Archive
 先週の土曜日に福岡に行った際、ライブ会場の【Dreamboat】入りする前に現地の知り合いのアガタさんの紹介で新規のヴィンテージギターショップを訪れました。そこは博多中洲のビルgate'sで、ライブハウスのGate's7と同じ7階フロアーに出来た【ギタートライブ 福岡店】で、大阪にある本店の福岡支店となります。

GUITAR_TRIBE_FKUOKA_1.jpg


 この日(4月27日)は丁度プレオープンで、改装工事関係者向けの内覧だったのですが、改装を手掛けたアガタさんの案内でお店を拝見させていただきました。木質フロアーと黒の壁・天井のシックな内装で、訪れた際はスタッフの方が壁のギターハンガーにギターをレイアウトされているところでした。

 アガタさんに紹介された【ギタートライブ 】社長の井上さんとお話をしていると、「これを試してみて下さい」と手渡されたベースがこちらです。

SLIP JB


 これは、【ギタートライブ】がプロデュースして個人工房に作らせているSLIP!!というブランドのJBタイプのベースです。パッと見、何の変哲も無いパッシブのJBなのですが、アンプに繋いでみるとその出音に驚きました。先ずはローの出が半端無いです。E弦解放がドッカーンときます。ハイの響きも充分で、高音弦も音が細くはありません。

 試奏に使ったベースアンプのMarkbass Mini CMD 121Pは私も持っていて、手持ちのJBで使うと少しEQのローをプラスしているのですが、このSLIPのJBではEQはフルフラットで全音域に亘ってバランス良い出音でした。少しの時間の試奏だったのでアンプのEQは触らなかったのですが、追い込むと更に気に入った出音になるものと思います。

 井上さんにPUの種類を聞いて更に驚きました。“普通”のダンカンのSJB-1でした。私もこれまでSJB-1を試しているのですが、あまりに“普通”過ぎて色気を感じなくて、同じくダンカンのアンティクティがベストのPUと評価していたのですが、このSLIP!!のJBではSJB-1のままでかなり満足出来る出音でした。

 弾きながら井上さんのお話を聞いていると、「なるほど、これがこの出音の良さの要因か!?」と分かってきた事があります。それはネックの揺れがとても大きいのです。右手の指で弦を弾くと同時にネックを持つ左手には弦の振動がブルブルと伝わります。

 「ネックは揺れれば良いというものでは無い、弦振動のエネルギーがネックを揺らす事に費やされてサステインが減少するから」とお考えの方もいらっしゃいます。ただ私は弦振動が一旦ネックを揺らした後にネック材の音響特性を伴って弦に振動がフィードバックする感覚(実際見えている訳ではありませんがイメージです・・・笑)が好きなので、“揺れてくれるネック”が大好物となります。

 “揺れるネック”は弦を優しく弾くと揺れを押える事が出来るのですが、“揺れないネック”はいくら弦を強く弾いても揺れてくれませんし・・・。

 井上さんは、「やはりギターはネックが一番重要」との事で、OEM生産で他のメーカーが作ったネックやボディーを組み付けるだけの工房が多い中で、SLIP!!は全て板(バン)から作っていると聞かされて、納得できた私です。

 私が持っているFullertoneのベースもネックが良く鳴るのですが、これはデフォルトで付いている軽量ペグに因るものが大きいです。一度ヴィンテージのペグを取付けした事があるのですが、その時は「あれれ?」と思うほどに鳴りが減ってしまって元の軽量ペグに戻しました。代わってこちらのSLIP!!には一般的な重さのGOTOH GB2が付いているのですが、このペグでこのネックの振動具合は、正に良く枯れたヴィンテージベースと同等の感じです。ペグの適度な重さはコンプ感をプラスする事にも繋がっているものと思います。

 SLIP!!は塗装も極薄のニトロセルロースラッカーにするなど“鳴り”を最優先にした作りとなっているそうです。

 円安でおいそれと60年代初期のベースが購入出来なくなった昨今、今回試奏したSLIP!!はヴィンテージベースに代わって“現場で使える”1本として選択肢に挙げても良いのではないかと、短い試奏時間だったのですが、そのように感じました。

 時間を見つけて、再び福岡を訪れてSLIP!!をゆっくりと弾いてみようと思います。【ギタートライブ 福岡店】の併設スタジオにはAmpeg SVT blueline(本物!)が置いてあってこれで出音をチェック出来るというのも魅力です。井上さん、又お伺いします。アガタさん、良い店をご紹介していただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト
IMG_3310.jpg 4月27日(土曜日)の夜は福岡市に在るダイニングバー【Dreamboat】でのライブに私のバンド、ARGUSが出演しました。




ウエストコースターズ
IMG_3231.jpg


IMG_3228.jpg 午後8時を少し回ったところで、ここ【Dreamboat】のオーナー淳平さんのバンド、ウエストコースターズのステージからライブがスタートしました。

 正にアメリカ西海岸の風が感じられる様な爽やかなサウンドが流れて来ました。そのサウンドは、バンドメンバーでベーシストのアガタさんが手掛けたというウッディーなお店の内装に、とてもマッチングしています。


 しっかりとした力量のある各メンバーによる肩の力が抜けた演奏は、とても心地良かったです。メンバー全員の4声のコーラスも奇麗でした。

 アガタさんの弾く62PBからは、これぞプレベ!といったブリッとした低音が放出されて、バンドサウンドに良く馴染んでいました。PUはK&Tに換えているそうです。



ARGUS
IMG_3299.jpg


IMG_3302.jpg お次は、写真でもお分かりの様に肩に力が入りまくりの(汗)ARGUSのステージです。イギリスのバンドのWishbone Ashをコピーしているので、ウエストコースターズとは米英対決という構図になってしまって、力が入るのも当然というところでしょうか?(笑)。


 1月に主張で福岡に行った際に、アガタさんと2人でこのアメリカンなお店【Dreamboat】を訪れた際に、オーナーの淳平さんに「ウチはブリティッシュなバンドなのですが、ここでライブをさせてください」と遠慮気味にお願いをした私ですが、いざステージに上がったら遠慮無しでやらさせていただきました(笑)。

 と言いますか、アガタさんがお声掛けをされてお越しになった福岡のバンド仲間のお客さんの温かさに乗せられて、気持ち良く演奏させていただいたというのが本音です(笑)。レーナード・スキナードのトリビュートバンドのレオタード・スキナード、ボンジョビのトリビュートバンドのドンジョビ、そして博多のレイボーンさん等などの多くのお客さんが来られていました。



Session
IMG_3305.jpg


IMG_3308.jpg ライブの締めとしてのセッションでは、レオタード・スキナードのギターの寿庵皆男さんとRS修平さん、ドラムのGTFさんが参加されて“スウィートホーム・アラバマ”の演奏です。

 膨大な数のギターコレクターでもある寿庵皆男さんは以外や以外“初フライングV”との事でしたが、しっかりとVを股に挟んでの演奏フォームを決められていました(笑)。


 写真にはありませんが、セッションには博多のレイボーンさんや久留米のブルースマン矢田草吉さんも加わって、大盛り上がりの内にライブが終了しました。



 これまで私のバンドは福岡県内では、北九州市や久留米市でのライブ出演経験はあったのですが、福岡市内は初めてとなります。オーナーの淳平さん、ご紹介していただいたアガタさん、そして多くの福岡市内のバンド仲間の皆さん、お世話になりました。ありがとうございました。又、こちらで演奏させていただきます。その際もよろしくお願いします。
 4月23日(火曜日)の夜は、《こゆみこ and 桑山哲也 Live Tour 2013 spring》のお世話をしました。これは広島の“癒し系オリジナルバンド”こゆみこにゲストとしてアコーディオン奏者の桑山哲也さんをお迎えしたライブです。

 先ずは、こゆみこのステージからライブがスタートしました。

IMG_3185.jpg こゆみこのリーダーの折重由美子さんが奏でるクラビオーラからは、とても心地好い音色が流れてきました。聴いているとウトウトとしてしまいます。由美子さんのソロCDが発売されているのですが、ドライブ中に聴くのは厳禁です(笑)。


 こゆみこのメンバーは全員が作曲するので、それも演奏されたのですが、どの曲もこゆみことしてのバンドサウンドになっていました。

 第2部のステージからは、桑山哲也さんが加わりました。

IMG_3200.jpg


IMG_3196.jpg 桑山さんの弾くアコーディオンは鍵盤がボタンになっているもので、その配列にはイタリア式とベルギー式とあるのですが、日本に300人程度おられるボタン鍵盤アコーディオン奏者の内で、ベルギー式配列の奏者は桑山さん唯1人という事です。ボタン鍵盤上を超スピードで舞うように動く桑山さんの右手の指を間近に見られるのは、小さなハコでのライブならではの楽しみと言えます。


 桑山さんがこゆみこに加わってもゲスト扱いではなくて、一つのグループとしての音が聴こえてくるのは流石です。各自が素晴らしいテクニックとハートを持っているこゆみこのメンバーならではと思わせるサポートぶりでした。

 こゆみこがこちらに来られる際には、私とこゆみこのベーシストの前田順三さんとの2人だけの密かな(笑)楽しみがあります。私のベース器材を順三さんに使っていただいて、『プロの演奏による自分の器材の音を客席で聴く』という贅沢な楽しみです。

IMG_3182.jpg 今回は、前日の電話による打合わせの結果、ベースは68Telecastar Bass、アンプはMarkbass Mini CMD 121Pと決まって、会場に持ち込んで使っていただきました。


 順三さんはテレベにカリカリ音のイメージを持たれていたのですが、ピックアップをダンカンのアンティクティーに換えてポールピースにも細工を施している私の68TLBはとてもファットな出音となっていて、(プロによる演奏というプラス面を差し引いても)「なるほど、こう聴こえるのか」と納得&満足した私です。

 順三さんからは、「弾き始めはネックの太さに違和感があったけど、次第に慣れて気持ち良くプレイ出来た」、「F-nieさんのベースのセッティングは、私の好みとドンピシャなので弾き易かった」とのコメントをいただいています。まぁ、順三さんはどんなベースを弾かれても“自分の音”が出せるベーシストなのですけれど・・・、一応お褒めの言葉として受けとめておきます(笑)

 折重由美子さんのHPはこちら、桑山哲也さんのHPはこちらです。 
 4月21日(日曜日)に地元で催された市民イベント“益田まつり”にラテンバンドの熱狂楽団 TAPASCONが出演しました。

1366516016707.jpg


 前日からの雨が小雨にはなったものの朝まで降り続いていたのですが、準備時間の午前9時半にはピタッと降り止みました。それから30分間でアタフタとセッティングを行って、まつり開始の10時から演奏を開始したTAPASCONです。

1366515962621.jpg          1366516138628.jpg


CA3I0517.jpg それまでは雨が降っていたのと、トップバッターという事で、歩行者天国となった通りを歩くお客さんの数は少なかったのですが、足を止めていただいた方には熱い演奏を聴いていただきました。


1366516070736.jpg          1366516258481.jpg


1366516187891.jpg この日の私の使用器材はエレキがFreedomの5弦JB、エレキアップライトはAria ProⅡSWB-βです。どちらもとても気に入っています。

 そしてベースアンプは最近入手したMarkbass Mini CMD 151Pです。大所帯バンド、そして野外の使用でも余裕の出音でした。これに関しては、いずれ詳細をエントリーします。これまで使っていたMarkbass Mini CMD 121Pは今回はキーボード用アンプとしての使用です。こちらもパワー十分でモニターしやすかったです。


 この後、各種の催し物が続いたので、数多くの市民が出掛けられたものと思います。私はTAPASCONのステージ後には器材片付けで会場を後にしています。
 私が関係するLiveのご案内です。



 『益田まつり』

益田まつり1


益田まつりスケジュール


 日にち / 4月21日(日曜日)
 場所 / 島根県益田市駅前町 特設ステージ
 出演 / 熱狂楽団 TAPASCON、その他
 時間 / TAPASCONは午前10時からのステージです
 入場料 / 無料
 その他 / 雨天の場合は中止 小雨ではイベントは行いますが、TAPASCONは出演しません(楽器が濡れるので・・・)



 『こゆみこ and 桑山哲也 Live Tour 2013 spring』

桑山2013.益田


 日にち / 4月23日(火曜日)
 場所 / 【にちにち食堂】 島根県益田市中島町ロ195 Tel 0856-23-1611
 出演 / こゆみこ桑山哲也 
 時間 / Open 18:30 / Start 19:00
 入場料 / ¥4,000 (当日¥4,500) ドリンク、食事を別途オーダー願います



 『DREAMBOAT福岡 Live』

 日にち / 4月27日(土曜日)
 場所 / DREAMBOAT福岡 福岡県福岡市中央区赤坂1-11-20 サンシャイン赤坂1F Tel 092-713-4233
 出演 / WESTCOASTERSARGUS
 時間 / Open 19:00 / Start 20:00
 入場料 / ¥2,500(バイキング付)



 『Chihana 2nd FULL ALBUM 「RED and BLUE」RELEASE TOUR 』

Chihana_CDjk_outline_sのコピー2


 日にち / 5月11日(土曜日)
 場所 / 【にちにち食堂】 島根県益田市中島町ロ195 Tel 0856-23-1611
 出演 / Chihana松本ナリアツARGUS
 時間 / Open 19:00 / Start 19:30
 入場料 / ¥2,000 ドリンク、食事を別途オーダー願います
 ChihanaさんのHPはこちら



 『RC SUCCESSHOW 9』

TAPASCON松江カノーバ


 日にち / 5月19日(日曜日)
 場所 / 松江AZTic canova 島根県松江市嫁島町13-25 Tel0852-67-1821
 出演 / 熱狂楽団 TAPASCON、その他
 時間 / TAPASCONの出演するホールステージは Open 17:00 / Start 17:30
 入場料 / ¥1,000 (当日¥1,500) ドリンク代別途\500



 『第9回 ジャズフェスタやまぐち』

jazzfes9.jpg


jazzfes9_0001.jpg


 日にち / 7月14日(日曜日)
 場所 / 【ニューメディアプラザ 山口】 山口県山口市熊野町1−10 Tel083-921-1125
 出演 / 熱狂楽団 TAPASCON、その他 [TAPASCONはフロアーステージ(飲食可)に出演します]
 時間 / Open 11:30 / Start 12:00 ~ 19:00
 入場料 / ¥3,500 (当日¥4,000)
 『第9回 ジャズフェスタやまぐち』のHPはこちら
IMG_3099.jpg 前回紹介したエフェクターボード内にはもう一つ“新顔”がいます。CranetortoiseのラインセレクターSEL-2 TypeⅡです。所属するラテンバンドでエレクトリックアップライトベースと5弦のエレキベースを使い分ける際に使用しています。


 これまではBossLS-2Pedalogic Custom Effect ManufactureがチューニングアップしたLS-2Bを使っていたのですが、この度プリアンプとして前のエントリーのTri-Logic Bass Preamp Ⅱを使う事にしたので、これまでバッファーアンプとして2本のベースの音量バランス調整をとる為に使用していたLS-2が不要となったのです。

 LS-2Bはこれを通すだけで音がファットになるバッファーアンプが内蔵されているのですが、2つのプリアンプを通す必要性を感じなかったのと、電源トラブルを少しでも回避する為にもSEL-2 TypeⅡにしたのでした。SEL-2 TypeⅡにも電源9Vが必要なのですが、これはLEDのインジケーター用のもので、A or Bの切替え自体はパッシブ回路で行っています。

IMG_3102.jpg このSEL-2 TypeⅡの回路は1本のベース(ギター)の信号を2系統のエフェクトループに切替えて、かつ出音が消せるチューナーアウトがあるというもので、それぞれのエフェクトのリターンに2本のベースを繋いで切替える事は出来ました。


 しかし、こうするとチューナーアウトからは信号が出なかったです。エフェクトループの前(と言うことは最初の1インプットの後)にチューナーアウトの回路が有るのですね。回路を変えてやろうと裏蓋を外したのですが、配線ではなくてプリント基板だったので、面倒くさくて裏蓋を戻しました。

 という事でSEL-2 TypeⅡの機能の無音でのチューニングは断念して、アウトプットからアンプの間にチューナーをかませました。パッシヴ回路なので信号の変化や劣化は感じられなかったです。

 実はこのラインセレクターを選定する際に、2本のベース(ギター)を切替えて、かつ無音でのチューニングが出来るものを探したのですが、既製品では見つからなかったです。有りそうで無いのです。パッシヴなので配線して自作も可能なのですが、LEDのインジケーターまで取付けるとなると少し厄介になるので、しばらくはこれを使っていきます。
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム