Archive
 ネックです。

IMG_2712.jpg 左の建国記念の77年Thunderbirdリバースモデルはマホガニー材を9層にプライしたものをスルーネックにして使っています。手の込んだ加工ですね。63~65年のオリジナルのリバースモデルも同様の構造です。


 代わってノンリバースモデルは1ピースのマホガニー材をセットネックにしています。と記すと、ノンリバの方が安価に出来るのでは?と考えられるのですが、下の画像をご覧ください。

IMG_2609.jpg          IMG_2611.jpg


 ネックを1ピースのマホガニー材で作るって事は、画像の赤線を外寸とした材料が必要になると言う事になるのです。良質の大きなマホガニー材を削って細いネックを作るって、とても“贅沢”な事です。資源を大事に扱う事が必須となった今の世の中では、この様な製造法はメーカーとして採用し難くなっていると思います。多層プライのスルーネックは長い材料が必要ですが、積層にするので1層の厚みは薄い物でも作れます。

 そして、そのネックの鳴りというか振動具合なのですが、これは明らかにノンリバの方が良く揺れます。揺れれば良いというものでも無いかのかもしれませんが、弾いていて気持ち良いレスポンスを得られるのはノンリバの方です。建国記念はどちらかと言うと“デッド”な感じがして、かなり強めに弦を弾かないと反応が悪いです。先般、持込みした広島ベース会でもこのノンリバは「レスポンスが良い」と好評でした。

 建国記念は積層になったネックの強度が高いのが災いして揺れ難いのかな?と思っています。Epiphone JapanリバースThunderbirdを持っているのですが、これはスルーネックではなくてノンリバと同様のセットネックなので、積層の建国記念よりも明らかにネックが良く揺れます。私の手持ちの3本のThunderbirdを弾き比べた限りではそんな感じがしています。

IMG_2247.jpg 昨年末に博多のレオスキ基地を訪れた際に60年代のリバースノンリバを弾き比べるチャンスが有ったのですが、短時間の訪問だったのでリバースのみを試奏したのでした。このヴィンテージの2本を同時に比較試奏したら、又違った結果となったのかも知れませんが・・・。




 実は、私のノンリバは入手時にはネックの調子がよろしく無かったです。具体的には、ネックの12フレット辺りからネック起きしていました。その為にスタッドボルトでボディーから浮いている筈のブリッジをボディートップまで目一杯ベタに下げても未だ弦高が高くて弾き辛かったです。

 このボディー付根に近い部分はトラスロッドでの反り調整が出来ないので、いつものリペアーショップに修理を依頼しました。ショップでは、5回程ヒーティングを行った後で、更に12フレット近辺の数本のフレットを抜いて、溝を一旦樹脂で埋めてからフレットのタング(足)よりも細い溝切をしてフレットを打込んでいます。これはタングを“クサビ”として、ネックを逆反りに持っていく手法なのですが、この手法は私の建国記念Thunderbirdのネック調整でも採り入れていて、調整後3年を経た今もネックは安定した状況です。

IMG_2597.jpg 今回の調整では12フレットを境界に“逆反り”にされているのが写真から分ります。これまで長い期間“順反り”になっていたという事で、今後使っている間に落ち着いてくる事を考慮してのセッティングです。1~12フレットまではストレートにセッティング出来ているので、弾きやすくて、ブリッジも適切な高さに収まっています。
スポンサーサイト
 このblogにはベース&音楽ネタのみのエントリーとしているのですが、昨日の朝7時半頃にとても立派で綺麗な虹を見たので写真をアップしました。

niji_20130128184128.jpg
 19日に出張で福岡に行った折に、昨年末にも訪れたレオスキ基地を再び訪問しました。

 一ヶ月のインターバルなので、「お久し振り」でもなく「こんばんは」と言葉を掛けてスタジオに入った私を出迎えていただいたのは、レオタード・スキナードのギタリスト寿庵 皆男さんとベーシストのアガタさん、そして下のベース達でした。

DSCF2187_20130120201739.jpg


 「今日はGibsonのベースを用意しました」との寿庵 皆男さんの言葉に、ドラムセットの前を見ると、この2本のベースが・・・!これは滅茶苦茶レアなベースです!左が1953年にGibsonが初めて手掛けたエレクトリックベース EB-1のその53年モデル。右はギターのES-335等と同じボディーを持つEB-2の1959年モデル(色はレアなナチュラル)です。

DSCF2188.jpg                DSCF2191.jpg


 「どうぞ弾いてください」との寿庵さんのお誘いに、早速Ampegでの音出しを始めた私でした。62年の同じく1ピックアップのEB-0を持っているのですが、同様のモコモコの出音でしたね。EB-2のセミホローボディーによる音の膨らみ具合の違いはあまり感じなかったです。たたEB-2には音のキャラを変えるプッシュスイッチがあり、これで音をコリコリに出来るので、これをアンプで調整したら現代でも使える音となりそうな気がしました。

 Fenderが51年に世界初となるベースとして世に出したPrecision Bass (OPB)がロングスケールでボディーセンター辺りにピックアップを配したスタイルだったのに対して、2年後の53年にGibsonが出した答えというのがショートスケールでネック側にピックアップを配したEB-1だったと言うのも、まだエレキベースのサウンドが確立されていなかったこの年代らしいものだと思います。

 この後に、やはりロングスケールでの重低音が必要だと判断して、GibsonはロングスケールのThunderbirdを開発していったのですね。今回のこの2本を弾きながら、この年代のベース音の遍歴に思いを馳せた私でした。

 ペグはこの年代のGibsonのベースの特徴的なバンジョーペグです。これが2本並んだシーンなんて、なかなか見る事は出来ないものと思います。

DSCF2197.jpg          DSCF2196.jpg


 参考にしようと、開いたノーマン・ハリスのギターコレクションが掲載された本“Norman's Rere Guitars”に同年台・同カラーのEB-1EB-2が同じ並びで載っていたのには、ちょっとびっくりしました。

EB-1,EB-2            EB-1,Eb-2(2)




 このレオスキ基地訪問の後では、アガタさんお勧めのライブバーに2人で出掛けました。とてもアメリカンロックなお店で、マスターとも話しが弾み、楽しい時間を過ごせました。私のバンドのライブへのお誘いもいただき、嬉しかったです。

 寿庵さん、アガタさん、今回もお付き合いをありがとうございました。次回の訪問の際にはどんなベースで出迎えしていただけるのか今から楽しみです(笑)。
 ピックガードについてです。入手時にはご多分に漏れず、歪みが発生していたので、ヘアドライヤーで熱を加えて、修正しました。

IMG_1970.jpg        IMG_1973.jpg


IMG_1991.jpg そして、こちらもご多分に漏れずなのですが、4弦ホーン側に少しの欠けがありました。私の調査によると現存するノンリバの98パーセントはピックガードが欠けています。嘘です、調査などしていませんが、殆どが欠けています。ピックガードの経年による収縮の為なのですが、Fenderよりも厚みが薄いので、欠けや歪の発生が多い様です。


 このままで使うのも“あり”なのですが、気になりだしたら何かせざるを得ない性格の私ですのでやってみました。

IMG_1996.jpg        IMG_2007.jpg


 ips細胞のように欠けの部分が増殖してくれれば良いのですがそうはいかないので、別のピックガードをカットしたものを接着して整形し、ラッカーでの色付けをしました。この際に使ったピックガードは実は《べっ甲+白+黒+白》の4プライだったのですが、《白+黒+白》の厚みと白部分の色合いが似ていたので、そのべっ甲部分を削り落として3プライとして使っています。

IMG_2642.jpg ネジ部分もピックガードの縮みによってネジ頭が内側に引っ張られて傾いていました。これでは近い将来に更なるピックガードのヒビ割れ・欠けを誘発する事になるので、ピックガードの穴の周囲を余裕が出来るように面取りしました。


 Thunderbirdのイラストは未だ残っているほうだと思いますが、黒線が薄くなっていた箇所は黒マジックで重ね描きしておきました。

IMG_1978.jpg        IMG_1981.jpg


IMG_2647.jpg 今回の一連の作業はオリジナル状態に手を加える事になり、オリジナル至上主義の方からは「何やってんだか」と非難されると思うのですが、長い目で見るとやっておくべきだと私は考えています。
 13日(日曜日)は、《第3回 広島ベーシストの会 オフ会》に参加してきました。この会は広島のベーシスト べーさんが主催しているもので、数多くのベーシストに繋がりのあるべーさんが声掛けして、集まったベーシストは27人、各自が持参したベースの数は把握できていないのですが40本近くあったのでは!?と思う程の盛大な会になりました。

IMG_2655.jpg ライブハウスを4時間借り切って3台のベースアンプで試奏するという、ベーシストでなければ低火傷?をしそうな会がスタートしました(笑)。もう3回目という事で、顔見知りも多くなっていて、直ぐに試奏、話の輪が広がっていました。


IMG_2661.jpg 今回の表メニューのGibsonのコーナーには、私が持込んだ3本のThunderbirdをはじめ、span21さんのEB-0メロディーメーカー、そしてべーさんEB-3の計6本が集まりました。


 私のThunderbirdの中では、特にノン・リバースがレスポンスが良いと好評でした。

IMG_2665.jpg          IMG_2660.jpg


IMG_2662.jpg この度の会には全国から多くの参加者があったのですが、一番遠い東京からの@べぇすさんは、コッポロとカスタムショップのビリー・シーン改造PBの2本を持参されていました。blogでお付合いのある方と実際にお会いできるって、嬉しい限りですね。画像は9弦ベースに果敢にチャレンジされている@べぇすさんです。


IMG_2672.jpg 今回の裏メニュー?とも言えるFoderaアンソニー・ジャクソンモデルをはじめ、計11本が終結しました!これをどれでも試奏OKという、楽器店ではあり得ないシーンです。左の画像は主催のべーさんのblogから拝借しました。


 その他、多くのベースをそれぞれに紹介は出来ないので画像にて・・・。

IMG_2656.jpg       IMG_2648.jpg       IMG_2657.jpg


IMG_2651.jpg          IMG_2650.jpg


IMG_2653.jpg 低火傷防止の為に?会の途中では、エフェクター・ディーラーのWAXXさんの既存エフェクターのバージョンアップ製品のプレゼンと、span21さんが持込まれた“変態(失礼しました)” エフェクターのチェックタイムやメーカーさんから提供されたブースターが頂けるジャンケン大会等もあり、楽しい時間が過ぎていきました。


 参加者の記念撮影です。べーさん、この日の仕切り、お疲れ様でした。全てのベーシストがべーさんに繋がっているという事で、おかげ様で和気あいあいの中に会が進行していきました。又のお誘いをお願いします。

IMG_2673.jpg


 記念撮影後に私は会を中座させていただいて、知り合いが出演したライブを観に行きました。そこではライブハウスのオーナーとPAオペさんがWishbone Ash好きという事が判明!Thunderbirdネタでえらく盛り上がりました。

 その後には“深夜営業”の楽器店にも顔を出しました。そこにはベース会を終えたべーさん達がいて再びベース談義へと・・・(笑)。ベース三昧の濃い1日となりました。ただし、帰路の車での中国山脈越えでは雪の為にUターンして別ルートで1時間超過して帰るというオプション付となってしまいましたが・・・(汗)。
IMG_1983.jpg ペグはクルーソンタイプの逆巻きです。クロームメッキが掛けられていて、現在でもとても綺麗です。Fenderではクルーソンタイプのペグはニッケルメッキである事、そしてペグプレートをネックに止めるビスのボディー側2本の穴のピッチがFenderよりも広い事などから、このペグはGibson専用のパーツと考えています。


 綺麗なルックスは良いのですが、如何せんこのペグは重た過ぎです。Thunderbird特有の“ヘッド落ち”が顕著となります。これは、リバース、ノンリバース共通のマイナス点です。

IMG_1987.jpg その“ヘッド落ち”を解消する為に、GOTOHの軽量ペグGBR-640に交換しました。私は“弾いてナンボ”のプレイヤーですので、この様なパーツ変更は“あり”と考えています。いつでもオリジナルに戻せるのならばOKだと・・・。


 交換したGBR-640FullertoneJBに付いていたもので、レリック処理が施されているので、パッと見にはこちらがヴィンテージっぽく感じられます。

 交換後の出音チェックでは、ネックが軽やかに鳴るようになっています。マホガニーのネック&ボディーから想い描く“重厚な鳴り”に上手い具合にアタック&レスポンスが加わっています。
IMG_1939.jpg コントロール部は、これまで手が付けられた形跡が全くありません。ポットにはガリも無く良いコンディションです。


IMG_1940.jpg ポットカバーのズームアップです。“13765??”の刻印から、CTS社製・1965年が読み取れます。??は65年の第何週かを表すのですが、残念ながらハンダに隠れて判読出来ません。他の2つのポットも同じく判読出来なかったです。


IMG_1983.jpg ヘッド裏側にあるシリアルナンバーから、このノンリバは68年製と判断しているのですが、65年製のポットを大量にストックして、徐々に使っていたのでは?と推測しています。




 ヴィンテージ Thunderbirdの製作本数をネットで調べてみました。63~65年のリバースは1,040本、ノンリバースは718本(723本という資料もあります)です。ノンリバースの内、2ピックアップのは283本、そして68年製のは僅か31本しか作られなかったという事で、今更ながらですがこのノンリバは稀少だと認識した次第です。現存する本数、そしてネックトラブルのない個体となると更に少なくなるでしょうし・・・。
 入手したGibson Thunderbird Ⅳ non-reverse(通称 ノンリバ)の各部をチェックしながら自分好みのセッティングを施しました。

 先ずは、中古ベースを入手した際の“いつもの儀式”を行いました。

 外せるパーツは取外して、チェック&クリーニングをしました。40数年の間に付いた汚れや細かな傷を綺麗にしています。ヴィンテージは掃除せずにそのまま使うのが良いという向きもありますが、私は一旦これまでの汚れは落とした後に、自分の使用跡を刻みたいと考えているので、毎度この様にしています。前の男の手垢は消し去った後で自分好みの○○○に仕上げて行くってやつです(笑)。

 極小の目の耐水ペーパーでサンディングして、コンパウンドで磨いた後に、ワックス掛けをしました。

IMG_1925.jpg        IMG_1926.jpg


 ボディーに再び艶が出ています。

IMG_1927.jpg        IMG_1928.jpg


 ネックヘッドもこの通り・・・。

IMG_1933.jpg        IMG_1934.jpg


IMG_1935.jpg        IMG_1936.jpg


 ウェザークラックはあまり追い込まずに程好い風合いを残す様に処理しました。

IMG_1929.jpg        IMG_1930.jpg


 金属パーツも輝きを取り戻しました。

IMG_1931.jpg        IMG_1932.jpg
 Gibson Thunderbird Ⅳ non-reverse を入手しました。

IMG_2197.jpg


 Gibson社は1963年にFirebirdのベースヴァージョンのThunderbirdを販売開始しました。シングルピックアップのと、ツインピックアップのの2つのモデル構成でした。当時としては画期的なスルーネック構造が採用されていました。

IMG_2249.jpg 昨年末にお伺いした博多のレオスキ基地で試奏させていただいたのがThunderbird Ⅳです。写真で分かる様に1弦側のホーンが伸びていて、一般的なギターから見ると逆のデザインとなっているので、これをreverseと呼びます。


IMG_2200_20130107184641.jpg このデザインは、Fender社から訴えられた同社製品との類似性を問われた裁判に負けて、1966年にボディ形状が反転されたものに変ったのですが、これがnon-reverse(ノン・リバース 通称ノンリバ)と呼ばれるもので、今回私が入手したのがこのノンリバとなります。


IMG_2230.jpg


 今後、詳細をアップしていきます。
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。


IMG_2205.jpg


本年もこのThunderbirdのように羽ばたいて行きたいです!
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム