後はお決まりのセッションです。ギタリスト4人のソロ回しで盛り上がりました。私は63PBを持ってバッキングに徹しました。Bluesセッションでのベースの立ち位置を考慮しながらのプレイは楽しいものです。ギタリストのプレイ(感情)の起伏にすかさずこちらも追従します。セッションでの盛り上りのきっかけを作るのはソロプレイヤーですが、そのソロプレイヤーの尻を叩いてさらに盛り上げるのは、バッキングのベースやドラムの役目ですので。

IMG_3357.jpg エレキギターを弾くChihanaさんの立ち姿は凛としてカッコ良いです。ギュイーン・ギュイーンとスライドでドライヴさせまくっていました。




 Chihanaさん、前日からの夜行高速バスでの移動、お疲れ様でした。19日までの中国&九州ツアー、がんばってください。また次回もお呼びします。更にバージョンアップしたChihanaさんを期待しています。
 ゴールデンウィーク(GW)の後半は東京で過ごしました。その内の5日(日曜日)はとても濃いベースな1日となりました。1月の広島でのベース会に来られていた@べぇすさんに「GWは東京でお会いしましょう」とお話をしていたら、blogでお付き合いのあるベーシストの方々に声を掛けていただき、更に待合い場所・時間等もセッティングしていただいて、午前11時からベース会@東京がスタートしたのでした。

 待合い場所の御茶ノ水駅に集合したのは、shinmei_tさんオアシス地球さんすわべさん、天災ベーシストさん、@べぇすさん、そして私の6人です。ベーシストという事だけが共通項で、年齢・ルックス等は(見事に!?)バラバラな6人(笑)の楽器屋巡りがスタートしました。

 私のリクエスト(わがまま?)に応えていただき、ヴィンテージ物をチェックしながら御茶ノ水~渋谷~代官山~新大久保へと移動し、気になったベースは試奏しつつの皆さんとの語らいはとても楽しかったです。皆さん、演奏スキルの高い方ばかりで初めて手にするベースでもサクッと弾きこなしていらっしゃいました。

DSCF2552_20130508193026.jpg こちらは、shinmei_tさんがキープしかけた(?)Ibanezです。

 
DSCF2549.jpg オアシス地球さんは事前に目を付けられていたEuphonic Audioのコンボアンプをゲットです。


 私、個人的にはGibson ThunderbirdのノンリバⅣを2本見掛けたのが収穫でした。楽器店のHP等にはアップされていないノンリバⅣが2本もあるって言うのが「さすが東京!」と思ってしまうところです。内1本は先般の米国ダラスのギターショウにて楽器店が仕入れて帰って調整中の物だったのですが、店員さんに貴重な現地の情報が聞けて勉強になりました。

 他店の店長さんのお話も合わせると、「円安そして玉数が少ない事から、ヴィンテージ物の価格は今後益々アップする」、「それをお客さんが考慮してか、これまでに仕入れている在庫分のヴィンテージ物が動いている」との事でした。

 ノンリバのネタばかりなのですが、気になっていた国産のノンリバⅣを見掛けて試奏したところ、ネックが全く鳴らなかったです。ネックの強度はありそうなのですが、ヴィンテージのノンリバの持つ“ガラスのネック”の鳴りはやはり別格なのだなぁと改めて感じた次第です。

おっと、忘れちゃいけない。昨年クロサワベースセンターで弾いた59PBは驚くほどに良く鳴っていたのですが、一旦は売れたこのベースが出戻っていて再び弾きました。昨年の試奏時のフラット弦でなかったのは残念でしたが、張り替えられていたラウンド弦でもその“鳴り”は変わらなかったです。昨年よりも販売価格が10諭吉ほどアップしていたのは、前述した理由にも因るものと思われます。

 オアシス地球さんとは、1年前の“ニアミス事件?”以来、やっと、ちゃんと(?)お会いする事が出来ました。写真を多く撮られていたので、blogのエントリーが楽しみです。

 すわべさんとは初コミュニケーションだったのですが、“日本ベーシスト連盟”での的確なアドバイスで有名な方です。

 楽器屋巡りの後はオアシス地球さん、すわべさん、@べぇすさん、そして私の4人で居酒屋にて語らいました。濃い話が飛び交う中で、すわべさんのバンド運営における苦労話には私も同感したところです。マニアックなヒーロー物のお話にはついていけなかったのですが・・・(汗)。

 この度、お会い出来たベーシストの皆さん、GWの色々なご都合の有る中でお会い出来て、とても嬉しく思います。有難うございました。特に皆さんとの日程調整や楽器屋巡りのプランニングをしていただいた@べぇすさんには感謝します。おかげ様でとても楽しい1日を過ごさせていただきました。機会が有りましたら再び皆さんとお会いしたいです。その際も宜しくお願いいたします。
 ライブのご案内です。



 『Chihana 2nd FULL ALBUM 「RED and BLUE」RELEASE TOUR 』

Chihana_CDjk_outline_sのコピー2


 日にち / 5月11日(土曜日)
 場所 / 【にちにち食堂】 島根県益田市中島町ロ195 Tel 0856-23-1611
 出演 / Chihana、opening act/松本ナリアツ、ARGUS
 時間 / Open 19:00 / Start 19:30
 入場料 / ¥2,000 ドリンク、食事を別途オーダー願います
 ChihanaさんのHPはこちら



 『RC SUCCESSHOW 9』

TAPASCON松江カノーバ


 日にち / 5月19日(日曜日)
 場所 / 【松江AZTic canova】 島根県松江市嫁島町13-25 Tel0852-67-1821
 出演 / 熱狂楽団 TAPASCON、その他
 時間 / TAPASCONの出演するホールステージは Open 17:00 / Start 17:30
 入場料 / ¥1,000 (当日¥1,500) ドリンク代別途\500
 【松江AZTic canova】のHPはこちら



 『第9回 ジャズフェスタやまぐち』

jazzfes9.jpg


jazzfes9_0001.jpg


 日にち / 7月14日(日曜日)
 場所 / 【ニューメディアプラザ 山口】 山口県山口市熊野町1−10 Tel083-921-1125
 出演 / 熱狂楽団 TAPASCON、その他 [TAPASCONはフロアーステージ(飲食可)に出演します]
 時間 / Open 11:30 / Start 12:00 ~ 19:00
 入場料 / ¥3,500 (当日¥4,000)
 『第9回 ジャズフェスタやまぐち』のHPはこちら



 『JiJi 10th Anniversary Live』

 日にち / 7月14日(日曜日)
 場所 / 【Live JiJi】 広島県広島市中区加古町13-5 加古町ビル B1F Tel090-6414-4383
 出演 / ARGUS、その他 
 詳細 / 未定
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム